ふるさと

ネタバレ 邦画

まほろ駅前狂騒曲が映画化。原作のあらすじとネタバレ。

投稿日:

Pocket

三浦しをんさんのベストセラー小説

「まほろ駅前」シリーズの映画第2弾

「まほろ駅前狂騒曲」

主演は前作と同じく瑛太松田龍平

映画公開は2014年10月18日から。

あらすじ

 まほろ駅前で便利屋を営む多田(瑛太)

その便利屋に居候として転がり込んできた行天(松田)

2人の生活も3年が経とうとした所に再びトラブルが持ち込まれる。

 

多田のもとに、行天の元妻の凪子(なぎこ)が

娘のはるを預かってほしいと訪れる。

 

かなり強引にはるを預けられた多田だが、

自分の娘といえど、行天は大の子供嫌い。

 

さらに2人はバスジャックに巻き込まれ、、、

 

本の内容(ネタバレ)

このまほろ駅前狂騒曲は完結編だけあって

シリーズのキャラクターが再登場してきます。

ついでにシリーズの話もつながっているので、

先に見ないと物語が楽しめないかもしれません。

 

ストーリーは、ものすごく雑にいえば、

多田と行天のトラウマ克服物語。

 

今回は、行天がメインの話で、

彼のトラウマである子供嫌いを克服していく。

 

行天は子供に対して過剰な拒否反応を示すが、

それは彼の過去の出来事が原因。

 

彼の母親は新興宗教にハマり、

それが原因で母親から虐待を受けていた。

自分も子供に虐待をしてしまうのではないかという

恐怖心から彼は子供に対して過剰な反応をしてしまうのだ。

 

ただその問題も、はると過ごしていく内に

少しづつ吹っ切れていく。

 

ラストは驚きの展開?(行天の行動)

この物語では多田に彼女ができます。

(それがキッチンまほろの亜沙子)

事件を解決した後に、2人を気遣って

行天は便利屋から消えてしまう。

 

そんな行天が消えていた先は、

なんと亜沙子の家の1階だった、、、

 

さらに行天は多田便利軒の横に部屋を借り

探偵事務所を開いてしまう、、、

 

物語はそんな多田便利軒の

新しいスタートによって締めくくられている。

 

・・・続きは映画で、、、

 映画予告

 

Google336

Google336

-ネタバレ, 邦画

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.