ふるさと

ネタバレ 邦画

るろうに剣心 伝説の最期編のあらすじと感想

投稿日:

Pocket

るろうに剣心実写3部作最後の作品

「るろうに剣心 伝説の最期編」

公開は2014年9月13日から。

 

 

あらすじ

海に呑み込まれた薫を救うため

自らも海に飛び込む剣心だったが

そのまま意識を失ってしまう。

 

海岸に流れ着いた剣心を助けたのは

彼の師である比古清十郎だった。

 

考えの違いによってケンカ別れした2人だったが、

剣心は今のままでは志々雄はおろかその側近にも

歯が立たない状況から無茶は承知の上で清十郎に

「奥義を授けてほしい」と願い出る。

 

一方、剣心が生きている事を知った志々雄は、

政府に対して国を人質に「抜刀斎を晒し首にしろ」と要求する。

 

剣心は志々雄を破り、

人々の未来を掴めるのか、、、、

 

壮絶な闘いの末に、決着の時は訪れる!!

 

感想

と、いうわけで、

サイコーでしたね。

 

何がってそりゃ、アクションがですよ。

ストーリーはね、ちょっとアレかなって部分がありますが、

そこはアクション映画というジャンルで見るのと、

るろ剣という物語があるわけですから、なんとか補てんして下さい。

 

でも物語自体は剣心と志々雄に焦点をしぼっていたんで

かなり際立っていました志々雄のキャラが。

あんな包帯だらけの姿でよくあれだけの演技ができるなと

藤原竜也さんに大きな拍手を送りたいです。

(眼力すごいっす。)

悪が際立っていたからこそより面白くなったと思います。

 

 

さらに、

サイコーだったのは戦闘シーン。

特に剣心VS宗次郎の船上での闘いは本当に痺れた!

日本映画とは思えません。ホント。

クライマックスの剣心VS志々雄はまさに死闘だった。

「伝説」というのは言葉だけのものではなかったです。

 

 

それでは、

・・・続きは映画で。

 

Google336

Google336

-ネタバレ, 邦画

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.