ふるさと

ネタバレ あらすじ 洋画

アイアンマン あらすじとネタバレ

投稿日:

Pocket

2008年に公開された映画「アイアンマン」

記念すべき「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第1作品。

 

超今さらですが、マーベルシリーズが面白くて観たくなったので

不定期ですがマーベルシリーズの内容を紹介していきたいと思います。

 

映画予告

 

 

スポンサーリンク

Google336

あらすじ

父親から会社を受け継いだ天才トニー・スタークは次々と画期的な兵器を作り出していく。

 

兵器「ジェリコ」を開発し、そのテストでアフガニスタンへと赴くが、

そこでテロリストに襲撃され、自分の会社のミサイルで爆撃され心臓に深手を負ってしまう。

 

そのままテロリストに捕まったトニーはテロリストから「ジェリコ」を作るように強要される。

同じく捕まっていたインセン博士と「ジェリコ」制作に取り掛かるが、それはフェイクだった。

 

2人はここから脱出するべく、アークリアクターとパワードスーツ「マーク1」を開発する。

※おんぼろの施設で。

アークリアクターはこんな感じです。

マーク1はこんな感じです。

 

※アークリアクターはトニーの心臓付近に刺さっているミサイルの破片を

心臓に刺さらないようにする機能と「マーク1」の動力源としての機能がある。

 

スーツが完成し、その起動準備に時間が掛かりインセンが時間を稼ぐため1人でゲリラに突撃する。

しかしゲリラのボスに撃たれてしまい、死んでしまう。

(インセンの家族はすでに亡くなっていて彼も死ぬことを望んでいた。)

 

トニーは未完成のパワードスーツでなんとかゲリラから逃れ、アメリカへ帰還する。

トニーの変化

トニーは自分の開発した兵器が平和のために必要なものだと考えていた。

しかし自分の兵器によって死んでいく人の姿を見て兵器の開発を辞めると会見した。

 

そして会社の誰にも秘密にして本格的にパワードスーツの開発をし、

「マーク2」、さらには高高度での氷結防止を施した「マーク3」を完成させる。

 

オバディアの野望

トニーの変化に反対したのは父と会社を育ててきた副社長のオバディアだった。

彼は元々ゲリラ組織「テン・リングス」を影で操っていた張本人。

 

トニーの変化よりも前にトニー暗殺を目論んでおり、

失敗した後は「テン・リングス」が拾い集めた

「マーク1」の残骸からパワードスーツを再現する。

 

「マーク1」を手に入れたオバディアは「テン・リングス」を壊滅させ、証拠を隠滅した。

 

しかし動力源であるアークリアクターはトニー以外は作れない代物だったので

オバディア自らトニーのアークリアクターを奪い「マーク1」を起動させるのだった。

 

ペッパー

 

トニーの会社の秘書。

トニーとは長い付き合いなのか「知人の中で最も信頼できる人物。」と評されていました。

 

トニーとの関係は当然の流れのように秘書から恋人になるのかと思っていましたが、

ペッパー自身が社内での自分の立場を客観的に見ている部分が強くて恋愛に踏み出そうとはしません。

 

そんなペッパーですが、ストーリーではオバディアの目論みをパソコンから盗み出し、

彼がトニーを暗殺しようとしていた張本人だという証拠を掴みます。

スポンサーリンク

Google336

結末

オバディアにアークリアクターを抜かれたトニーは

最初に作ったアークリアクターでなんとか生き返る。

 

しかしオバディアと戦うにはエネルギーが充分ではなく不利な状態だった。

それでもペッパーを救うため、トニーはオバディアと戦う。

 

トニーの戦略は以前自分が体験した「氷結」を利用しオバディアを高高度まで誘い込む。

見事オバディアを氷結させましたが、オバディアのスーツを破壊することはできなかった。

 

最後の手段としてリアクターを爆発させる方法を思いつく。

ペッパーに頼み、その準備ができたがトニーの逃げる時間がなかった。

 

トニーは「スイッチを押せ」と言い、「あなたも死んでしまう」とペッパーは躊躇する。

それでもトニーが押せと叫んだので仕方なくペッパーはスイッチを押す。

 

巨大な柱のような光が天を突き抜けていく。

その衝撃でオバディアは気を失い、そのままリアクターに落下し大爆発を起こす。

 

翌日、爆発の件に関して記者会見を開くことになった。

その際にトニーのアリバイなどを用意したのが、

スーパーヒーローを管理する組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」だった。

 

爆発事故中トニーはヨットで乗っていたことにして、

オバディアは小型機事故に遭ったことになっていた。

 

メモの通りにアリバイは話そうとしていたトニーだが、

「真実は?」という質問に関して我慢できずに

「私がアイアンマンだ」と答えてしまう。

 

エンドロール後にS.H.I.E.L.D長官のニックフューリーが出てきて

「アベンジャーズの話がしたい」と言って物語は幕を閉じます。

 

Google336

Google336

-ネタバレ, あらすじ, 洋画
-, ,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.