ふるさと

ネタバレ 洋画

ジェーン 映画 ナタリー・ポートマン主演のネタバレと結末

投稿日:

Pocket

ナタリー・ポートマン主演で西部時代に生きる

女性を描いた映画「ジェーン」

公開は2016年10月22日から。

 

 

予告

 

ストーリー

6fc662045ebdc1e73bffb1b082ee9cb1_s

 

登場人物

ジェーン(ナタリー・ポートマン)

ダン・フロスト(ジョエル・エドガートン)

ジョン・ビショップ(ユアン・マクレガー)

ビル・ハモンド(ノア・エメリッヒ)

 

 

舞台は1871年のニューメキシコ。

広大な荒野に家族3人で平和に暮らしていたジェーン。

 

しかし出稼ぎから帰ってきた夫のハモンドが

拳銃で撃たれ、瀕死の状態で家に戻ってきた。

 

ハモンドの治療をし、事情を聞いたジェーンは凍りついた。

 

 

ビショップ一家がやってくる。

 

それは家族の死を意味していた。

 

ジェーンは急いで身支度をし、娘のケイティを預けある男の元を訪ねる。

 

それはダン・フロスト ジェーンのかつての恋人だった男だった。

家族の危機にジェーンは恥を忍んでダンに助けを求める。

 

しかし、ダンはジェーンを冷たくあしらってしまう。

その態度に怒りを感じたジェーンは違う人に頼むと街へ向かうのだった。

 

 

ネタバレ

ストーリーはジェーンの夫ハモンドが撃たれて戻ってくる所から始まります。

 

そこからジェーンとハモンド、ダン、ビショップ一家などの関係が明らかになります。

 

テーマは「女性が厳しい状況で生き抜いていく強さ」を描いています。

どうにもならない流れの中でも子供を守っていく女性の強さ、意志を

ジェーンに感じることができました。

 

ビショップ一家との戦いがメインなのかと思っていましたが、

ほぼ戦闘はなく、登場人物のストーリーがメインに描かれていました。

 

ですので、ネタバレも登場人物の関係を書いていきます。

 

 

ダンとジェーンはお互い結婚をする約束をした仲だった。

だがダンは南北戦争へ行ったきり4年間帰ってこなかった。

 

ジェーンはダンが死んだと思い、

ダンが戦争に行く前に身ごもった子供(ダンは知らなかった。)

メアリーと共に陸路を渡る為、ビショップ一家がボディガードを努める一団に加えてもらった。

 

そこにビショップ一家の一員としていたのが、ハモンドだった。

彼女に一目ぼれしたハモンドだったが、ビショップはそれを許さなかった。

 

ビショップがジェーンを連れて行こうと思ったのには思惑があった。

ビショップは売春宿を作ろうとしており、そこには当然女性が必要だった。

 

そこで思いついたのが、旅の安全と保護を保障すると嘘をつき、

女達をその売春宿で働かせていたのだった。

 

その時、ジェーンの娘メアリーは、ビショップの弟ビッグによって殺されていた。

 

すべてを知ったハモンドは売春宿に乗り込みジェーンを救出。

その時にビショップ一家のメンバーを5人撃ち殺していた。

 

そして、そのままハモンドとジェーンは家族となり、

娘のケイティが生まれ、荒野の片隅でひっそりと暮らしていた。

 

 

一方で4年間の戦争から戻ったダンの元にジェーンはいなかった。

ダンはジェーンの写真を見せてまわり、ひたすらジェーンを探していた。

 

その途中でダンはビショップ一家と出会う。

そこでハモンドとのいきさつを聞かされたダンはショックを受けるが

そのままジェーンを探し続けた。

 

そして、ダンがジェーンを見つけた時には

彼女の腕には自分ではない誰かの子供が抱えられていた。

 

崖の上から自分の家を見下ろすダンを見つけたジェーンは

驚くが、どうしようもできなかった。

 

ジェーンに裏切られ、ハモンドはただの犯罪者だと思っていたが、

事情を知りそして自分に子供がいたことを知り、ダンは涙したのだった。

 

そして、とうとうビショップ一家が現れたのだった。

 

結末

ハモンドが背中に銃弾を負っていたことで家から動けなかったジェーンは

家でビショップ一家を迎え撃つしかなかった。

 

そこでダンは家の入口までに罠を張ることにした。

穴を掘り、そこに油を仕込むことでビショップ一家を火あぶりにしようとした。

 

その作戦は成功し、ほとんどのメンバーを焼き払うことができた。

 

しかし何人かは生き延びており、

ハモンドを守る為、彼を床下の倉庫にかくまう。

 

しかし、ハモンドは最初に受けた銃弾の怪我が悪化して

そのまま亡くなってしまった。

 

悲しむジェーンだったが、この苦境を乗り越える為、

ダンと共に銃を構える。

 

必死に身を守る2人だったが、ついにジェーンが撃たれてしまう。

 

一刻の猶予もなくなったダンは意を決し、

家の外へ出て、ビショップ一家を倒しにいく。

 

外にいたのは、ビショップの弟ビッグだった。

ダンはビッグにハモンドの死を伝え、彼を引き取って

ジェーンを自由にしてやれと頼む。

 

しかし、ビッグはその言葉を受け入れていない素振りを見せたので

ダンはビッグを撃ち、倒す。

 

ビッグを撃ったダンの後ろに立っていたのは、ビショップだった。

背後を取られたダンは銃を捨て、ジェーンの家に行く。

 

家の中に入り、倉庫で動かなくなったハモンドに

ビショップは心臓めがけて銃で撃ち、死を確認した。

 

そして、ジェーンはどこだ?とダンに迫るビショップの背後を取ったジェーン。

 

彼をひざまづかせ、銃弾を浴びせようとした時

ジェーンは衝撃の事実を知る。

 

「おまえの子供は生きている。

 俺はならず者だが、子供は殺さない。」

 

どこにいるんだと詰め寄るジェーンにビショップは

「話したら俺を助けるか?」と取引しようとする。

 

しかし、ジェーンは耳を貸さず問答無用でビショップの足を撃つ。

足、手、肩、怨みを晴らすように何発も銃弾を浴びせるジェーン。

 

たまらずビショップは娘の居場所を話す。

しかし、話した所でジェーンはビショップを許さなかった。

 

彼女はそのまま引き金を引き、ビショップの人生を終わらせた。

 

 

かつてジェーンが売春させられていた場所へ行くと

そこには娘メアリーがいた。

 

ジェーンと感動の出会いだったが、それはダンも同じだった。

 

 

荒野を走り出す馬車が1台いた。

そこにはジェーンの娘、ケイティとメアリー。

そしてジェーンとダンが乗っていた。

 

そして4人はそのまま荒野を旅していったのだった。

 

 

というわけで、ジェーンのネタバレでした。

映画公開は2016年10月22日から。

 







Google336

Google336

-ネタバレ, 洋画
-, ,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.