ふるさと

あらすじ 洋画

ハドソン川の奇跡が映画化。実話と映画の違いを紹介。

投稿日:

Pocket

クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演で公開される映画

「ハドソン川の奇跡」

 

2009年1月15日にニューヨーク市マンハッタンで実際に起きた航空事故を

題材にした映画です。

 

乗客155人の誰1人として犠牲になることなく、

生還したこの事故は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、

当時機長だったチェズレイ・サレンバーガー機長は一躍時の人となりました。

 

今回は「ハドソン川の奇跡」の実話を紹介していきます。

 

 

USエアウェイズ1549便不時着水事故

地図

 

事故はニューヨーク発シアトル行の1549便がラガーディア空港を離陸後

すぐにカナダガンの群れに遭い、エンジンが2つとも停止するというレアなケースだった。

 

カナダガン

※カナダガン

 

飛行機などが鳥などの動物に接触することを

バードストライクと言い、この飛行機の2つのエンジンに

複数の鳥が巻き込まれたことが原因でエンジンが停止します。

 

 

飛行機は上の地図にあるテターボロ空港に緊急着陸しようと指示を受けますが、

着陸できないと判断し、ハドソン川に緊急着陸することを報告します。

 

そして時速270kmでハドソン川に着水する。

 

機体は水面と平行状態に着水した為、損害は後方の下の方だけで済んだ。

※着水に失敗した場合、機体が真っ二つになる可能性もあったそうです。

緊急事態における機長の冷静さがわかります。

 

しかし、無事着水できたものの、すぐさま室内へ浸水してきたので

乗客はずぶ濡れになり、氷点下6度という極寒の中、救助を待つ形になった。

 

救助活動においても、機長の判断で水上タクシーや観光船などが多い場所に

着水した為、迅速な救助が可能になった。

 

飛行機は着水してから1時間後に水没した。

 

USエアウェイズ

 

http://www.jihf.com/topics090118.html

※事故当時の映像です。

 

実話と映画の違い

実話では、機長であるサレンバーガーさんは乗客を助けた英雄として

様々な表彰を受けるだけではなく、オバマ大統領の就任式にも招待されている。

 

2010年に現役のパイロットを引退しています。

 

映画では英雄的な扱いを受けながらも、その裏で本当にハドソン川に着水したことが

正しかったのか?ということが議論になり、さらにはそのことが原因で殺人容疑までかけられてしまいます。

 

実際には、サレンバーガーさんの判断が正しかったことが立証されています。

 

事故のとき、テターボロ空港に戻る時間は実はあったのです。

しかし、エンジンの再始動を試した為、その時間がなくなってしまいました。

 

シミュレーションにおいて、エンジンの再始動を試してから

テターボロ空港に戻るという行動をしてみると墜落するという結果に終わっています。

(もしも、空港に向かっていたら市街地などに墜落し、より大惨事になっていた可能性もあったそうです。)

 

映画では、この判断について世の中が騒ぎ立て

英雄から一転 「容疑者」になるというストーリー展開のようです。

 

アメリカンスナイパー、硫黄島からの手紙など、

実話を映画にして成功しているクリント・イーストウッド監督が描く

「ハドソン川の奇跡」の内容は気になる所です。

 

公開は、2016年9月24日から。

 

 

以前に「ハドソン川の奇跡」を再現した映像です。

 

映画の予告はこちら

 

 

 







Google336

Google336

-あらすじ, 洋画

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.