ふるさと

ニュース

フィフティシェイズオブグレイが映画化。海外で人気の理由。

投稿日:2014年9月19日 更新日:

Pocket

海外でベストセラーになっているイギリス作家E L ジェイムズの

「フィフティシェイズオブグレイ」

日本ではあまりブームになっていない作品だが、

今回はここまで大ヒットした理由を見ていきます。

 

映画公開は、2015年2月13日から。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

海外で売れた理由。

 これは完全に余談になりますので、ネタバレとは関係ないです。(笑)

フィフティシェイズオブグレイが海外で爆発的に売れた理由。

 

もともとは、「トワイライト」という作品のファン・フィクションです。

ファン・フィクションは日本でいう同人誌みたいなものです。

 

「トワイライト」は映画化もした、ヴァンパイアのお話です。

 

 

これらの作品に共通しているのは、

ターゲット層をティーンに絞っているという事。

ティーンがトワイライトなどのラブロマンスから

大人への階段を登るステップとして選ばれたのが、

今回の作品なのである。

さらに娘の読んでいるものが気になる母親層をも取り込んだ。

これがこの作品がここまで大ヒットした結果だと考えられます。

 

ここまで大ヒットしたのだけれど、

おそらく日本ではヒットしないんでしょうね。

理由の1つが官能小説ってこと。

そして最大の理由がそんなにおもしろくないってことです。(笑)

 

ここまで評価を下げたけれど、ネタバレは、やります。(笑)

予想を反して大ヒットするかもしれませんし。

人気に火がつきすぎて、、、

映画化するにあたって

原作ファンがそうとうヒートアップしたようで、

主演俳優が降板するっていう事態にまでなったようです。

ちなみに、

最初の主演俳優はジェイミードーナンでなく、チャーリー・ハナム。

 

スケジュールが詰まっていて役に集中できないからっていう

理由らしいですが、グレイ役に合っていないからなんで噂も、、、

 

チャーリー・ハナム

※かっこいいと思いますが、ダメなんですかね?

 

 

 

ちょっと長くなったので、ネタバレはまた次の記事で。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイが映画化。キャストとあらすじ。

 

Google336

Google336

-ニュース

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.