ふるさと

漫画 ネタバレ

土竜の唄 香港狂騒曲のネタバレと結末【漫画】

投稿日:2016年10月22日 更新日:

Pocket

生田斗真主演の

土竜の唄 潜入捜査官REIJIの続編映画

土竜の唄 香港狂騒曲が2016年12月23日に公開される。

 

原作は漫画の「土竜の唄」で今回の続編は漫画の

「チャイニーズマフィア編」を舞台に描かれています。

 

今回はチャイニーズマフィア編の内容を紹介します。

 

7

 

ストーリー

潜入捜査官(通称 モグラ)の菊川玲二は

数寄矢会会長 轟周宝を逮捕することが目的だ。

 

数寄矢会で異例に出世をしている玲二は

ついに轟周宝のボディガードになることができた。

 

あとは、轟周宝を逮捕するだけなのだが、、、

 

数寄矢会の縄張りに「仙骨竜」という

中国のマフィアが幅を利かせていた。

 

周宝は仙骨竜を倒すため、その役目を

日浦組の日浦匡也(通称クレイジーパピヨン)に任す。

 

しかし、仙骨竜も動き出しており、

周宝は仙骨竜の女ヒットマンにあやうく殺されそうになった。

 

怒り狂った周宝は犯人探しに乗り出す。

怪しいのは、数寄矢会を破門になった「はぐれヤクザ」

 

玲二が犯人を探す役目を命じられ

はぐれヤクザの探索に乗り出す。

 

犯人と思われる人間の1人に

「モモンガ百治」こと桜罵百治がいた。

 

百治の態度から玲二は

犯人は百治だと確信するが証拠も無い。

 

百治を吐かせようとするが、逆襲を受け、

玲二は顔面を潰され、額にタバコを押しつけられる。

 

百治が犯人だと確信した周宝は、百治討伐を幹部たちに命じた。

 

玲二は百治に負けたことが原因で周宝のボディガードの

任を解かれ、娘 迦蓮(かれん)のボディガードを命じられる。

 

しかし迦蓮たちが食事をしている時に、仙骨竜が現れ

迦蓮がさらわれてしまう。

 

このままでは迦蓮が何をされるかわからない。

 

玲二は警察へ行き、警察の監視カメラ映像から

迦蓮が拉致されている場所を発見する。

 

そして、迦蓮を見事に救出するのだが、、、

 

拉致されていた場所に警察と数寄会が集まり

どちらが迦蓮を保護するかで一触即発状態になってしまう。

 

その隙をついて、仙骨竜の女ヒットマンが再び迦蓮をさらう。

 

百治と共に女ヒットマンは船で消えてしまった。

 

 

行き先は上海だった。

仙骨竜の本部へ単身乗り込むつもりの玲二だったが

パピヨンもついていくと言い、2人で上海へ乗り込むことになった。

 

玲二は無事、迦蓮を助け出せるのか、、、、

スポンサーリンク

Google336

ネタバレ

モモンガと仙骨竜の狙いは若い女たちを

大富豪に高値で売る「人身売買」だった。

 

迦蓮を救い出すために、上海に乗り込んだパピヨンと玲二は

まずは上海の高級キャバクラに向かった。

 

どんなキャバクラにもバックで用心棒がついている。

そう読んだパピヨンはキャバクラで暴れ出し、用心棒を引っ張り出す。

 

出てきたのは巨体の男 牛麟(にゅうりん)だった。

牛麟は中国武術、散手(さんしょう)の使い手で玲二は一瞬でやられてしまう。

 

牛麟とパピヨンの一騎打ちとなる。

 

しかしパピヨンの強さは牛麟をはるかに凌ぐ強さだった。

牛麟に勝利した玲二たちは牛麟から仙骨竜のアジトの場所を聞き出す。

 

仙骨竜のアジトに乗り込んだ玲二たちだったが

迦蓮はそこにはおらず、オークション会場のホテルに連れ出された後だった。

 

迦蓮の居場所を聞き出せた玲二だったが、

アジトには何十人もの仙骨竜の構成員がいた。

 

玲二たちは必死に切り抜けようとするが、多勢に無勢で

傷だらけにされたが、なんとか危機を脱することができた。

 

脱出した一行は迦蓮が連れて行かれたオークション会場

バーバオにある最高級ホテル「マクゲッティ」へと向かう。

 

ホテルに忍び込んだ玲二たちだったが、

警備は完璧で迦蓮を救出することは困難な状況だった。

 

そこでパピヨンは皆が油断する時、

落札され、迦蓮が落札者に渡る瞬間を狙い、迦蓮を奪還する作戦を立てる。

 

オークションは盛り上がりを見せ、次々と美女が落札されていった。

 

迦蓮が落札されるまでの間に、パピヨンは玲二に落札後の

女がどこに運ばれていくのかを調べてくれと頼まれる。

 

引き受けた玲二だったが、仙骨竜の女ヒットマンにバレて

屋上で対決することになってしまった。

 

女ヒットマンと戦っている間にモモンガも駆けつけ

玲二はピンチに陥ったが、持ち前の生命力で危機を脱する。

 

モモンガたちを一網打尽にした玲二は

オークション会場に戻り、迦蓮の落札の時を待つ。

 

ついに迦蓮のオークションが始まり、

迦蓮は3億円以上の価格をつけられて落札された。

 

迦蓮引き渡しの場所へ行き、お金が支払われて

連れて行かれる瞬間、パピヨンと玲二は

バイクで迦蓮の元へ突撃し、見事奪還したのだった。

 

しかし、敵も黙ってやられちゃいなかった。

迦蓮を奪還しようと、銃、そしてロケットランチャーまで

発射してくるイカれようだった。

 

当然、仙骨竜のボスである藍虎(ランフー)のもバレて

怒り狂った藍虎も迦蓮奪還に乗り出す。

 

玲二たちは屋上へ逃げ、牛麟からパラシュートを受け取る。

そしてヘリで脱出しようとするのだが、囚われていたモモンガが

拘束具を外して、反撃に出てきた。

 

ロケットランチャーでヘリを爆破し、玲二たちの逃げ場を絶った。

そしてそこへ、虎に乗った藍虎が現れ、玲二たちは逃げ場のない

屋上で絶体絶命の危機に陥ったのだった。

 

スポンサーリンク

Google336

結末

屋上に追い詰められた玲二たちだったが、

もともとヘリで脱出しようとは考えていなかった。

 

あろうことか玲二は70階の屋上から飛び降りようとしていたのだ。

 

「ムリムリムリ」と嫌がる迦蓮と共に

玲二は70階からダイブするのだった、、、

 

70階から飛び降りた玲二をモモンガはロケットランチャーで

狙い撃とうとしたが、バイクに乗ったパピヨンに後ろから轢かれ

手元の狂ったロケットランチャーが自分自身に返ってきて

屋上は火の海になってしまった。

 

なんとか全員パラシュートで脱出したのだが、

藍虎が虎と共に、パラシュートの上に着地してきた。

 

パピヨンのパラシュートが破られ、そこから虎が侵入してくる。

 

パピヨンを助けようとする玲二だったが、

藍虎が玲二のパラシュートに飛び移り、

パピヨンvs虎 玲二vs藍虎の戦いが始まった。

 

虎とパピヨンは激闘を繰り広げる。

しかしパピヨンは野生動物をも凌ぐ強さを持っていた。

 

最後には虎の舌をナイフで斬り裂き、そのまま食べ、

「タン刺し ウル虎、うまいぜ」と虎の戦意を喪失させた。

 

玲二とパピヨンの戦いは常に藍虎が優勢だった。

空中で三角締めをされたまま、指を2本折られてしまった。

 

パピヨンを援護しつつ、藍虎とも戦っていたが

水中で首を絞められダウン寸前まで追い込まれる。

 

なんとか締め技から脱出したが、水面で息を整えている所に

藍虎がシャベルを玲二の心臓に突き立てた。

 

絶命したかのように見えた玲二だったが、

胸に入れていた石が玲二の命を救ったのだった。

 

再び対決する2人だったが、

藍虎はツボを知り尽くした人間だった。

 

背中に刺していた30cmにも及ぶ中国鍼を

玲二に刺すと、玲二の右腕は動かなくなってしまった。

 

動揺した玲二は安易に藍虎に殴りかかってしまい、

そこを狙われ、左腕も動かなくなってしまった。

 

そして、右足、左足にも鍼を刺され、

両手両足が動かなくなってしまった。

 

トドメを刺されようとした時、

藍虎の顔に無数のアサギマダラという蝶が襲いかかってきた。

 

その一瞬で玲二は、腹筋と背筋の反動で

藍虎に頭突きをかます。

 

何度も頭突きをかまし、ついに藍虎を倒したのだった。

 

パピヨンは藍虎に人身売買被害者を救う

支援プロジェクトをを作るように言う。

 

人身売買被害者を自立できるよう支援することで

人身売買の数倍の商売になる。

 

パピヨンは藍虎が本当は人身売買を嫌っている事を

見抜き、牛麟と共に、「牛虎一家」を立ち上げ

それを日浦組の上海支部にしろと提案する。

 

藍虎はそれを受け入れ、牛虎一家が立ち上がった。

 

そして、迦蓮の無事がわかった轟周宝は

80億円するプライベートジェットで迦蓮を迎えに来た。

 

娘を助けてくれたパピヨンと玲二に頭を下げ

礼をする周宝。

 

さらにはパピヨンを数寄矢会の四天王に抜擢する。

 

そして、玲二は周宝と親子盃を交わすことになった。

これによって玲二はほとんどの組員を抜いた地位に立つことになる。

 

玲二は轟周宝を逮捕できるのか、、、

 

というわけで「チャイニーズマフィア編」の内容紹介でした。

 

映画予告

 

http://mogura-movie.com/intro.html

 

スポンサーリンク

Google336

 

Google336

Google336

-漫画, ネタバレ
-, ,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.