ふるさと

あらすじ 邦画

太陽の坐る場所が映画化 あらすじと予告を紹介。

投稿日:

Pocket

直木賞受賞作家辻村深月の小説

「太陽の坐る場所」が、

水川あさみ 木村文乃主演で映画化される。

公開は2014年10月4日から。

ストーリーと予告を紹介します。

あらすじ

高校を卒業して10年。

卒業以来ほぼ毎年行われている同窓会に

彼女は1度も姿を現していない。

 

彼ら3年2組のクラスメイトは彼女が現れるのを楽しみにしている。

彼女の名はキョウコ

今をときめく女優になり、映画やドラマに引っ張りだこの存在だ。

 

そんな彼女をどうにかして同窓会に出席させたい。

そう考えたクラスメイトは彼女に直接会って同窓会に誘おうとするが、

なぜか彼女と接触する人間は連絡を絶ってしまう。

 

キョウコがクラス会に出ない理由。

そして消えていくクラスメイトの謎とは、、、

 

登場人物

高間響子(水川あさみ) 

藤見の女王。現在は地元テレビ局 の看板アナウンサー。

鈴原今日子(木村文乃)

女優。映画『アマノ・イワト』でアマノウズメノミコトを演じて

その演技や踊りを絶賛され、メディアの露出が増える。

水上由希(森カンナ)

大 手アパレルメーカーのデザイナー。

会社ではキョウコの親友だと自慢している。

島津謙太(三浦貴大)

クラス会の幹事を毎回務める。

現在は銀行員として勤務している。

 

予告動画

 

 

次回は「太陽の坐る場所」のネタバレを紹介します。

 

 

Google336

Google336

-あらすじ, 邦画

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.