ふるさと

ネタバレ 邦画

太陽 映画のネタバレと結末

投稿日:

Pocket

神木隆之介と門脇麦が主演の映画「太陽」

劇団イキウメの前川知大さんの原作の舞台作品で

読売演劇大賞を受賞している作品。

 

太陽に選ばれた者、選ばれなかった者が生きる世界で

そこに住む人々の葛藤が描かれた映画。

 

人の在り方を考えさせられる作品でした。

 

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

ストーリー

ウイルスの感染を克服し心身ともに進化したけれど、
それと引き換えに太陽の下では生きられない体質に
なってしまった新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。
もう一方は、太陽の下で自由に生きられるものの、
ノクスに管理されることで貧困を強いられている
旧人類【キュリオ(骨董的存在)】。
キュリオからノクスへ転換は可能だが、
ノクスへの転換は医学的に20歳までの若者に限られていた。
ある日、とある寒村でノクス駐在員がキュリオに惨殺される事件が起こる。
その結果、村はノクスによる経済封鎖を受けてより一層貧しくなり、
転換のチャンスも奪われてしまうのだった。

時は流れ、10年後。
キュリオとして生きる青年・奥寺鉄彦(神木隆之介)は、
村での生活に憤りを感じながら鬱屈とした日々を送っていた。
彼の幼なじみの生田結(門脇麦)は、
自分と父親を捨ててノクスへと転換した母親(森口瑤子)と
ノクスそのものを憎みながらも村の生活を少しでも良くしようと
前向きに暮らしていた。そして、ノクスに憧れる鉄彦とノクスを
憎む結の運命を大きく変える出来事が起きる。
それは10年ぶりにノクスによる経済封鎖が解かれることだった。

太陽を回避して生きるノクスの世界と、
太陽のもとで生きるキュリオの世界。
2つの世界を隔てていたゲートが開き、
そこに門衛としてノクスの駐在員・森繁(古川雄輝)がやって来る。
ノクスに憧れる鉄彦は何かと森繁の元を訪れ、
いつしか2人の間には友情が芽生え始めていた。
また、キュリオからノクスへの転換手術の応募も始まった。
真っ先に転換の応募をした鉄彦は、
まもなく自分にやって来る明るい未来を夢みていたが、
選ばれたのは、なんと結だった。
結の父・草一(古舘寬治)が本人に無断で応募していたのだ。
ショックを隠せずに荒れ狂う鉄彦と望まない転換に戸惑う結。

そんな矢先、10年前の事件を起こして逃亡していた
鉄彦の叔父・克哉(村上淳)が村に戻ってくる。
相変わらず傍若無人に振る舞う克哉の登場によって
村はふたたび不穏な空気に包まれる。
ノクスとキュリオは共に手を取り合いながら生きることはできないのか、
2つの世界の隔たりを消すことはできないのか。
新しい未来のために、それぞれが自分の意思で生きようと決意したとき、
世界はこれまでと違う方向へと動き出したかのように見えた─。

 

引用 太陽 公式サイト

 

ネタバレ

物語は非常に狭い範囲で展開されます。

鉄彦の住む町とノクスの住む町。

 

その境界線が森繁が守っているゲートです。

克哉はゲートの守衛を殺して四国へ向かいました。

 

その後10年は村の人々にとって地獄だった。

経済制裁を受け、まるで日本昔話のような暮らしをしています。

 

その村に住む鉄彦はそんな生活に疲れノクスになることを望みます。

結は自分を捨てノクスになった母を見返す為に村を再興させようと考えます。

 

ストーリーでも書いていますが、

克哉が殺したノクスの遺族が克哉を許したので

鉄彦が住む町は経済制裁を解かれ、ノクスに転換も可能となりました。

(手術により、キュリオからノクスへ変わる事が可能。村から1人だけ。)

 

早速鉄彦は転換に申込み、申込は自分1人だけだと思っていたので

ノクスになれるだろうと確信しています。

 

しかし、結の父草一が勝手に結の転換希望の申し込みをします。

結の母親がノクスで今の夫がノクスの公務員だったので

転換手術は結に決まってしまいます。

 

結は転換することに対して悩み、母親に連絡を取ってノクスに向かいます。

そこで知ったのは結の唯一の希望であった四国の自治区が完全な失敗であったことだった。

キュリオがノクスに頼らず生きている場所それが四国でした。

 

しかし実態は貧困によって、身内同士の争いが絶えず

多数の死者が出ている状態でした。

 

それはキュリオが感情的な生き物だからだとノクスは語ります。

村を立て直すという夢も砕かれた結でしたが諦めてはいませんでした。

何か、方法があるはずだと、、、

 

そんな想いを持った結でしたがその想いを裏切られる出来事に出合います。

結の幼馴染の拓海が結が村を出ていくことにパニックになり、

結を暴行してしまいます。それに気づいた草一は拓海をボコボコにします。

 

 

そしてその暴行事件と平行して鉄彦の母親の純子の容態が悪くなります。

それを発見した草一は純子が長くないことを悟ります。

 

母親の状態を知らない鉄彦でしたが、こちらでも事件が起こります。

叔父の克哉が森繁のいるゲートの前に現われます。

 

そして森繁を殴り、手錠を奪い森繁をゲートに繋げます。

さらに克哉は鍵を川に放り投げてしまったので森繁は脱出する術を失くしました。

 

朝が来れば森繁は太陽を浴び燃え尽きてしまう。

そうなる前に鉄彦はなんとか手錠を破壊しようと思いますがいい手が浮かびません。

 

森繁はチェーンカッターのようなものを持ってきてくれと鉄彦に頼みました。

しかしそのような道具はなく鉄彦が持ってきたのは斧でした。

 

斧を振り上げ森繁の手錠を壊そうとするが頑丈なのかまったく壊れません。

そこに結も加わりなんとかしようとしますが、朝日が訪れ森繁の体は太陽にさらされようとします。

 

日が昇る前になんとか森繁の体を覆った鉄彦でしたが

手錠のかけられた手だけは隠すことができませんでした。

 

森繁は言います。

「手首を切ってくれ!太陽の光を浴びるよりはマシだから!」

 

鉄彦は迷いながらも森繁の為に手首を切り落とします。

 

そして布にくるんだ森繁を結の家に運びます。

日が落ちるまでやり過ごそうとする鉄彦たちでしたが、

そこに克哉が現れたのです。

 

 

克哉は森繁を見つけるなり殺そうとしますが、鉄彦たちはかばいます。

そんなやり取りをしている中、克哉は部屋で寝たままの純子を見つけます。

 

すでに純子は息を引き取った後でした。

 

 

結末

克哉が結の家にいることを知り、村人が大勢で襲ってきます。

村人は克哉が再び村に災いをもたらすことを恐れたのです。

 

何かしでかす前に消してしまおう。

それが村長含め村人の決断でした。

 

四国ではそれなりの軍の指揮官だった克哉はかなり抵抗しますが、

多勢に無勢、武器を持った村人に殺されてしまいました。

 

その様子を見ていた鉄彦も参加しようとしましたが、

森繁が手を出し、「君は絶対に参加してはいけない!」と何度も叫びます。

手を焦がしながら訴える森繁に対して、鉄彦はただ叫び、涙します。

 

結もその凄惨な状況にただ泣くしかできませんでした。

 

 

克哉は死に、森繁の1件も事故として処理してもらえることになり

村は何も被害を被ることはありませでした。

 

そして草一、鉄彦、結は純子の墓を立てました。

 

すべてが落ち着いた後、結は転換の手術を受けます。

体に抗体を打ち、そのあとでノクスの血を入れることで終了します。

 

 

転換の手術は成功し、結はノクスになりました。

そしてゲートで草一と鉄彦に出会います。

 

草一は質問します。「どうだ?ノクスになって。」

結は「スッキリしたって感じ。」とあっけらかんと答えます。

 

「あれだけ町をどうにかしたいと悩んでたのに

 どうしてもっと早く行動しなかったんだろう。

 今まで悩んできたことがすべてどうでもいいって思える」

 

娘に幸せになってほしかった草一ですが、

目の前にいる娘はもうすでに自分の知っている娘ではないと実感し涙します。

 

それでも娘が幸せになってくれるなら。そう願い草一は結を見送ります。

 

 

転換手術を逃した鉄彦は、キュリオのまま森繁と共に旅に出ます。

森繁もまた自分がノクスであることに悩みを持っている人間でした。

 

何かに縛られることなく生きてみたい。

 

そう感じていた2人は、

森繁が給料を叩いて買ったオンボロ自動車に乗って、

宛てのない旅に出かける2人だったのでした。

 

予告

 







 

Google336

Google336

-ネタバレ, 邦画
-, ,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.