ふるさと

ネタバレ あらすじ 邦画

映画 白ゆき姫殺人事件のネタバレと結末 犯人のくだらない動機とは

投稿日:

Pocket

湊かなえさん原作の小説を映画化した

「白ゆき姫殺人事件」

 

化粧品会社に勤める美人OLが殺され、その犯人として同僚のOLが疑われるストーリー。

誰が犯人というよりもメディア・ネットの怖さがわかる作品です。

 

「こうやって真実って捏造されるんだな」

っていうことがよくわかる作品のネタバレを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

映画予告

 

 

あらすじ

しぐれ谷という場所で焼死体が見つかった。

被害者は日の出化粧品の美人OL三木典子(みきのりこ)

 

製作会社の契約社員として働く赤星雄治(あかほしゆうじ)の元に

日の出化粧品で働く狩野里沙子(かのうりさこ)から連絡を受け

同じ会社の同僚城野美姫(しろのみき)の行方が事件当日以降わからないことを知る。

 

赤星の取材によって作られた番組がワイドショーで放送されることによって世間は城野美姫が犯人だと決め付ける。

そしてエスカレートしていく取材の中で城野美姫という人物像が一人歩きしていく。

 

犯人は本当に城野美姫なのだろうか?彼女の行方は?

白ゆき姫殺人事件は[dTV]で視聴できます

 

ネタバレ

おおまかなストーリー展開

三木典子殺人事件は彼女の勤めていた会社の目玉商品「白ゆき石鹸」から

「白ゆき姫殺人事件」と名づけられるようになった。

 

赤星は会社の同僚・上司に取材し、それがワイドショーで放送されると

世間の注目は一気に城野美姫に集まった。

 

※赤星の取材から作られたワイドショーで放送された内容は必見!

一方的な情報を与えられるとあたかもそれが真実であるように思えてしまいます。

 

赤星はさらなる取材を敢行し、彼女の過去までも調べあげる、

ついには両親にまで取材をして世論に負けた両親はカメラに向かって謝る。

 

犯人断定されないまま垂れ流される行き過ぎた報道。

しかし事態は急転直下し、逮捕されたのは赤星に情報を与えた狩野里沙子だった。

 

スポンサーリンク

Google336

何が真実だったのか?

噂が飛び交いすぎて何が真実なのかわからなくなってきた所で

城野美姫自身の口から何があったのかが語られます。

 

三木典子はワイドショーで放送されていた美人なのにいい人ではなく

自分以外の人間が評価されることが許せない人間でした。

 

会社で開かれたバーベキューで「三木さん以上の美人に出会ったことがない」

男連中が褒め称える中、城野美姫がうっかり「人生で出会った中で一番の美人は小学校の幼馴染。」

と答えてしまった為に三木典子から目をつけられてしまいます。

 

城野美姫と付き合っていた会社の上司を奪われ、さらにはその上司を捨て

心の拠り所にしていた音楽グループの「芹沢ブラザーズ」のメンバー雅也と付き合っていると宣言される。

 

城野美姫は芹沢ブラザーズも心の中から消そうとしたができなかった。

そんなとき、三木典子からどうしても行きたかった芹沢ブラザーズのライブチケットをあげるといわれる。

 

嬉しくて飛びあげるほどの気持ちになった城野美姫は翌日三木典子から

「やっぱりあのライブには私が行くわ」と言われ絶望する。

 

そこに現れたのが狩野里沙子だった。

彼女は城野美姫をそそのかし、ライブへ行くように仕向ける。

 

三木典子に強い風薬を飲ませ、さらには送別会で酒を飲ませて車に乗せる。

車に乗った三木典子が眠ったら、彼女のカバンからチケットを盗みそのままライブ会場へ向かう。

 

チケットを盗むことを躊躇した城野美姫だったが

誘惑に負けチケットを盗み芹沢ブラザーズの元へ行く。

 

ライブ会場に辿り着いた彼女は階段を降りてくる雅也を

ファンに押されて誤って突き落としてしまう。

 

混乱した彼女はホテルに逃げ込みファンサイトで突き落としたことが

話題になっているのを見て怖くなってそのままホテルに身を隠していた。

 

たまたまテレビで殺人事件のことを知り、自分が犯人にされていることを知る。

ネットでの誹謗中傷に耐えかねた城野美姫は自殺を図ろうとするがテレビで

狩野里沙子が逮捕される放送がされたのだった。

犯人のくだらない動機

逮捕された狩野里沙子は会社内で窃盗を繰り返していました。

 

最初はたいしたものではなかったのですが、徐々にエスカレートし

ついには商品である「白ゆき石鹸」までも盗んでいました。

 

その事実を三木典子に知られ、告発されそうになったので殺した。

動機ついて狩野里沙子は「会社をクビになったら困るので」と供述。

 

あまりのくだらなさに聴取した刑事もうなだれてしまう始末。

 

こうして殺人事件は解決されたのですが、まだ終わりません。

 

世間の手のひら返し

城野美姫は事件が解決した後、実家の祖母の葬式に出席します。

そこで両親に声をかけらますが、それを無視して自分の部屋に。

 

窓の外を見ていると、遠くの方からろうそくの光が見えます。

それは小学生の時に苦労を分かち合った谷村夕子からのものでした。

彼女からの励ましのメッセージに城野美姫は泣きながらその合図に答えます。

 

一方、城野美姫の濡れ衣が晴れた瞬間に非難の矛先は赤星に向かいました。

 

今度は赤星が城野美姫と同じ目に遭います。

仕事を失い、twitterに顔を晒され、謝罪に行った城野美姫の父親に土下座させられ

精神的にフラフラになってしまいます。

 

フラフラと歩いていると車に轢かれそうになりますが

その車に乗っていたのは城野美姫でした。※人を轢きそうになった時にこんな止まり方しますかね(笑)

 

※画像をクリックすると動きます。

 

「つらいことがあったんですよ。」思わず呟いてしまった赤星に城野美姫は

「いいことありますよ、きっと。」と励ます。

 

それは幼い頃からいいことがなかった城野美姫が自分を励ますために使っていた言葉。

城野美姫は立ち去り、残された赤星は再び歩き出しました。

 

お互いのことは知ることなく別れ、物語は幕を閉じます。

 

--------------------------------------------------------------------------------

湊かなえさんの作品だけあって、誰かに何か黒い部分がありますよね(笑)

何もお咎めはありませんでしたが、被害者である城野美姫も「窃盗」をしています。

 

三木典子が生きていたら狩野里沙子と同じように窃盗で逮捕されていたかもしれません。

 

そう考えたら殺された三木典子は他人に嫌がらせをしたかもしれませんが

人に殺されるほどのことはしてませんし、可哀想でしたね、

 

井上真央さんのブスっぷりは見事なものでした。

あれだけかわいい顔をしているのに、ここまでブスになれるのは素晴らしい。

 

逆にあまり出番のなかった貫地谷しほりさんは化粧もしていないのに可愛ったです。

菜々緒さんはバーベキューで寝ている時の顔は「人生で会った中で一番の美人」という言葉に

納得できる寝顔でした。

 

メインストーリー以外にも見所たっぷりの「白ゆき姫殺人事件」は

[dTV]で視聴できます

 

気になる方はチェックを。ではまた。

 

湊かなえさんの他の作品は

少女(湊かなえ)のストーリーを紹介(小説)

少女(湊かなえ)の小説が映画化。【ネタバレ】小説のラストから因果応報の意味まで

 

Google336

Google336

-ネタバレ, あらすじ, 邦画
-, , ,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.