ふるさと

ネタバレ 邦画

映画 舞妓はレディ 試写会の感想。ちょっぴりネタバレあり。

投稿日:

Pocket

周防正行監督の最新作

「舞妓はレディ」

公開は2014年9月13日から。

 

今回は一足先に見てきたので感想を述べていきます。

あらすじ

古都・京都。

お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと

少女・春子(上白石萌音)が押し掛けてくる。

春子は必死で頼み込むが、誰も相手にしようとし ない。

ところが偶然その様子を目にした

言語学者の「センセ」こと京野(長谷川博己)が、

鹿児島弁と津軽弁が混ざった彼女に関心を寄せたことから、

晴れて万 寿楽の仕込み(見習い)になる春子だったが……。

シネマトゥディより引用。

 

感想

映画のタイトルの「舞妓はレディ」

これは「マイ・フェア・レディ」のもじりだそうで、

映画の内容もミュージカル仕立てになっています。

さらに劇中では「マイ・フェア・レディ」のシーンも所々でてきます。

(これらのシーンは別にいらないかなとも思いましたが。(笑))

 

ストーリーはそのまんまで

主人公の春子が舞妓を目指すというもの。

ただ、舞妓っていうのは簡単になれませんよ。

っていうのがよくわかる映画でした。

 

着付け、立ち居振舞いだけではなく、

日舞、三味線、鼓、長唄などの芸を身につけなきゃならない。

それはほんとにもう過酷でした。

見てるだけで。

 

 

本当に一生懸命やっているものだから

彼女の成長を暖かい目で見守ってあげたくなり

ついに舞妓デビューする時はちょっと感動しちゃったり。

 

また、出演している役者さん達も豪勢で、

妻夫木聡、松井珠理奈などを脇役で使っちゃうくらい。

 

そして周防監督といえば、やっぱり草刈民代さん。

この方がいると映画がピシッとします。

 

ラストシーンもまさかの展開で笑えました。


公開は9月13日からです。

・・・続きは映画で。

 

Google336

Google336

-ネタバレ, 邦画

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.