ふるさと

ネタバレ 小説

美女と野獣 実写映画化。原作のネタバレを知っておこう。

投稿日:2014年10月18日 更新日:

Pocket

2014年11月1日から世界的なお話が実写映画になった

「美女と野獣」が、公開されます。

これって、ディズニーが原作だと思ってましたが、

全然違ったんですね。

 

と、いうわけで。

 

今回は「美女と野獣」の原作について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

映画の内容はこちら。

美女と野獣 実写映画化。その内容は?(ネタバレあり)

 

ディズニーとは違った物語。

先ほども言いましたが、ディズニーのお話とはちょっと違います。

っていうのも、そもそもこのお話はディズニーのオリジナルではなく、

原作があるからです。(ジブリの魔女の宅急便みたいな。)

 

その原作はなんと、1757年に書かれた作品です。

ボーモン夫人という方が幼児向けに書いたおとぎ話が

現在の美女と野獣の元になっているそうで。

 

今回の美女と野獣は原作に近い作品になっています。

 

 

原作の内容

主人公のベルはお金持ちの商人の娘。

ベルには兄が3人、姉が2人いる。

 

兄たちはいい人だが、姉2人の性格は最悪。

シンデレラの意地悪な姉のような存在だ。

 

ストーリーは父親はある日、船の難破によって

財産をすべて失うことから始まる。

 

家族に残ったのは、田舎にある別荘だけ。

姉2人は田舎での暮らしに辟易とし、

3人の兄とベルは真面目に働いて暮らす。

 

田舎の生活が1年を過ぎた頃、

失くしたはずの財産が奇跡的に陸に上がってきた。

家族は大喜びし、姉たちは豪華なものを要求し、

ベルは何も欲しいものはなかったが、

「バラが一輪欲しい」と頼む。

 

船の財産を取りにいった父親だったが、

いろんな訴訟に巻き込まれ、

結局財産を手に入れる事はできなかった。

 

帰り道、季節は冬で雪のせいで道がふさがり

父親は立ち往生してしまう。

その時偶然大きな城があるのを見つけ、

入口で声をかけるが誰もいない。

仕方なく勝手に入ると、そこは不思議な場所だった。

 

 

誰もいないはずなのに、暖炉には火が灯り

テーブルには1人前の食事とお酒が用意してある。

 

身も心も震えていた父親は、暖炉で服を乾かし

食事をし、酒を飲み、そしてベッドで眠りにつきました。

 

朝起きてみると、テーブルには朝食が。

 

それを食べ、外に置いて来た馬車が気になり

様子を見に行こうと歩き出す。

途中でバラの花棚があったのでバラを一輪折った。

 

その瞬間に、おそろしいうなり声が聞こえ

父親の前に一匹の野獣が現れた。

 

「わしの大事なバラを折りやがって

てめーの命で弁償しやがれ」

 

と野獣が言うので、父親は

 

「ごめんなさい。どうか命だけは。

娘に頼まれたので一輪だけと思って」

 

と頼むが、野獣は許さず、

おまえの命か、娘を差し出せ。と要求する。

 

父親は家族の命を差し出す気などなかったが、

最後に家族を見てから死にたいと思い

野獣に頼んで一度家に帰ることを許してもらった。

 

家に帰り、家族に事情を説明すると、

ベルは父親の替わりに城へ行くと言って聞かなかった。

 

父親は断固反対するが、ベルも決して折れず、

結局父親が折れる形になり、2人で野獣の元へ向かう。

 

娘を差し出した父親は、野獣によって城から追い出されてしまう。

野獣に殺されてしまうと思っていたベルは震えていたが、

城にいる間は望めば何でも叶う女王様のような扱いを受けるのです。

 

野獣と夕食を一緒に食べていると、突然

「結婚してほしい」とプロポーズされました。

あまりの事にベルは断りますが、野獣は毎日のように求婚してきました。

 

いい加減断るのも心苦しくなってきたのでベルは、

「いいお友達でいましょう」と言うと、野獣もそれで納得しました。

 

しかし、ベルは父親が自分が死んだと思いこみ

病にかかっている事を知ります。

 

ベルは野獣に頼み、1週間だけ家に帰らせてほしいと願い出ます。

野獣は構わないと言い、ベルは家に帰り、父親はベルの姿を見て

病気は一瞬の内に治ってしまいました。

 

ただ、何不自由なく暮らしているベルに嫉妬した姉たちは、

ベルを野獣の元へ帰さないようにしました。

 

約束の1週間が過ぎ、10日が経った時ベルは夢を見ます。

 

野獣が草原の上で倒れているのです。

 

急いで野獣の元へ帰り、

野獣を夕食の時間まで待つが、野獣は現れない。

ベルは夢に出てきた場所へ野獣を探しにいくと、

草原の上に野獣が倒れていた。

 

野獣はベルが戻らないので、

断食をして死のうとしていたのです。

 

そして、ベルはこう言うのです。

「あなたは死んではいけません。

ずっと生きて、わたしの夫になるのです。

今気づきました。わたしはあなたを愛しています。」

 

そう叫んだ瞬間に、野獣の姿は消えました。

替わりに王子が姿を現したのです。

 

王子は妖女に野獣の姿に変えられてしまい、

野獣の姿形をおそれず、心から愛してくれる人を

待たなければなかったと語る。

 

王子は自分の国へ帰り、

ベルを花嫁にして幸せに暮らしました。

 

 

というわけで、長かったですが、

これが原作の内容です。

 

ディズニーの物語とはだいぶ違うので、

映画を観に行かれる方は違和感を感じない為にも

ディズニーとは違うという意識で映画を観ましょう。

 

・・・続きは映画で。

 

映画に関してはこちらをどうぞ。

 美女と野獣 実写映画化。その内容は?(ネタバレあり)

 

Google336

Google336

-ネタバレ, 小説

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.