ふるさと

ネタバレ あらすじ 邦画

鍵泥棒のメソッド あらすじとネタバレ

投稿日:

Pocket

2012年9月15日に公開された映画「鍵泥棒のメソッド」

堺雅人さん・香川照之さん・広末涼子さんという豪華なキャスト。

アカデミー賞で最優秀脚本賞を受賞した作品です。

 

2人の男の人生が入れ替わるという奇妙な体験とそれに振り回される結婚したい女。

「ストーリーが非常に綺麗にハマっている。」という印象を受けた作品のネタバレを紹介していきます。

 

映画予告

 

スポンサーリンク

Google336

あらすじ

売れない役者の桜井武史「ある理由」から自殺を図るが失敗します。

誰もその正体を知らない殺し屋コンドウ

これまた「ある理由」から結婚するため婚活を始める雑誌編集長の水嶋香苗

 

この3人の人生が交わる時に、物語は思わぬ方向へと向かっていきます。

 

入れ替わり

桜井は自殺に失敗した後、汗をかいたことから銭湯へと向かう。

コンドウは殺しを終えた後、返り血を浴びたので銭湯へ向かう。

 

コンドウは銭湯に入った時、セッケンが転がってきて盛大にコケてしまい、

気絶したコンドウを見て桜井は自分の鍵とコンドウの鍵をすり替えてしまう。

 

桜井の荷物をコンドウの荷物として救急隊員が持って行き、

搬送先の病院で目覚めたコンドウは一時的な記憶喪失と診断され荷物から

自分は桜井武史という人間だと医者から聞かされるコンドウ。

 

一方で桜井はコンドウの車、クライスラーの300Cに乗り込み

コンドウの金を使って友達から借りた借金を返して回っていった。

 

最後に桜井が寄ったのは、元彼女の家だった。

彼女は今度結婚するらしいということ聞き、桜井は彼女から昔の写真を返してもらい

それを見て車の中で泣いていた。

コンドウと香苗

記憶はないが体は健康という理由からコンドウは病院を退院。

病院を出た所で偶然いた香苗に声をかけ、桜井の家の住所がどちらの方向か聞く。

 

なんとなく気になった香苗はコンドウを車で送ってあげることにした。

香苗はコンドウと記憶に関する手がかりを桜井の家で探すが見つからなかった。

 

香苗は結婚するために社内、社外で婚活活動に励んでいた。

好きな人がいるわけでもないのに結婚を急いだのは、病気で死期が近い父の為であった。

 

香苗は何度かコンドウと接していく内にコンドウの仕事のやり方が非常に丁寧なこと、

前向きな所や涙もろい所に惹かれて思わず結婚を申し込むのだった。

 

工藤の存在

2人が入れ替わる前にコンドウがした仕事は岩城社長という人物を殺すことだった。

岩城社長と始末したのはいいのだが肝心の金がどこにもない。

 

殺しを依頼した工藤は金の在処を岩城社長の愛人である綾子に聞き出してほしいと

コンドウに追加の依頼を出す。

 

コンドウが殺し屋だと知らなかった桜井はおおいに焦るが、

とりあえず依頼を受けた振りをしながら金の在処とコンドウについて調査していった。

 

香苗とコンドウは式について話を進めていくが、電話が鳴り父が亡くなったことを知る。

父の葬式が済み、香苗の自宅で父が好きだったベートーヴェンの四重奏団弦楽四重奏曲第14番を聞いた

コンドウは記憶を取り戻し、香苗の前から姿を消したのだった。

 

桜井は綾子を逃がそうと画策するが、工藤が綾子の家に仕掛けた盗聴器によってバレてしまう。

慌ててコンドウに家に戻ると、そこには記憶を取り戻したコンドウが待ち構えていた。

スポンサーリンク

Google336

コンドウの正体

殺し屋だと思われていたコンドウは実は便利屋だった。

岩城社長も実際は殺しておらず演技だった。

 

工藤に追い詰められた桜井をコンドウは助けようとする。

「そのかわり、おまえの人生をすべてもらうからな。」

 

コンドウは桜井を殺したように見せかける為、工藤を人気のない場所へ呼び出す。

しかし、そこに現われたのはコンドウを尾行していた香苗だった。

 

すぐに工藤も現れ、3人は慌てて逃げ出し桜井の知っているマンションに身を隠した。

記憶を取り戻したコンドウに香苗は「あなたの本当の名前は?」と問いかける。

コンドウは「山崎です。」と答え、状況を打破するために自分のマンションへ戻る。

 

しかし、山崎は戻ったマンションに待ち構えていた工藤に捕まり、

それを電話越しに知った桜井と香苗は工藤の条件である「金」

をどうにかするために綾子の元へ向かった。

 

結末

桜井は家にいた綾子と仕掛けられた盗聴器を使い、一世一代の芝居を仕掛ける。

盗聴器から綾子の助けを求める声が聞こえ、工藤の部下が工藤に報告。

 

工藤たちが駆けつけるとそこには綾子と綾子の息子が血まみれで倒れていた。

工藤に対して大立ち回りをする桜井。芝居は成功したかに見えたが工藤は見破っていた。

 

「なめてんのか?血まみれの死体からは強烈な血の匂いがするんだよ。

 やるんだったら本物の血を用意しとかなきゃな。」

 

綾子は腹を蹴られ、息子のフリをしていた香苗はむくりと起き上がっていた。

そして香苗は工藤に「この部屋に2億円くらいありますよ。」と言う。

 

部屋の中に置いてあるギターや絵などはすべて高価なモノで

すべてをオークションに出せば2億円くらいの価値があると香苗は言う。

 

工藤は金があるならそれでいい。と

桜井や綾子のことを山崎に任せ、荷物を運び出す準備をするのだった。

 

車に乗り込んだ山崎はすかさず警察に電話し、

「空き巣がいますよ。すぐに来てください。」と通報する。

 

荷物を運び出していた所に警官が来て、工藤たちはお縄になってしまった。

 

山崎は香苗を車まで送ってそこで別れる。

そして桜井に「金がないくらいで自殺なんかするなよ。」と諭されると

「自殺しようと思ったのは女に振られたからだ。」と言う。

 

桜井と別れた後に山崎は桜井が落としていった写真を見つけそれを見る。

幸せそうに彼女と写る桜井の姿を見て、諦めたはずの香苗の姿が山崎の中によぎった。

 

香苗は車で帰宅し、渡しそびれた山崎のノートを見る。

そこに、「好きなもの 水島香苗」と書かれた文字を見て、

香苗の姉曰く、「30代になるとしなくなる胸キュン」をするのだった。

 

そこに現われた山崎。2人は抱きしめ合い、それを見ていた綾子は

車のセンサーを止めるために車のドアを殴り、物語は終わります。

(センサーがキュインキュインと胸の高鳴りのように鳴っているのが気に入らなかったようですwww)

 

 

というわけで「鍵泥棒のメソッド」のネタバレでした。

香川さんの存在感が圧倒的で、改めて「この人、凄いな。」と感じる作品でした。

面白いので興味のある方はぜひご覧ください。

Google336

Google336

-ネタバレ, あらすじ, 邦画
-, , ,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.