ふるさと

漫画 ネタバレ

高台家(こうだいけ)の人々が映画化。漫画のネタバレ

投稿日:2016年5月26日 更新日:

Pocket

綾瀬はるか、斎藤工主演で映画化される

「高台家の人々」

 

「ごくせん」「デカワンコ」などのヒット作を持つ

森本梢子さんのコミックスが原作です。

 

公開は2016/6/4から。

ネタバレとはちょっと違いますが、

漫画の内容を紹介します。

T0020568p

 

ヒロインは冴えないOL、30歳

物語のヒロインは30歳OLの平野木絵。

3

口ベタで人と話すのは苦手だが、

妄想力は誰よりも豊かだ。

 

人間誰でも、人に対して嫉妬や悪口を持ったりするけど

この子はそれを妄想でやりすごす特技を持っている。

 

こんな感じで。

12 13

 

そんなOL生活をしていた彼女が出会うのが

"青い目の王子"こと「高台光正」

4

彼は人にはない能力を持っていて

人の心が読める「テレパス」なのである。

 

超イケメンの彼は会社では当然注目の的。

彼の彼女になろうと会社中の女の子が目の色を変えて

彼にアピールする。

 

そんな状況を遠くから眺めていた木絵だったが、

なぜか高台さんは木絵に興味を持ち始める。

 

会社で出会う度に声をかけられ

ついにはデートにまで誘われるようになった。

 

木絵は高台さんといることが楽しかったが

時折、自分の考えていることが高台さんに

伝わっているのではないかという疑問を持つ。

 

「もし、人の心が見えるテレパスがいたとしたら

君は親しくなりたいと思う?」

 

木絵は自分の妄想が他人知られるのは

恥ずかし過ぎるので、

 

「そりゃ、絶対に嫌だ」

と答えてしまう。

 

ただ、もし心が読める相手が高台さんなら

自分の伝えたい気持ちも伝えれるし、いいかなと思う。

 

31 32 33

 

こうして2人は付き合うことになった。

 

テンポが良くて、非常におもしろい

2人の出会いを簡単に書きましたが、

心を読める為に人に対して積極的になれない高台さんと

人に対する恨みつらみを妄想に変えて乗り越える木絵の物語です。

 

恋愛を主体にした漫画というわけではなく、

(少女漫画なのに、キスシーンがない。)

テレパスを持つ人達の視点からストーリーを見ることで

人間の欲望をリアルに感じることができる漫画です。

 

人の嫉妬や憎悪などの感情を見ることによって

「こういった感情が相手に知られてたらどうしよう」

という気持ちになってしまいます。

 

この漫画を読んだ時は、

「相手に対して、嫌な感情を持たないようにしよう」

なんてことを思ってしまいました(笑)

 

人の嫌な面を木絵の妄想が上手い具合に

かき消しているのも、うまいなぁと思ってしまいました。

 

テンポも良くて、サクサクと読めてしまいます。

 

気になる方は漫画もぜひ。

 その他の登場人物

テレパスの能力は光正くんだけのものじゃなく

彼の兄妹にもあります。

 

妹の茂子

5

 

弟の和正

8

 

おばあちゃん、おじいちゃん(若い時)

(3人がテレパスをもっているのは、

おばあちゃんから受け継いだ能力)

7

 

 

どの登場人物のエピソードもおもしろい。

高台家の人々は人の心が読めることに頼らない。

相手がどういった考えを持っているかを知っていても

きちんと正面から向き合って問題を解決していく。

 

そこが非常に魅力的な漫画だと思う。

 

映画では綾瀬はるかさん、斎藤工さんが主演する。

公開は2016/6/4なので、興味のある人はぜひ。

 

予告編はこちら

 
[bbcphp file='adsense']
 

Google336

Google336

-漫画, ネタバレ

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.