漫画

にがくてあまいが実写化。漫画のあらすじやキャラクター紹介

投稿日:2016年8月14日 更新日:

Pocket

小林ユミヲさん原作、

2009年から2016年まで「MAGCOMI」で連載された

「にがくてあまい」が2016年9月10日に公開されます。

 

主演は川口春奈さんと林 遣都さん。

 

漫画のあらすじやキャラクターを紹介していきます。

 

 

1-vege-20151013-nigakuteamai

 

あらすじ

広告代理店で働く江田マキは28歳。

キャリアウーマンの彼女に憧れを抱く社員は多い。

 

誰もがうらやむエリートコースを歩んでいる彼女だったが、

実は全然モテなかった。

 

家は汚い、肌は汚い。

忙しいことを理由にいろんなことを棚上げにしている彼女だったが、

それが原因で彼氏ともうまくいかない状態だった。

 

彼氏にフラれて、ヤケ酒をしにいつものバーに行ったとき、

超男前のイケメンに出会う。しかし、彼が持っていたのは「野菜」だった。

 

親父の影響で野菜が大嫌いな彼女は、その男に八つ当たりし、

飲みすぎていたのもあって、そのままダウン。

 

彼女が気づいた時には、自分は真っ裸。

そして部屋は恐ろしいほど綺麗に片付けられている。

 

2日酔いのまま台所に行った彼女が見たのは

昨日のイケメンが料理をしている所だった。

 

野菜が大嫌いな彼女は料理を食べることを拒否するが、

野菜を理由に自分の弱さを隠していることをイケメンに指摘される。

 

何も言えなくなった彼女だったが、やはり野菜は嫌いでどうしても食べたくない。

そんな甘えも許さないイケメンだったので、マキは恐る恐る野菜を口に運んだ。

 

「すごくおいしい」

 

自然にそんな言葉がこぼれるくらい、その野菜はおいしかった。

素直な自分になれる彼に対して、特別な感情が芽生えたマキ。

 

一夜を共にしていたと勘違いしていたマキは、

イケメンを問い詰めるが、自分は何もしていないと言い張る。

 

実は彼はゲイだった。彼が料理を作っている間にカバンを漁り、

片山渚という名前と高校教師だということを知っていたマキは

それをネタに彼と同棲することを強要する。

 

そして、奇妙な共同生活が始まったのであった。

 

内容

マキと渚が料理を通じて、成長していく物語。

最初はマキの方が渚の料理に助けられるんだけど、

そんな渚にも実は心に背負ったキズがあった。

 

奇妙な関係を通して、少しづつ打ち解けていく2人。

ゲイの渚がマキとくっつく日は来るのか?

 

というのが、だいたいのお話の展開となっております。

 

 

料理を通して成長していく2人の姿は感動できるんだけど、

とりあえず、この漫画 「絵がヘタです(笑)」

 

(笑)ごとではないですが、キャラにしても、料理にしても

あまり魅力的ではないです。あくまで個人的にですけど。

 

映画化した方が漫画よりも楽しめるような作品に思えました。

料理も本が出ているし、実写で見た方が料理の魅力も伝わりやすいかと。

 

野菜をテーマにした漫画は読んだことがなかったので、

読んでいて楽しかったです。ベタですけどやっぱり野菜は大事だなと思いました。

 

キャラの絵は苦手ですけど、性格やストーリーは面白かったので、

やはり映画は楽しみな作品になるかと思っています。

 

ま~、世の中的にはあまり流行らないかもしれませんが、応援しています。

 

 

漫画のネタバレはこっちで書いてます。

にがくてあまいの最終回をネタバレ(漫画)

 







 

 

Google336

Google336

関連コンテンツ



-漫画
-, , ,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.