洋画

アイアンマン あらすじとネタバレ

2008年に公開された映画「アイアンマン」

記念すべき「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第1作品。

 

超今さらですが、マーベルシリーズが面白くて観たくなったので

不定期ですがマーベルシリーズの内容を紹介していきたいと思います。

 

映画予告

 

 

スポンサーリンク

あらすじ

父親から会社を受け継いだ天才トニー・スタークは次々と画期的な兵器を作り出していく。

 

兵器「ジェリコ」を開発し、そのテストでアフガニスタンへと赴くが、

そこでテロリストに襲撃され、自分の会社のミサイルで爆撃され心臓に深手を負ってしまう。

 

そのままテロリストに捕まったトニーはテロリストから「ジェリコ」を作るように強要される。

同じく捕まっていたインセン博士と「ジェリコ」制作に取り掛かるが、それはフェイクだった。

 

2人はここから脱出するべく、アークリアクターとパワードスーツ「マーク1」を開発する。

※おんぼろの施設で。

アークリアクターはこんな感じです。

マーク1はこんな感じです。

 

※アークリアクターはトニーの心臓付近に刺さっているミサイルの破片を

心臓に刺さらないようにする機能と「マーク1」の動力源としての機能がある。

 

スーツが完成し、その起動準備に時間が掛かりインセンが時間を稼ぐため1人でゲリラに突撃する。

しかしゲリラのボスに撃たれてしまい、死んでしまう。

(インセンの家族はすでに亡くなっていて彼も死ぬことを望んでいた。)

 

トニーは未完成のパワードスーツでなんとかゲリラから逃れ、アメリカへ帰還する。

トニーの変化

トニーは自分の開発した兵器が平和のために必要なものだと考えていた。

しかし自分の兵器によって死んでいく人の姿を見て兵器の開発を辞めると会見した。

 

そして会社の誰にも秘密にして本格的にパワードスーツの開発をし、

「マーク2」、さらには高高度での氷結防止を施した「マーク3」を完成させる。

 

オバディアの野望

トニーの変化に反対したのは父と会社を育ててきた副社長のオバディアだった。

彼は元々ゲリラ組織「テン・リングス」を影で操っていた張本人。

 

トニーの変化よりも前にトニー暗殺を目論んでおり、

失敗した後は「テン・リングス」が拾い集めた

「マーク1」の残骸からパワードスーツを再現する。

 

「マーク1」を手に入れたオバディアは「テン・リングス」を壊滅させ、証拠を隠滅した。

 

しかし動力源であるアークリアクターはトニー以外は作れない代物だったので

オバディア自らトニーのアークリアクターを奪い「マーク1」を起動させるのだった。

 

ペッパー

 

トニーの会社の秘書。

トニーとは長い付き合いなのか「知人の中で最も信頼できる人物。」と評されていました。

 

トニーとの関係は当然の流れのように秘書から恋人になるのかと思っていましたが、

ペッパー自身が社内での自分の立場を客観的に見ている部分が強くて恋愛に踏み出そうとはしません。

 

そんなペッパーですが、ストーリーではオバディアの目論みをパソコンから盗み出し、

彼がトニーを暗殺しようとしていた張本人だという証拠を掴みます。

スポンサーリンク

結末

オバディアにアークリアクターを抜かれたトニーは

最初に作ったアークリアクターでなんとか生き返る。

 

しかしオバディアと戦うにはエネルギーが充分ではなく不利な状態だった。

それでもペッパーを救うため、トニーはオバディアと戦う。

 

トニーの戦略は以前自分が体験した「氷結」を利用しオバディアを高高度まで誘い込む。

見事オバディアを氷結させましたが、オバディアのスーツを破壊することはできなかった。

 

最後の手段としてリアクターを爆発させる方法を思いつく。

ペッパーに頼み、その準備ができたがトニーの逃げる時間がなかった。

 

トニーは「スイッチを押せ」と言い、「あなたも死んでしまう」とペッパーは躊躇する。

それでもトニーが押せと叫んだので仕方なくペッパーはスイッチを押す。

 

巨大な柱のような光が天を突き抜けていく。

その衝撃でオバディアは気を失い、そのままリアクターに落下し大爆発を起こす。

 

翌日、爆発の件に関して記者会見を開くことになった。

その際にトニーのアリバイなどを用意したのが、

スーパーヒーローを管理する組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」だった。

 

爆発事故中トニーはヨットで乗っていたことにして、

オバディアは小型機事故に遭ったことになっていた。

 

メモの通りにアリバイは話そうとしていたトニーだが、

「真実は?」という質問に関して我慢できずに

「私がアイアンマンだ」と答えてしまう。

 

エンドロール後にS.H.I.E.L.D長官のニックフューリーが出てきて

「アベンジャーズの話がしたい」と言って物語は幕を閉じます。

 

関連コンテンツ

よく読まれている記事



管理人の動画配信サービスおすすめランキング

music.jp

music.jpは動画配信だけじゃなく、音楽や漫画も提供しているサービスです。 現在キャンペーン中で「1780コース」に登録すると30日間の無料お試しコースを体験することができます。 30日間無料なのに「最新映画が5本鑑賞できる」のは動画配信サービスの中でもmusic.jpだけです。 いつ終わるかわからないキャンペーンですので無料体験をするなら今がベストなタイミングです。

Netflix

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、その数はなんと1億人以上。ケタ外れの会員数です。

Netflixが会員数を伸ばし続けている理由は「オリジナルコンテンツ」の多さにあります。

どこでも観ることのできないコンテンツを多数抱えているからこそ「それを観たい」と思う人たちが集まってくる。それがNetflixの強みです。

その勢いは日本まで届き、ぞくぞくと日本のオリジナル作品も増えていっています。今観るにしても、今後観るにしても目の離せないサービスの1つだと感じています。

Hulu

Huluはもともとアメリカのサービスなので強みは「海外ドラマ」です。一度は名前を聞いたことのある海外ドラマはだいたいHuluで鑑賞できます。有名海外ドラマが好きな方はHulu一択でいいと思います。

また日本の事業を日テレが買収したことによって日本向けの作品が充実しています。

日テレで放送されているドラマはもちろんバラエティ・アニメなどたくさんのジャンル・種類の番組を観ることが可能です。

月額933円(税抜)で見放題とは思えない内容になってきているので一度Huluのサイトで作品を確認してみてください。

おすすめの記事

1

music.jpはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。   動画だけではなく専門チャンネル・音楽・漫画・書籍を1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 &nbsp ...

2

NetflixはHuluと同じくアメリカに拠点を置く会社ですが、Huluと比べ規模がケタ違いです。会員数は全世界で1億人を突破し、190以上の国と地域で運営されています。 それだけの市場規模を支えてい ...

3

動画配信サービスの中でなぜか「悪評」の高いU-NEXT。「入る価値がない」と数多く言われているサービスですが「それは言い過ぎ」と継続していた僕は思うので、今回は「U-NEXT」のメリット・デメリットに ...

4

動画配信サービスを利用する上で最初に言っておきたいことは「すべての作品を観たいならレンタル屋さんが最強」だということです。 洋画・邦画・ドラマの新しい作品、古い作品をすべて網羅している動画配信サービス ...

5

動画配信サービスは映画やドラマ・アニメなど僕たちが普段観ているエンターテイメントをインターネットを通して観る新しい動画の鑑賞ツールです。 無料でいえば「youtube」「Ameba TV」「ニコニコ動 ...

6

アメリカでは絶大な人気を誇り作品のすべてがヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」 魅力的なヒーローたちが同じ世界観で登場する作品で、現在22作品が2019年までに公開される予定になっています。 それ ...

7

TYPE-MOONの人気作品「Fate」シリーズ。 人気があるだけに現在もシリーズ化され、どの順番で観ていけばいいのかわかりづらくなってきています。 ほとんどの作品を観ている僕が個人的ではありますが、 ...

8

邦画史上最高におもしろくない作品を集めてみました。 内容がおもしろくなさすぎて逆に笑えてくる感想もご覧下さい。   デビルマン(2004) 世間の感想 ビートたけしが自身の「みんな~やってる ...

9

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。 今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】と ...

10

「君の名は。」で宮崎駿監督だけが達成していたアニメで100億円以上の 興行収入を記録した新海誠監督。   今回は新海監督の作品を映画だけではなく、短編アニメーションなども加えて紹介し、 作品 ...

11

洋画といえば字幕で楽しむのが個人的には好きなので 吹き替えを見る事は普段ないのですが、最近読んだ記事で「吹き替えが酷過ぎる映画」 というものが存在するようなので自分なりに調べてみました。   ...

12

huluでは配信作品が随時更新されています。 作品が増えすぎてどれを見ていいかわからない! っていう人のためにおすすめ作品を紹介していきます。   ※現在2017年4月時点での情報であり、 ...

-洋画
-, ,

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.