邦画

イニシエーション・ラブの意味は?最後の2行の言葉とは?

ちょっと古い小説「イニシエーション・ラブ」が映画化されます。

公開は2015年5月23日。

 

キャストは松田翔太と前田敦子。

なんだかんだといいながら前田敦子は

きっちり女優としてスクリーンに出てるな。

と違うところで感心しております。

 

興味があったので、衝撃の内容について書いていきます。

 

 

実写化が不可能な理由。

今回実写化された「イニシエーション・ラブ」

この内容からいって実写化は不可能なんです。

 

なぜなら、この物語は叙述トリックが使われているからです。

 

文章上で仕掛けをして、読者に勘違いさせるというやり方です。

だから実写でやると仕掛けがモロバレなわけです。

 

特にこの「イニシエーション・ラブ」という物語は、

男女の恋物語、、、

ではなくて、ヒロインの2股物語。

 

ヒロインの繭子が2股としていて、

呼び名が同じ男が2人いるということが

巧妙に隠されている作品なんです。

 

だから実写化して、2人の違う男が出てきたら

その段階で2股しているのが

モロバレになってしまうので

実写化は確かに不可能です。

 

映画の売り文句である

「原作とは違うエンディング」

これはまぁ当然の結果ですよね。

 

だから今回内容をネタバレしていきますが、

原作を知った方がよりおもしろくなると思うので

紹介していきます。

 

原作のラストの2行はこれ。

原作の舞台は1986年~1987年の静岡。

 

舞台はかなり昔の設定なので

まったくイメージが湧きませんが、

ヒロインの繭子(まゆこ)が2人の男と恋をする物語です。

(文章上では1人の男と付き合っているようにしか見えませんが)

 

作中では一連の恋愛プロセスを

「イニシエーション・ラブ」

と言っており、初めて付き合った相手に

対しては過剰な期待をしてしまうものですが、

実はそれはただの通過点でしかないんだよ。

 

今の恋愛がずっと続く絶対的なものではないんだよ。

と言っています。

 

でも個人的にいえば、繭子が経験した恋愛は

けっこうヘビーな恋愛じゃないか?

って思いますけどね。

 

浮気はともかくとして、中絶までしてしまっていますから。

 

ストーリーはside-Aとside-Bに分かれており

それぞれ1つの物語になっているかのようですが、

AとBでは登場する男が違う人物になっています。

 

さらにいうと、小説の流れでは

A→Bと読んでいくことになりますが、

時間の流れはB→Aと逆の流れになっています。

 

ストーリーは「たっくん」という男との恋愛が

描かれています。

 

この「たっくん」という男の名は夕樹

「夕」が「タ」に見えることから「たっくん」と

呼ばれています。

 

ただ、Side-Bに入ったあたりから

「たっくん」の性格が豹変したり、

繭子と過ごした出来事に矛盾が生じることから

読んでる人は「あれっ?」と思うわけです。

 

これももちろん伏線になっており、

読んでる人は疑問に思いながら読み進めて行き

最後の最後のセリフで「うわっ どういうこと?」

となります。

 

その最後のくだりが、

 

「……何考えてるの、辰也?」

「何でもない」と僕は答え、追想を振り払って、

美弥子の背中をぎゅっと抱き締めた。

 

このどんでん返しがこの小説を

ただの恋愛小説からミステリー要素のある

小説に変えてしまったんですね。

 

今となっては、けっこう使われている手法ですが、

当時は斬新でかなり話題になったようです。

 

映画がどんな結末になるか楽しみですね。

では。

 

 

 

関連コンテンツ

よく読まれている記事



管理人の動画配信サービスおすすめランキング

music.jp

music.jpは動画配信だけじゃなく、音楽や漫画も提供しているサービスです。 現在キャンペーン中で「1780コース」に登録すると30日間の無料お試しコースを体験することができます。 30日間無料なのに「最新映画が5本鑑賞できる」のは動画配信サービスの中でもmusic.jpだけです。 いつ終わるかわからないキャンペーンですので無料体験をするなら今がベストなタイミングです。

Netflix

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、その数はなんと1億人以上。ケタ外れの会員数です。

Netflixが会員数を伸ばし続けている理由は「オリジナルコンテンツ」の多さにあります。

どこでも観ることのできないコンテンツを多数抱えているからこそ「それを観たい」と思う人たちが集まってくる。それがNetflixの強みです。

その勢いは日本まで届き、ぞくぞくと日本のオリジナル作品も増えていっています。今観るにしても、今後観るにしても目の離せないサービスの1つだと感じています。

Hulu

Huluはもともとアメリカのサービスなので強みは「海外ドラマ」です。一度は名前を聞いたことのある海外ドラマはだいたいHuluで鑑賞できます。有名海外ドラマが好きな方はHulu一択でいいと思います。

また日本の事業を日テレが買収したことによって日本向けの作品が充実しています。

日テレで放送されているドラマはもちろんバラエティ・アニメなどたくさんのジャンル・種類の番組を観ることが可能です。

月額933円(税抜)で見放題とは思えない内容になってきているので一度Huluのサイトで作品を確認してみてください。

おすすめの記事

1

music.jpはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。   動画だけではなく専門チャンネル・音楽・漫画・書籍を1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 &nbsp ...

2

NetflixはHuluと同じくアメリカに拠点を置く会社ですが、Huluと比べ規模がケタ違いです。会員数は全世界で1億人を突破し、190以上の国と地域で運営されています。 それだけの市場規模を支えてい ...

3

動画配信サービスの中でなぜか「悪評」の高いU-NEXT。「入る価値がない」と数多く言われているサービスですが「それは言い過ぎ」と継続していた僕は思うので、今回は「U-NEXT」のメリット・デメリットに ...

4

動画配信サービスを利用する上で最初に言っておきたいことは「すべての作品を観たいならレンタル屋さんが最強」だということです。 洋画・邦画・ドラマの新しい作品、古い作品をすべて網羅している動画配信サービス ...

5

動画配信サービスは映画やドラマ・アニメなど僕たちが普段観ているエンターテイメントをインターネットを通して観る新しい動画の鑑賞ツールです。 無料でいえば「youtube」「Ameba TV」「ニコニコ動 ...

6

アメリカでは絶大な人気を誇り作品のすべてがヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」 魅力的なヒーローたちが同じ世界観で登場する作品で、現在22作品が2019年までに公開される予定になっています。 それ ...

7

TYPE-MOONの人気作品「Fate」シリーズ。 人気があるだけに現在もシリーズ化され、どの順番で観ていけばいいのかわかりづらくなってきています。 ほとんどの作品を観ている僕が個人的ではありますが、 ...

8

邦画史上最高におもしろくない作品を集めてみました。 内容がおもしろくなさすぎて逆に笑えてくる感想もご覧下さい。   デビルマン(2004) 世間の感想 ビートたけしが自身の「みんな~やってる ...

9

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。 今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】と ...

10

「君の名は。」で宮崎駿監督だけが達成していたアニメで100億円以上の 興行収入を記録した新海誠監督。   今回は新海監督の作品を映画だけではなく、短編アニメーションなども加えて紹介し、 作品 ...

11

洋画といえば字幕で楽しむのが個人的には好きなので 吹き替えを見る事は普段ないのですが、最近読んだ記事で「吹き替えが酷過ぎる映画」 というものが存在するようなので自分なりに調べてみました。   ...

12

huluでは配信作品が随時更新されています。 作品が増えすぎてどれを見ていいかわからない! っていう人のためにおすすめ作品を紹介していきます。   ※現在2017年4月時点での情報であり、 ...

-邦画

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.