洋画

ガールオンザトレインの犯人 ネタバレ(映画)、結末は凄いことに。

投稿日:2016年11月4日 更新日:

Pocket

「プラダを着た悪魔」などで知られるエミリー・ブラント主演で

2016年11月18日に公開される映画「ガール・オン・ザ・トレイン」

 

原作はポーラ・ホーキンズさんで世界的に大ヒットした作品。

映画のキャッチコピーでもある

「衝撃のラストに世界が震撼」の結末を紹介していきます。

 

567142d87ea08356ce8cfdfb95a4612e_s

ストーリー

心に傷を負ったアルコール依存症のレイチェルが
偶然目撃した若い人妻失踪事件に巻き込まれていく物語です。
人妻は遺体となって発見され、疑惑の目はレイチェルに向けられます。

 

自分ではないと主張し、自ら犯人を探し始めるレイチェル。
一体若い妻は誰に殺されたのだろうか?

 

物語をキャラクター視点から紹介していきます。

 

レイチェル

物語のヒロインでアル中の妄想女。

 

若い妻(メガン)のことを理想の自分だと思っており、
彼女が夫以外の誰かとキスしているのを見て激高する。

 

彼女を問い詰めに行くが、ベロベロに酔っていたので記憶がない。

 

その後、メガンが遺体となって発見されたことにより
現場にいたレイチェルに疑いの目が向けられる。

 

もしかしたら自分がやった可能性もあると犯人捜しをするが、
基本的に妄想で発言することが多く、
的外れな発言をして犯人探しの妨害をしている状態。

 

本人は至ってマジメなつもりだが、アルコール依存というイメージが
先だって周りからのまったく信用がない。

 

レイチェルの記憶違いが混乱を招くが、
アルコールをやめ、時間と共に戻ってくる記憶によって
恐ろしい事実が明らかになる。

 

メガン

レイチェルがいつも電車から覗いている家に住む若き妻。
幸せそうな家庭の様子はまさにレイチェルの理想とする姿だった。

 

だが、誰かに殺され遺体となって発見される。

 

遺体となって発見されたことによって
メガンの過去が明かされていく。

 

それは決してレイチェルの目指す理想の妻などではなく、
お風呂で寝てしまい、我が子を溺死させてしまったり、
本当は男にだらしないなど、理想の妻でないことが明らかになる。

 

レイチェルが「娼婦!」と叫んでいたのもあながち間違いではない。

 

アナ

レイチェルの元夫トムの現在の妻。子供が1人。
レイチェルのことをかなり恐れており、(行動がおかしいから。)
彼女が視界に入るだけで嫌悪感を出す。

 

子育てができず、メガンにベビーシッターとして
働いてもらうが、見離される。

 

 

 

ネタバレ

レイチェルはメガンがいなくなった当日の記憶を失っていた。
それは酒のせいで酔っ払っていたせいもあるが、
彼女が記憶がないのは殴られたこともその一因としてあったのだ。

 

その記憶はあいまいなのに、
彼女の頭の中で適当につなぎ合わせて
適当なことを言うので的外れなように聞こえていた。

 

犯人を探していく過程で
レイチェルの記憶と本当の事実もわかり始める。

 

レイチェルが仕事をクビになったのは
彼女の上司であるマーサという女性に酒を飲んで
暴言を吐いて人間関係が悪くなったせいだと
トムから聞かされていた。

 

しかし、実際にマーサに謝ってみると
レイチェルは酒を飲んで気分を悪くしただけであり
マーサに暴言など吐いていなかった。

 

それだけじゃなく、仕事をクビになったのは
レイチェルではなく、トムの方だということもわかった。

 

彼女があの日の記憶をはっきりと思い出すのは
メガンが彼女のセラピストとキスをしているのを見て
彼女に文句を言おうと、電車から降りて行ったトンネルを
通った時だった。

 

文句を言おうとしたが、レイチェルに気付いたメガンが
トムにそれを告げると、トムはレイチェルを殴りつける。

 

 

倒され、意識が朦朧としているところを、
たまたま居合わせた若者に拉致られそうになるが
いつもレイチェルが乗っている電車の乗客に助けられる。

 

が、酔っていた為かレイチェルは助けてくれた男性に暴言を吐く。
(酒を飲んだレイチェルはかなりウザイ。)

 

そしてトムはメガンと一緒に車で立ち去るのだった。

 

トムとメガンは森の中を歩き、まったく人気がなくなった場所で
エッチなことをはじめようとする。

 

メガンとトムは不倫関係にあったのだった。

 

しかし、メガンが
「私、妊娠したの」と告げると、
トムはかなり動揺しながら「おめでとう」という。

 

そしてトムは「中絶してくれ」と頼む。
しかし、メガンはそれを拒否。

 

キレたトムは彼女を殴り倒し、
顔面に2発、蹴りを入れて気絶させる。
(ここでのトムは鬼畜としかいいようのない
遠慮のない蹴りをかましていました。)

 

そして、岩陰に連れて行き、大きな石を
メガンめがけて何度も叩きつけるのだった。

 

スポンサードリンク



 

結末

レイチェルはトムとメガンが一緒に立ち去るのを思い出した。

 

すぐにレイチェルはトムの元へ行くが
家にはアナしかいなかった。

 

レイチェルはアナに思い出したことを告げるが
やはり信用されなかった。

 

だが、アナ自身も家でボイスレコーダーを見つけ、
その中でトムとメガンが会おうと会話しているのを知っていた。

 

しかしそれでもアナはトムを愛していたので
ボイスレコーダーを投げ捨て聞かなかったことにした。

 

トムが帰宅し、レイチェルが詰め寄ると
トムが態度を豹変させ、レイチェルをコップで殴りつけ失神させる。

 

目を覚ましたレイチェルの前にトムが座っていた。

 

レイチェルは頭のダメージでうまく動けない。
殺されそうになったレイチェルだったが、
なんとかその場から逃げる。

 

しかし、家の外に逃げたレイチェルをトムは追いかけ
レイチェルはトムに捕まり、振り向いた瞬間、

 

ワインオープナーでトムの首を刺した!

 

もだえ苦しむトムに
家から出てきたアナはとんでもない行動に出た。
(レイチェルが気絶している間に
なぜか2階に上がり、外に出てくるレイチェルを見ていた)

 

トムの首に突き刺さったワインオープナーを
さらにぐるぐる回して、トムに止めを刺したのだ。

 

警察で事情を話したレイチェルは
「他に選択肢がなかった。あれは正当防衛です。」
と話す。

 

アナも「レイチェルが言ったことはすべて正しかった。」
と証言します。

 

そして、事件解決。

 

レイチェルは人生を再びやり直すのでした。

 

 

というわけで、「ガール・オン・ザ・トレイン」のネタバレでした。

 

かなりドロドロとした現場でしたが、

トムはかなりの鬼畜っぷりを発揮。

 

メガンはかなりのエロスを発揮していました。

あれは男なら誰でも不倫したくなっちゃうかも。

 

公開は11月18日からです。

 

映画予告

 

 





Google336

Google336

関連コンテンツ



-洋画
-,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.