おすすめ
music.jpは30日間無料お試しキャンペーンで10660円分のポイントがもらえます。

music.jpとはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。 動画配信サービスだけではなく音楽や漫画・小説なども1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 今まで色んな動画配信サ ...

ニュース・トリビア・まとめ

クレヨンしんちゃんの映画をおすすめ別にランキングしてみました。

更新日:

Pocket

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。

今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】とは笑いたい時に見たい作品・泣きたい時に見たい作品などです。

興行収入=面白さではないと感じている部分もありますが目安として書いておきます。

そして個人的ではありますが★で評価もしています。(5つで満点)。あくまでも個人的評価なので参考程度に見てくださいね。

ちなみに「クレヨンしんちゃんの映画」はすべてAmazonプライムビデオで観ることができます。

プライム会員はAmazonを普段使っている人は入らないと損なサービスなので入ってない人は入っておくべきサービスですよ。

※2018年3月30日現在、Amazonプライムビデオでクレヨンしんちゃんの映画は鑑賞できません。

 

 

※追記 2018年4月16日現在、Netflixで2017年までの映画(シリリ)が鑑賞可能になっていました。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

クレヨンしんちゃんの泣ける映画ランキング

 

1位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦【2002年 13.0億円】

個人的評価 ★★★★★

あらすじ

家族全員が夢見た綺麗な女性の夢。それは戦国時代からのメッセージだった。

天正2年にタイムスリップしたしんのすけは武士の井尻又兵衛と出会い共に時を過ごす。

一方しんのすけを追ってタイムスリップした野原一家はしんのすけと無事再会を果たすが戻る方法がわからず、そのまま又兵衛の世話になっていた。

又兵衛の想い人、姫の「廉(れん)」の婚約が破棄されたことがきっかけとなり戦が始まる。圧倒的に不利な戦いの中、又兵衛は国を守ることができるのか?そして野原一家は無事現代に戻ることができるのだろうか?

感想

「クレヨンしんちゃん史上最高に泣ける映画」です。

緩急をつけた展開になっていて、突然そうなったのではなく伏線があり、それが見事に回収されていることも良かった。

また、お互いに想い合いながらも決して結ばれることのない「身分」や明日死ぬかもしれないという時代背景もあり、より泣ける条件が揃ってたように思えます。

今の時代がいかに「平和で幸せ」かということをしみじみと感じました。戦に怯えていたひろしの気持ちがよくわかります。

泣けるという点だけではなく作品としてもクレヨンしんちゃんの映画の中で1、2位を争う出来です。

 

2位 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん【2014年 18.3億円】

個人的評価 ★★★★★

あらすじ

しんのすけと遊んでいる時にギックリ腰になってしまったひろし。

くだらない理由で動けなくなったことでみさえに邪険にされ、仕方なく外へ行くと、巨乳のお姉さんに謎のマッサージ店に誘われマッサージを受けて目が覚めると「ロボット」になってしまっていた。

ひろしとまったく同じ記憶を持っているがその姿にみさえは怯え事実を受け入れようとしない。

落ち込みながらも共に過ごすうちに絆が芽生えるのだが、ひろしがロボットにされたのは「頑固おやじ」復活の為で利用され暴走することになる。

果たしてひろしは元の姿に戻り一家は平穏な日常を取り戻すことができるのか?

感想

初めてひろしが主人公となった映画です。正直こういった展開になるとは思っていなかったので驚かされたことと、ロボとーちゃんが本当にかわいそうで泣けました。

最後の対決はちょっと退屈に感じましたが、ロボとーちゃんの最後のシーンは父親なら感情移入してしまうこと間違い
なし。というくらい泣けます。

 

3位 電撃!ブタのヒヅメ大作戦【1998年 14.0億円】

個人的評価 ★★★★★

あらすじ

秘密結社ブタのヒヅメから極秘データを盗んだSMLのコードネーム"お色気"はブタのヒヅメの追跡に遭い、しんのすけたちが乗っている屋形船に逃げ込む。

そこをブタのヒヅメに捕まり、屋形船は粉々になり、安否不明になるしんのすけたち。

ひろしとみさえはその事実を知り絶望するがSMLのコードネーム"筋肉"が現れ、しんのすけの無事を告げる。しんのすけを助けるため、ひろしとみさえは香港へ。

ブタのヒヅメの世界征服の野望を阻止し、しんのすけは無事家へ帰れるのか・・・

感想

お笑い的な要素も数多くありますが、クレヨンしんちゃんらしからぬ本格的な格闘シーンが満載の映画。

「救いのヒーロー」であるぶりぶりざえもんが悪役で登場しますが、しんのすけによって正義に目覚めるシーンと最後の飛行船のシーンは泣けます。

ストーリーも飽きることなく無駄のない作りで文句のない作品でした。

 

クレヨンしんちゃんの笑える映画ランキング

1位 映画クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡【1997年 11.0億円】

個人的評価 ★★★★

あらすじ

その昔、「珠由良(たまゆら)族」と「珠黄泉(たまよみ)族」という一族がおり、互いは良好な関係を築いていた。

しかし珠黄泉族からズバ抜けた霊能者が現れ、魔人ジャークを従え世界を征服しようとした。その目論みは珠由良族と珠黄泉族が多大な犠牲を払って阻止し、魔人をハニワに封じ込め、その力の結晶を2つの玉に変えた。

ハニワは地中深くに埋められ、結晶は珠由良族が保管し、魔人を操る魔ン棒(まんぼう)を珠黄泉族が保管することになった。

時は現代、ハニワが土中から発見され、何者かに盗まれる。ひょんなことから結晶を拾ってきたしんちゃんだったが、その玉を誤ってひまわりが飲みこんでしまい、野原一家は事件に巻き込まれることに。

魔人の復活を阻止し、野原一家に平穏な日々は訪れるのか?

感想

ストーリーはシリアスな場面もけっこう多いのですが、それ以上にギャグが多いので、笑いで中和されたような内容になっています。

メインであるオカマ3兄弟のキャラが好きでかなり笑えます。「オカマであることにまったく後ろめたさを感じていない。むしろ誇りを 持っている」という定番のオカマなので好きですね。

この作品以降「オカマキャラ」は封印され出てきていません。時代の流れなんですかね。寂しい限りです。

 

2位 クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国【2009年 10.0億円】

個人的評価 ★★★★★

あらすじ

ある日しんのすけが拾ってきた謎の薬を飲んでしまったことで身体が動物へと変化してしまったひろしとみさえ。その原因は人間を動物へと変え、環境を守るという過激な思想を掲げている「SKBE(スケッベ)」の仕業だった。

SKBE(スケッベ)に囚われ、人間から徐々に心も動物化していくひろしとみさえをしんのすけは救い出すことができるのか?

感想

「笑って楽しめて泣ける」3拍子揃った映画。個人的には傑作ですがあまり売れなかったみたいですね。みさえのしんちゃんの回想はベタながらも泣けます。

家族がテーマだから年齢を重ねてから見ると違った見え方になるのがしんちゃんの良い所です。

 

クレヨンしんちゃんの怖い映画ランキング

 

1位 クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!【2006年 14.0億円】

個人的評価 ★★

あらすじ

カスカベには周りの人間が"いつの間にか本物と偽物が入れ替わる"という噂が広がっていた。

それを裏付けるかのようにマサオに優しいあいちゃんややけにノリのいいよしながせんせいがいた。

偽物の共通点は「サンバを踊ること」以外、目的も意味も不明だった。そして偽物の魔の手は野原一家にも及ぼうとしていた。

本物のカスカベ市民はどこにいるのか?そして偽物たちの目的とは?

感想

しんちゃん映画でとてつもなく怖いと思える作品で、特に風間くんのママは出てくる映画を間違えてると思えるほどグロかったです。

子供が見るにはかなりの恐怖映画ですが、ストーリーは本当に面白くないです。この前半のホラー要素はまったく意味がないのでは?と思える程動機と繋がりがなかったです。

というかホラー要素必要ないよね?っていう内容です。

 

2位 映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険【1996年 12.0億円】

個人的評価 ★★★★

あらすじ

群馬にある遊園地「ヘンダーランド」。そこはただの遊園地ではなく、世界征服をたくらむマカオとジョマの城だった。
ヘンダーランドで出会った人形「トッペマ・マペット」はしんのすけに助けを求め、使用者の願いを叶えてくれる魔法のトランプ「スゲーナ・スゴイデス」を受け取る。

戦う事を嫌がっていたしんのすけだったが、ひろしとみさえが攫われたことでマカオとジョマを倒す決意をする。そして2人が囚われているヘンダーランドへ向かうのであった。

感想

お化け屋敷的な怖さはないのですが、ス・ノーマン先生がじわりとしんちゃんへと迫っていく一連のシーンは見ていて怖いし、みさえとひろしの人形が襲ってくるシーンも子供が見たらトラウマになってしまうのではと思います。

マカオとジョマとの対決シーンはいつものしんちゃんらしい劇画タッチの展開で笑えます。

 

3位 映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃【2016年 21.1億円】

個人的評価 ★★

あらすじ

周りの街では「集団悪夢シンドローム」と呼ばれる街の人々が悪夢に悩まされる現象が起きていた。

一方しんのすけの通うふたば幼稚園に転入生の貫庭玉(ぬばたま)サキがやってくる。必要以上に友達を作ることを拒否し、孤独になろうとするサキだったが、かすかべ防衛隊は彼女の友達となろうと悪戦苦闘していた。

その頃からカスカベ市民は皆同じ夢を見るようになり、夢は悪夢へと変わっていく・・・

感想

女の子の友情が目立つ映画でした。映画ではほぼ活躍しないねねちゃんにスポットライトが当たり、サキちゃんの一貫したツンデレに共感し、友情が生まれました。ねねちゃんは決してその友情を裏切りませんでした。

そこは素直に感動できるのですが、個人的にはあまり好きじゃないです。

サキちゃんの親父の罪は相当なものです。あれをサラッと流して終わりにしているのがどうにも大人目線で見るとひっかかってしまいます。

 

4位 映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~【2015年 22.9億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

ひろしが仕事でメキシコに引っ越すことになった。野原一家はカスカベに別れを告げ、一路メキシコへ。

不慣れながらも環境に適応しようと奮闘する中、ひろしの海外赴任の目的であるサボテンの果実は実は「キラーサボテン」という人食いサボテンからなっている実だった。

サボテンは人々を襲い始める。しんのすけは無事危機を乗り越えることができるのだろうか?

感想

歴代興行収入1位の作品です。内容は非常に怖い。襲い来るサボテンに住人のほとんどが食われるというホラーっぷり。
倒しても倒しても復活するゾンビ要素もあり、より恐怖を際立たせます。

この作品は今までのしんちゃん作品とは違って最初に「泣き」ポイントがあり、それが風間くんとの別れなんですね。

余談ですが、園長先生の声優納谷六朗さんの最後の出演作ということでそういった視点でみるとまた違う「泣き」ポイントになるかもしれません。

 

しんちゃんがかっこいい映画ランキング

1位 クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者【2008年 12.0億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

暗黒世界である「ドン・クラーイ」を支配したアセ・ダク・ダークは自身を脅かす3つの宝「金の矛」「銀の盾」「銅鐸」を手中に収めようとするが「金の矛」と「銀の盾」は地球へ送られ行方不明になった。

地球をも支配しようとするダークはドン・クラーイと地球とを繋ぐ鍵であるしんのすけを利用し、残りの2つの宝も集めようとしていた。野原一家はダークの魔の手から地球を守ることができるのか?

感想

「しんちゃん史上最も追いつめられた映画」です。

いつもならしんちゃんと仲間や野原一家が協力して目的を達成していく流れですが今回は誰の助けもなくしんちゃん1人で戦うスタイルです。

きっと普通の5歳児なら泣いて逃げるところですが、しんちゃんが勇気を振り絞ってダークに立ち向かっていく姿は「かっこいい」の一言です。

 

2位 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦【2011年 12.0億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

外国のとある国「スカシペスタン共和国」が「ヘーデルナ王国」からオナラ兵器「メガヘガデルⅡ」を奪うために「鍵」となるしんのすけを利用しようとスパイ一家で英才教育を受けたレモンが現れる。

訓練を受けたしんのすけとレモンは「メガヘガデルⅡ」を盗むことに成功するが、捕らえられた野原一家を実験台にしたことでレモンの心に国に対する疑念が生じる。野原一家は無事日本へ戻ることができるのか?

感想

一度は裏切られたしんちゃんですが、レモンのために一緒に行動を共にする所がカッコよかったです。なんだかんだで優しいしんちゃんらしさがあったと思います。

子供の行動によって大人が何かに気づかされるという展開はありきたりですが何か心に残ります。

自分目線で子供に何かを押し付けることは意識していてもついついやってしまいがちです。自分が見ている世界が絶対に正しいわけではないと教えてくれる作品でもありました。

 

3位 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶオラと宇宙のプリンセス【2012年 9.8億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

ひまわりの自分勝手な行動に「ひまなんかいらない」と口走ってしまうしんのすけ。そこに現れたのはヒマワリ星からやってきた宇宙人。

ヒマワリ星と地球の為にひまわりが必要だという宇宙人に対してしんちゃんは簡単にひまわりを渡す契約をしてしまう。しかしヒマワリ星に着いた野原一家に待ち受けていたのは「ひまわりが地球に帰れるのは30年後」という過酷な事実だった。ひまわりを取り戻し無事地球に帰れるのか?

感想

「兄妹あるある」の「お兄ちゃんなんだから。」という言葉に理不尽さを感じ、勢いで妹を売ってしまったしんちゃんが妹に対してちゃんとお兄ちゃんになってあげるシーンがカッコよかったです。

映画は順不同で見ていたので知らなかったのですが、映画ではしんちゃんはよく「泣き」ます。テレビでは見ることのないシーンだったので泣いてまでひまわりのことを助けたいという行動に心打たれました。

 

4位 映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁【2010年 12.5億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

「5歳のオラが必要だ。」そう言って石にされてしまった未来のしんのすけ。未来の嫁であるタミコは過去にタイムトリップし、しんのすけに一緒に未来へ来て欲しいと頼む。

嫌々連れていかれたしんのすけが見た未来は一日中夜のような光のない世界だった。大人のしんのすけを捕らえている金有増蔵から石となったしんのすけを救うことができるのか?

感想

原作者の臼井 儀人さんが亡くなってから初の映画。エンドロールでは臼井さんに向けて感謝のメッセージが書かれています。

感動できるのはそこだけはなく、しんちゃん自身がタミコに対して「タミコは自分の嫁さんだ。」と気持ちを素直に言っているのが個人的に好きです。

しんちゃんが女性に対して真面目に気持ちを語った記憶がないので余計に。あとは今後登場することはないと思われる「大人のかすかべ防衛隊」も見所です。

ほぼ予想通りの結果ですがそれでも見れてよかったです。しんちゃんだけ顔は出ませんが、あれはあれでよかったと思います。あくまでも「5歳児の園児」というのがしんちゃんだと思うので。

 

かすかべ防衛隊が活躍する映画

1位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ【2004年 13.0億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

かすかべ防衛隊の5人が遊んでいる時に偶然辿り着いた映画館「カスカベ座」。中に入ると映画館には誰もおらず映写機だけが動いていた。

タダで映画が見れると座席に着いた5人だったが、しんのすけは途中でトレイに行き戻ってくると誰もいなくなっていた。置いてけぼりをくらったと怒ったしんちゃんだったが夜になっても誰も帰宅していないことがわかる。

ひろしとみさえが映画館へ向かい映画を見ているといつの間にか映画の世界の中に入り込んでしまった。まったく知らない世界に来てしまった野原一家は果たして無事に帰ることができるのか?

感想

西部劇をモチーフにし、ミステリーのようなストーリーになっています

謎が多くてまったく映画から抜け出せず、徐々に映画のキャラクターになっていく野原一家を見ていて「大丈夫かな?」と心配になりました。

加えてつばきちゃんとの恋も平行していたのでカスカベに帰るという気持ちがさらに薄くなっているように思えました。しんちゃんが本気で女の子に恋をしているのはななこお姉さんともう1人だけということなのでけっこう貴重な映画ですね。

さらにラストシーンはけっこう憶測を呼んだみたいですが、監督自らそれを否定していました。僕はそもそもそ
こまでの深読みができてませんでした(汗)

 

2位 クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!【2013年 12.3億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

カスカベで開かれているB級グルメカーニバルに行きたかったしんちゃんはかすかべ防衛隊のメンバーと親に内緒で行くことになった。

道中女性から皆の目的だったソースの健の秘伝のソースを預かることになった。一方B級グルメカーニバルはB級グルメの存在を許さないA級グルメ機構に占拠され健は秘伝のソースで状況を変えようとソースの到着を待っていた。

そうとはしらないかすかべ防衛隊は道を間違えながらも会場を目指す。しんのすけたちは無事に健にソースを届けることができるのだろうか?

感想

ソースを届けることが目的ではなく、届けるまでの道のりがすごく良かったです。追いつめられてケンカしてまた協力して仲良くなってとかすかべ防衛隊の友情が強く打ち出されていました。

実際にソースなんかなくても問題は解決していたし、A級グルメ機構のグルメッポーイもトラウマから解放されてめでたしな結果になっています。

 

クレヨンしんちゃんのアクション満載の映画ランキング

 

1位 雲黒斎の野望【1995年 14.0億円】

個人的評価 ★★★★★

あらすじ

タイムパトロールであるリング・スノーストームは戦国時代に異常があることを検知するが何者かに襲われしんちゃんがいる時代へと流れつく。

身動きの取れなくなったリングはシロを使ってしんちゃんとコンタクトを取り戦国時代へ一緒に行くようにお願いする。野原一家は戦国時代へと到着し雲黒斎という男に国を滅ぼされた吹雪丸と出会う。

歴史を改変しようとしているのは雲黒斎だと確信したリングは吹雪丸と共に雲黒斎のいる城を目指すのだった。

感想

本格的なチャンバラ要素に加え、ストーリーが好きです。映画本編は感動というより「かっこいい映画」と言えますがあれだけ戦国時代に力を入れておいてまだ終わりじゃないの?という展開が驚きでここに感動しました。普通の映画だったら戦国時代で終わっていますよ。きっと。

 

2位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル【2000年 11.0億円】

個人的評価 ★★★★

あらすじ

アクション仮面の試写会が南海クルージングで開かれ、アクション仮面役の郷剛太郎もクルージングに参加することになっていた。

興奮したしんちゃんはみさえに頼み、かすかべ防衛隊の皆と南海ツアーに行くことになった。しかし船上で映画の試写会中に突如サルが現れ、大人たちを全員攫って行ってしまった。

取り残された子供たちは不安になっていったがしんちゃんがいつもの明るさで親が連れ去られた無人島に行こうと言い出し、かすかべ防衛隊のメンバーは無人島へと乗り込んでいった。

果たしてサルの目的は?大人たちは無事帰ることができるのだろうか?

感想

アクション仮面と無人島のボスであるパラダイスキングとの闘いがメイン。ですがかっこいいのはアクション仮面ではなく大人たちを救出しようと頑張っているカスカベ防衛隊の冒険でした。

くじけそうになってもお互いに手を取り合って頑張る姿はかっこいいし、友情って素晴らしいなぁと思わせてくれます。

最終的には苦戦するアクション仮面を精神的に支えたしんちゃんがおいしい所を持って行きましたね。

 

3位 映画クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王【1993年 22.4億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

アクション仮面は本当のヒーローだった!撮影中にハイグレ魔王にアクションストーンを盗まれ、パラレルワールドであるもう1つの地球に戻れなくなったアクション仮面とミミ子ちゃん。

そこで代役として選ばれたのがしんのすけだった。何も知らされぬままパラレルワールドへ連れてこられた野原一家は
アクションストーンを取り戻し、世界中をハイレグ人間にしようとするハイグレ魔王を倒すことができるのか?

感想

クレヨンしんちゃん第1作目となる映画。冒険モノの王道のようなストーリーでシンプルですが安心して観れる作品です。男の子向けの作品で女の子には少し退屈な展開かもしれません。

「しんちゃんらしい」ギャグや掛け合いが詰まった映画なので楽しめると思います。

 

4位 クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝【1994年 21.0億円】

個人的評価 ★★★★

あらすじ

商店街の福引きで当たったのは「ブリブリ王国」への5泊6日の海外旅行だった。喜んで出かけた野原一家だったが、それはしんのすけをブリブリ王国へ連れ出す口実だった。

謎の組織ホワイトスネーク団が狙うのはブリブリ王国の王子スンノケシと彼にそっくりなしんのすけだった。2人が揃う時、ブリブリ王国へ伝わる秘宝への扉が開く。野原一家は無事日本へ帰ることができるのか?

感想

一番驚いたことといえば、ひろしとみさえのラブラブ度(笑)。今は遠い目で見ているミッチーとヨシリンを彷彿とさせるいちゃつき具合で、なんとキスまでしています。

今ではお目にかかれないシーンなので一度見ておくといいですよ(笑)。

 

5位 クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦【1999年 9.0億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

「風呂嫌いテロ組織YUZAME(ゆざめ)」の手から地球を守るために、「温泉Gメン(おんせんジーメン)」が野原家の地下に眠る"金の魂の湯"を手に入れようとするが勝手に巻き込まれた野原一家は不満だらけ。

しかし巨大ロボットで自宅に迫るYUZAMEに対して怒りを覚えローン32年の家を守るために一家で奮闘する。

感想

わかりやすい「正義」と「悪」の戦い。戦隊モノが好きなお子様は最後は面白いかもしれません。

が、それまでの流れがたぶんつまらない展開になっていると思います。結構な割合で「夫婦ゲンカ」のシーンがあるんですが、けっこうしつこい(笑)。

ここらへんは見ていて少しダレてしまうかもしれません。興行収入は映画の中では最下位ですが個人的にアクションとロボットの構成なので好きです。

クレヨンしんちゃんの大人のことが嫌いになる映画ランキング

 

1位 クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃【2005年 13.0億円】

個人的評価 ★★

あらすじ

「3分後の未来を守る」時空調整員のミライマンは腹が減りすぎて野原家へ迷い込み、そこをみさえに見つかってしまう。

その場に留まらざるを得なくなったミライマンは本来なら正義の心を持った人に頼むはずだった怪獣退治を野原一家に任せるハメになる。

順調に怪獣を倒していったひろしとみさえだったが、徐々に敵も強くなっていく・・・果たしてボス怪獣を倒し、未来
を守ることができるのか?

感想

ウルトラマンやゴジラといった作品をオマージュした映画です。超王道のストーリー展開で徐々に敵が強くなり苦戦していくという定番の展開になっています。

そこはいいんですが、ヒーローになる快感が忘れらずに日常を放棄して怪獣退治に没頭していくひろしとみさえが嫌いです(笑)。基本的にはいい親なんですが、映画ではちょくちょく嫌な大人になる2人。

代わりにしんちゃんがひまわりの面倒を見るっていう展開も見ていてイライラしかありませんでした。あそこまで引っ張ったわりには最後の展開も面白くなかったのでそこも減点です。

2位 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲【2001年 15.0億円】

個人的評価 ★★★

あらすじ

カスカベに建設された「20世紀博」に大人たちはのめり込んでいた。それは子供をほったらかしにするほどで、ある日を境に大人たちはまるで子供のようになってしまい、カスカベの大人たちはどこかへ消えてしまった。

残されたしんのすけたちは事件の首謀者である「イエスタディ・ワンスモア」のケンから投降するように促されるが従わなかった。

強制的に捕まえに来るケンたちの追っ手を逃れ、洗脳されてしまった大人たちを元に戻すことができるのだろうか?

感想

懐かしさに浸るあまりダメになっていくひろしとみさえをしんちゃんが助け出すという展開で過去に留まらせようとするケンとの対立は「過去」と「未来」を象徴していて「未来への希望」がある子供達からすれば過去に押しとどめられることへの抵抗が当然あり、その行動が大人にも現実逃避をせずに生きろと突きつけてきます。

そこが面白いのでしょうが過去を懐かしむという感情があまりない僕には響かない作品でした。時代背景もけっこう古いのでそこらへんも原因かと思います。万博世代に響く作品なんでしょうね。

 

クレヨンしんちゃんのつまらなかった映画ランキング

1位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード【2003年 13.0億円】

個人的評価 ★

あらすじ

「今夜はヤクニク」豪華な肉を買うために生活費を削って肉を揃えたみさえ。野原一家全員がハイテンションだったが、突然家に車が突っ込んできて事態は急変。

しんのすけたちは謎の組織の身を追われるハメになった。焼き肉を食べるために謎の組織の追っ手を逃れ、本部のある熱海へ向かう野原一家。無事に夕飯は焼き肉を食べることができるのか?

感想

クレしんの映画で唯一「つまらない」と感じた映画。とにかく逃亡劇が冗長で意味がなく、しかもほとんどの時間をそこに使っているので見てられませんでした。

あんな大がかりな人海戦術を使って素人の家族4人を捕まえられないわけがないだろ。と思ってしまいちょっと冷めてしまったことと組織自体もくだらない動機で動いていたことにさらにガッカリしました。どこにも感情移入のできない珍しい作品です。

 

2位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!【2007年 15.0億円】

個人的評価 ★★

あらすじ

ケツだけ星人が隕石を破壊するために使った爆弾が不発弾となり地球へ不時着する。爆弾は沖縄に墜落し、たまたま旅行に来ていたしんのすけが発見するのだが誤ってシロのお尻に爆弾が取り付いてしまった。

爆発すれば地球ごと破壊する威力を持つ爆弾を排除したいUNTIと手に入れ世界を征服したいひなげし歌劇団との3つ巴の戦いが起こる。野原一家はシロから爆弾を取り外し一家でカスカベに帰ることができるのか?

感想

初めてシロにスポットが当たった作品。シロか地球の平和かの選択を迫られたひろしとみさえの諦めは当然わかりますし、そこをしんちゃんは曲げずにシロを助けようとする姿に心動かされます。

正しいとは思っていてもなかなかそれを押し通すことができない大人の難しさとそれをあっさり超えていくしんちゃんの姿は見ていてすごいなと思いました。

ただ別にケツだけ星人がいなくても成立する話だし、爆弾の性質もあんまり説明されなかったので爆発の条件がよくわからなかったのが残念でした。

 

まとめ クレヨンしんちゃん映画の名作・傑作は・・・

今回はクレヨンしんちゃんの映画24作品を「おすすめ別」に紹介しました。
僕の中でぜひとも観ていただきたい「名作・傑作」は、

  • 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
  • 映画クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望
  • 映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
  • 映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦
  • 映画クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

の5作品です。他も面白かったのですがこの5作品は抜群に面白かったです。

クレヨンしんちゃんの映画はユメミーワールドまで全作Amazonプライムで鑑賞できていましたが、2018年3月30日現在、プライムビデオで鑑賞することはできません。

とりあえず現状はレンタル屋さんでレンタルする以外に鑑賞方法はないですね。残念です。また配信されるまで待ちましょう。

 

関連コンテンツ

よく読まれている記事



管理人の動画配信サービスおすすめランキング

music.jp

music.jpは動画配信だけじゃなく、音楽や漫画も提供しているサービスです。 現在キャンペーン中で「2000コース」に登録すると30日間の無料お試しコースを体験することができます。 30日間無料なのに「最新映画が24本鑑賞できる」のは動画配信サービスの中でもmusic.jpだけです。 いつ終わるかわからないキャンペーンですので無料体験をするなら今がベストなタイミングです。

Netflix

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、その数はなんと1億人以上。ケタ外れの会員数です。

Netflixが会員数を伸ばし続けている理由は「オリジナルコンテンツ」の多さにあります。

どこでも観ることのできないコンテンツを多数抱えているからこそ「それを観たい」と思う人たちが集まってくる。それがNetflixの強みです。

その勢いは日本まで届き、ぞくぞくと日本のオリジナル作品も増えていっています。今観るにしても、今後観るにしても目の離せないサービスの1つだと感じています。

Hulu

Huluはもともとアメリカのサービスなので強みは「海外ドラマ」です。一度は名前を聞いたことのある海外ドラマはだいたいHuluで鑑賞できます。有名海外ドラマが好きな方はHulu一択でいいと思います。

また日本の事業を日テレが買収したことによって日本向けの作品が充実しています。

日テレで放送されているドラマはもちろんバラエティ・アニメなどたくさんのジャンル・種類の番組を観ることが可能です。

月額933円(税抜)で見放題とは思えない内容になってきているので一度Huluのサイトで作品を確認してみてください。

おすすめの記事

1

music.jpとはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。 動画配信サービスだけではなく音楽や漫画・小説なども1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 今まで色んな動画配信サ ...

2

NetflixはHuluと同じくアメリカに拠点を置く会社ですが、Huluと比べ規模がケタ違いです。会員数は全世界で1億人を突破し、190以上の国と地域で運営されています。 それだけの市場規模を支えてい ...

3

動画配信サービスの中でなぜか「悪評」の高いU-NEXT。「入る価値がない」と数多く言われているサービスですが「それは言い過ぎ」と継続していた僕は思うので、今回は「U-NEXT」のメリット・デメリットに ...

4

動画配信サービスを利用する上で最初に言っておきたいことは「すべての作品を観たいならレンタル屋さんが最強」だということです。 洋画・邦画・ドラマの新しい作品、古い作品をすべて網羅している動画配信サービス ...

5

動画配信サービスは映画やドラマ・アニメなど僕たちが普段観ているエンターテイメントをインターネットを通して観る新しい動画の鑑賞ツールです。 無料でいえば「youtube」「Ameba TV」「ニコニコ動 ...

6

アメリカでは絶大な人気を誇り、出る作品がすべてヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」   数々の魅力的なキャラクターが同じ世界観で登場する作品で 現在22作品が2019年までに公開される予 ...

7

TYPE-MOONの人気作品「Fate」シリーズ。 人気があるだけに現在もシリーズ化され、どの順番で観ていけばいいのかわかりづらくなってきています。 ほとんどの作品を観ている僕が個人的ではありますが、 ...

8

邦画史上最高におもしろくない作品を集めてみました。 内容がおもしろくなさすぎて逆に笑えてくる感想もご覧下さい。   デビルマン(2004) 世間の感想 ビートたけしが自身の「みんな~やってる ...

9

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。 今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】と ...

10

「君の名は。」で宮崎駿監督だけが達成していたアニメで100億円以上の 興行収入を記録した新海誠監督。   今回は新海監督の作品を映画だけではなく、短編アニメーションなども加えて紹介し、 作品 ...

11

洋画といえば字幕で楽しむのが個人的には好きなので 吹き替えを見る事は普段ないのですが、最近読んだ記事で「吹き替えが酷過ぎる映画」 というものが存在するようなので自分なりに調べてみました。   ...

12

huluでは配信作品が随時更新されています。 作品が増えすぎてどれを見ていいかわからない! っていう人のためにおすすめ作品を紹介していきます。   ※現在2017年4月時点での情報であり、 ...

-ニュース・トリビア・まとめ

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.