邦画

ストレイヤーズ・クロニクルが映画化。主人公達の能力、ストーリーを紹介

投稿日:

Pocket

小説家 本多孝好の原作

「ストレイヤーズ・クロニクル」が映画化します。

 

公開は2015年6月27日から。

 

映画に出演するメンバーが

次世代を担う若手俳優で固められていたので

どんなストーリーか気になったので紹介します。

ストーリー紹介

1990年代の始め、ある極秘実験が行われた。

行われた実験は2つ。

 

両親に強いストレスをかけ生まれた子供に

突然変異を促し、極限まで人間の脳を発達させる方法。

 

遺伝子操作によって動物や昆虫の能力を

持つ子供を生みだす方法。

 

2つの実験によって生み出された子供たちは

20歳を迎えようとしていた。

 

脳を異常発達させられた子供

昴(すばる)たちは同じ施設の仲間亘を人質に取られ

政治家渡瀬のもとで裏の仕事をさせられていた。

 

昴は渡瀬から世間を騒がす殺りく集団

「アゲハ」を捕まえろと命じられるが、

「アゲハ」も自分たちを同じ実験体であることを知る。

 

「アゲハ」は自分達の運命を呪い、

自分達を創った人物たちを殺害していたのだった。

 

そして恐るべき計画を始動させ、

不要となった昴の命をを狙う渡瀬。

 

亘を助ける為に陸自の演習場に潜む

渡瀬のもとに向かう昴。

 

三つ巴の決戦を制するのは誰なのか?

熾烈な戦いが繰り広げられる。

 

昴たちの能力

非人道的な実験によって生まれた昴。

 

人間離れした特殊な能力を持つが、

その代償として20数年しか生きられないという

過酷な運命を持つ。

 

彼らが寿命と引き換えに手に入れた

能力とはどんなものか?

 

昴たちの能力

視覚、視神経、脳伝達速度が発達し、

相手の動きを先読みすることができる。

 

さらには、視覚で得た情報だけで

すべての格闘技を駆使できる能力を持つ。

 

他のメンバー

沙耶 超聴覚力
亘   超腕力
良介 超記憶力
隆二 超高速移動

 

アゲハ

学(まなぶ)

体内にウィルスとワクチンを持つ。

ウィルスの致死率は80%

学ぶが死ぬとそのウィルスが拡散してしまう。

 

他のメンバーたち

モモ 鉄鋲発射
静  幻惑毒婦
ヒデ 身体硬化
壮  超高速移動
碧(アオイ) 高周波レーダー機能

 

映画の予告編では少しではありますが

その能力を見ることができます。

 

キャスト

この映画はストーリーだけではなく、

キャストも気になる所です。

 

一度は見たことがある

若手俳優がずらりと並んでいるからです。

 

昴/岡田将生

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

沙耶/成海璃子

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

亘/白石隼也

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

良介/清水尋也

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

学(まなぶ)/染谷将太

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

モモ/松岡茉優

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

静/高月彩良

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

碧(あおい)/黒島結菜

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

顔と名前が一致しないという方も

これを機会に覚えて下さい(笑)

 

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」は

2015年6月27日公開です。

 

 

Google336

Google336

関連コンテンツ



-邦画

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.