ニュース・トリビア・まとめ

デッドプールで流れていた曲を紹介【映画】

デッドプールを盛り上げたモノ。それは「カッコイイ曲たち」です。

映画用に作られた曲ではなく、何十年も前に生まれた名曲たちを使用しています。

 

マーベル映画では「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でも名曲を巧みに使って

作品の魅力を大幅に引き出しています。

 

今回はデッドプールで使用された「カッコイイ曲たち」の紹介をしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

一番のヤマ場で使われる曲 【DMX - X Gon' Give It To Ya】

個人的に一番好きな曲なので、最初に紹介します。

デッドプールがヴァネッサを救いにフランシスの元へ乗り込むときに流れます。

 

ネガソニックとコロッサスと共に乗り込みますが、一旦曲が止まり、

ネガソニックに「武器はどうした?」と聞かれ、タクシーに置き忘れたことを思い出すシーンです。

 

 

フランシスを襲う前に聞いている曲 【Salt-N-Pepa - Shoop】

デッドプールのキャラクターを象徴づけるシーン。

本当は憎き相手を見つけたハズなのに、その態度はシリアスではなくユーモア。

 

戦闘でも「暖房切ったかな?」と常に冗談を言い続けるなど

彼の性格がいかにヒーロー向きではないことがわかります。

 

 

 

オープニングで流れている曲 【Juice Newton - Angel Of The Morning】

遊び心満載のオープニングで流れている曲です。

車の中の戦闘シーンが描かれていますが、その中に"グリーンランタン"や"ハローキティ"も

映っているので、確認してみてください。

※若干グロいのでそういうのが苦手な人は閲覧注意です。

 

 

ヴァネッサとのラブシーンで流れる曲 【Neil Sedaka Calendar Girl】

2人の出会いから1年間の中で流れる曲です。

イベントごとにヴァネッサとコスプレプレイをしているだけですが(笑)

 

この時間の中でお互いが運命の相手だと確信し、ウェイドは結婚を決意します。

 

 

夢の終わりに流れる曲 【I'll Be Home For Christmas by Bing Crosby】

結婚しようと言った途端に末期ガンが発覚し、絶望する2人。

 

第二次世界大戦中に書かれた曲で

「クリスマスには家に帰れるだろう。夢の中だけでも。」

という悲しすぎる歌詞がシーンに合ってています。

 

 

遺伝子を活性化させる時に流れる曲 【Mr. Sandman - The Chordettes】

ミュータントの遺伝子を体に注入され、その遺伝子を活性化させるために

ありとあらゆる拷問を受けるウェイド。

 

その時に流れる曲がこちらです。

 

 

ヴァネッサが働くストリップバーで流れていた曲 【Flo Rida - GDFR ft. Sage The Gemini and Lookas】

ウェイドがヴァネッサに危機を伝えるために行ったストリップバーで流れる曲。

結局自分の素顔を晒す勇気がなくて、フランシスにヴァネッサが誘拐されてしまいます。

 

 

 

ヴァネッサと見つめ合うシーンでお下劣サインを送るデッドプール 【Chicago - You're The Inspiration】

酸素をなくす密閉器から解放され、デッドプールと見つめ合うシーンで流れる曲。

シリアスなシーンのはずなのですが、なぜかお下劣サインを送るデッドプール。

 

それだけシタかったのでしょうか?(笑)

デッドプールにサインを見たヴァネッサは激怒してます。(当たり前)

 

 

エンディングで流れる曲 【George Michael - Careless Whisper】

劇中でもウェイドが好きだと語られていた「ワム!」

「ワム」じゃないよ「ワム!」だよというセリフは英語で聞いても違いがわかりません(笑)

言い方だけの問題じゃ?と突っ込みたくなるシーンです。

 

 

エンドロールで流れる曲 【Deadpool Rap】

 

 

まとめ

いかがでしたか?

映画を思い出す印象の強い曲ばかりだったと思います。

 

個人的にはDMXというアーティストさんの曲が好きでカッコイイので

そちらをぜひ聴いてもらいたいです。

 

できれば作品も見てもらいたいので

デッドプールはU-NEXTで視聴できます。

 

U-NEXTについて詳しく知りたい方は

U-NEXTは入る価値なし?メリット・デメリットを調べてみた。をご覧ください。

 

もし、見れない方はネタバレを。

デッドプールのネタバレ。あらすじと結末。【映画】

 

 

関連コンテンツ

よく読まれている記事



管理人の動画配信サービスおすすめランキング

music.jp

music.jpは動画配信だけじゃなく、音楽や漫画も提供しているサービスです。 現在キャンペーン中で「1780コース」に登録すると30日間の無料お試しコースを体験することができます。 30日間無料なのに「最新映画が5本鑑賞できる」のは動画配信サービスの中でもmusic.jpだけです。 いつ終わるかわからないキャンペーンですので無料体験をするなら今がベストなタイミングです。

Netflix

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、その数はなんと1億人以上。ケタ外れの会員数です。

Netflixが会員数を伸ばし続けている理由は「オリジナルコンテンツ」の多さにあります。

どこでも観ることのできないコンテンツを多数抱えているからこそ「それを観たい」と思う人たちが集まってくる。それがNetflixの強みです。

その勢いは日本まで届き、ぞくぞくと日本のオリジナル作品も増えていっています。今観るにしても、今後観るにしても目の離せないサービスの1つだと感じています。

Hulu

Huluはもともとアメリカのサービスなので強みは「海外ドラマ」です。一度は名前を聞いたことのある海外ドラマはだいたいHuluで鑑賞できます。有名海外ドラマが好きな方はHulu一択でいいと思います。

また日本の事業を日テレが買収したことによって日本向けの作品が充実しています。

日テレで放送されているドラマはもちろんバラエティ・アニメなどたくさんのジャンル・種類の番組を観ることが可能です。

月額933円(税抜)で見放題とは思えない内容になってきているので一度Huluのサイトで作品を確認してみてください。

おすすめの記事

1

music.jpはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。   動画だけではなく専門チャンネル・音楽・漫画・書籍を1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 &nbsp ...

2

NetflixはHuluと同じくアメリカに拠点を置く会社ですが、Huluと比べ規模がケタ違いです。会員数は全世界で1億人を突破し、190以上の国と地域で運営されています。 それだけの市場規模を支えてい ...

3

動画配信サービスの中でなぜか「悪評」の高いU-NEXT。「入る価値がない」と数多く言われているサービスですが「それは言い過ぎ」と継続していた僕は思うので、今回は「U-NEXT」のメリット・デメリットに ...

4

動画配信サービスを利用する上で最初に言っておきたいことは「すべての作品を観たいならレンタル屋さんが最強」だということです。 洋画・邦画・ドラマの新しい作品、古い作品をすべて網羅している動画配信サービス ...

5

動画配信サービスは映画やドラマ・アニメなど僕たちが普段観ているエンターテイメントをインターネットを通して観る新しい動画の鑑賞ツールです。 無料でいえば「youtube」「Ameba TV」「ニコニコ動 ...

6

アメリカでは絶大な人気を誇り作品のすべてがヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」 魅力的なヒーローたちが同じ世界観で登場する作品で、現在22作品が2019年までに公開される予定になっています。 それ ...

7

TYPE-MOONの人気作品「Fate」シリーズ。 人気があるだけに現在もシリーズ化され、どの順番で観ていけばいいのかわかりづらくなってきています。 ほとんどの作品を観ている僕が個人的ではありますが、 ...

8

邦画史上最高におもしろくない作品を集めてみました。 内容がおもしろくなさすぎて逆に笑えてくる感想もご覧下さい。   デビルマン(2004) 世間の感想 ビートたけしが自身の「みんな~やってる ...

9

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。 今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】と ...

10

「君の名は。」で宮崎駿監督だけが達成していたアニメで100億円以上の 興行収入を記録した新海誠監督。   今回は新海監督の作品を映画だけではなく、短編アニメーションなども加えて紹介し、 作品 ...

11

洋画といえば字幕で楽しむのが個人的には好きなので 吹き替えを見る事は普段ないのですが、最近読んだ記事で「吹き替えが酷過ぎる映画」 というものが存在するようなので自分なりに調べてみました。   ...

12

huluでは配信作品が随時更新されています。 作品が増えすぎてどれを見ていいかわからない! っていう人のためにおすすめ作品を紹介していきます。   ※現在2017年4月時点での情報であり、 ...

-ニュース・トリビア・まとめ
-,

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.