邦画

プラチナデータの映画のネタバレと結末。ラストシーンの意味は?

投稿日:

Pocket

東野圭吾さん原作の作品

「プラチナデータ」

トヨエツ、二宮君、杏、鈴木保奈美さん、生瀬さん

など有名芸能人がたくさん出演し、監督は「るろ剣」や

最近で言えば「ミュージアム」などで知られている大友監督。

 

設定は壮大だが、その中身は人間ドラマな内容になっている

プラチナデータの紹介をしていきます。

 

DNA捜査システム

警察の捜査にDNAから犯人を割り出すという

画期的な技術がテストケースとして導入された。

 

その技術はDNAの情報だけで、

人間の姿だけではなく、性格なども判断してしまう

素晴らしいシステムだった。

 

その結果、警察は犯人の特定すらできていない段階で

犯人を割り出し、逮捕に至った。

 

画期的なシステムの責任者は神楽龍平(かぐらりゅうへい)

そのシステムを元に実際に現場を指示するのが浅間刑事。

 

物語は2人を中心に進んでいきます。

 

NF13事件

DNA捜査システムは国会でも承認され、

全国民のDNAデータが神楽の元へ集まってきます。

 

それでも完全なデータ管理はまだできておらず

DNAシステムに載っていない人物は「Not Found」

DNAのデータがない人間が起こした事件として扱われていました。

 

NF事件の中で「NF13」と名付けられた事件は

DNA法案に反対する人々が次々と殺される事件でした。

 

「NF13」が起こしたと思われる事件が再び発生し、

その犠牲者となったのが、蓼科早樹と蓼科耕作の兄妹でした。

 

早樹は自閉症ですが数学に対して突出した才能を持っており

DNAシステムを開発した女の子。

 

今までは法案に反対する人々が犠牲になっていたのに

今回は推進派の人間が殺された。

 

そのことに浅間は疑問を感じていました。

 

犯人は神楽?

早樹の爪には犯人のものと思われる皮膚がついており

それをDNAシステムで調べてみると、犯人として挙がったのは

「神楽自身」だったのです。

 

全く身に覚えのない神楽だったが、

「もしかして」と警察が来る前に研究所を抜け出します。

 

浅間たちはDNA捜査システムが弾き出した結果を見て驚くが

所長の志賀はDNA法案への影響を考え、すぐに神楽を確保する動きに出る。

 

そこへ導入されたのが、DNA捜査システムと警察の監視システムを

融合させた技術で、あらゆる監視カメラを駆使し、DNAのデータから

歩き方、声、姿などから該当人物を探り当てるという恐ろしいシステムだった。

 

「このシステムから逃れれるものはいない。」

自信満々に言う志賀の言葉通り、神楽の居場所はすぐに特定される。

 

警察が大勢駆けつけ、捕まりそうになる神楽だったが、

謎のメールが届き、間一髪難を逃れる神楽だった。

 

神楽の秘密

神楽にはもう1つの人格があり名を「リョウ」と言った。

 

「リョウ」は神楽が13年前、父を亡くした時から現れた人格だった。

 

神楽の父は自殺をしている。その原因はコンピューターが作った

贋作を神楽が「父さんの作品の中で一番好きかな。」と言ったからだ。

 

二重人格を制御するため、新世紀大学病院の水上利江子の治療を受けていた。

その結果、リョウの人格が出てくるのは病院の中にある

「アトリエ」と呼ばれる部屋で5時間だけになっていた。

 

その5時間の間にリョウが早樹を殺した可能性がある。

捜査を進める内に浅間は病院の監視カメラに細工がしてあることを発見する。

 

早樹たちが殺されていた8Fとリョウのアトリエがある5Fの

監視カメラの映像はリョウが出てくる5時間だけ無人の画像が

ループされるようになっていた。

 

ますます神楽犯人説が濃くなっていく。

 

白鳥の狙い

神楽の助手であった白鳥は神楽が逃亡犯となった時に

メールで手助けをしていた。

 

白鳥の狙いは「モーグル」と呼ばれるプログラムだった。

モーグルは蓼科兄妹が作っていたプログラムで

DNA捜査システムの補完プログラムだと言われている。

 

完成していたはずのモーグルがどこにもない。

それを神楽に見つけさせるために白鳥は神楽を助けていたのだった。

 

神楽は蓼科兄妹が使っていた別荘へ向かいます。

しかし、そこにデータは隠されていませんでした。

 

神楽は自分がすべてを注いで作りあげたシステムの謎を知るために。

白鳥は完成したDNA捜査システムをアメリカへ渡すために。

 

利害が一致している2人は再びモーグルの居場所を探し始めます。

 

白鳥はNF13のサンプルを研究所から持ち出しますが

その直後、何者かによって殺害されてしまいました。

 

そしてその現場に行った浅間は

白鳥の携帯を発見し持ち出します。

 

浅間と神楽が真実を掴む

白鳥の携帯で神楽を連絡を取った浅間。

浅間は神楽が犯人ではないと考えていたので

神楽に協力して犯人を探そうと持ちかけます。

 

2人が会った際、リュウが出てきて早樹とアトリエで会っていた

ことを聞き、浅間はリュウが早樹を殺していないと確信する。

 

そして、アトリエへ向かった浅間は早樹がモーグルを隠せるのは

ここしかないはずだとモーグルを探します。

 

神楽はリュウが描いた早樹の絵を見て違和感を感じます。

「アザがない。前は確かにあったはずなのに。」

そしてその絵の裏側を探るとそこからモーグルを発見しました。

 

そして研究所へやってきた浅間は

研究員に銃を突きつけ、DNA捜査システムにモーグルを差しこめと指示します。

 

そして、浮かび上がってきたのは、、

 

真のプラチナデータ

真のプラチナデータとは政治家、官僚、警察上層部などが

意図的に「Not Found」になるように仕掛けられたデータのこと。

 

これによって権力者やその家族は犯罪を犯しても

捕まることはありません。

 

その真のプラチナデータをあぶりだすプログラムが

モーグルだったのです。

 

そして、NF13事件の犯人を検索してみると、

出てきたのは、水上教授だったのです。

 

神楽はその顛末を見て、「やっぱりそうだったか」

とつぶやき、浅間の制止も聞かず、自らの手で決着をつけに行きます。

 

一連の事件の真相

神楽は水上教授の元へ乗り込みます。

浅間もその後を追ったのですが、銃声が鳴り響き

水上の部屋から神楽が銃を持って出てきます。

 

捕まった神楽は警察へ連れて行かれ

部屋に入った浅間が見たのは水上の遺体でした。

 

 

捕まった神楽に浅間はある事実を伝えます。

「主人格はおまえではなくリュウだった。」

 

水上の部屋から神楽の経過観察の記録が出てきて書いてあったのです。

神楽は父親が死んだ後に生み出された人格でした。

 

水上は神楽の天才的な頭脳に目をつけ、催眠療法によって

神楽を主人格と思いこませ、リュウをアトリエでしか

現れないようにしていたのです。

 

水上は神になることを望んでいました。

 

人間はDNAですべてが決まっている。

その中にどうしようもないクズがいるので

そういったクズを排除し、優秀な人間を作るのが目的でした。

 

殺人をして肋骨を抜いていたのは

「イブはアダムの肋骨から作られた。」という言い伝えからで

自分が創造主だということを暗に主張してたのです。

 

それと同時にDNAデータを確保するためのものでした。

 

早樹のDNAデータ。そして神楽のDNAデータを合わせたら

どれほど優秀な人間が生まれるのだろう。

 

水上はDNAデータを確保している神楽のことさえも

もう必要ない。と銃で撃ち殺そうとします。

 

しかし、神楽はその銃を奪い、逆に水上を殺そうとします。

すでに神楽の人格ではなくリュウが出てきていました。

 

そしてリュウは水上を撃ち殺しました

 

それは早樹を殺された恨みもありましたが、

水上の思考自体か危険であり、その暴走を止めるためでもありました。

 

結末

浅間はすべての真相をリュウのアトリエで聞きました。

それはリュウが出てくるにはアトリエへ行く必要があったからです。

 

すべてを聞いたあと、浅間はリュウに手紙を渡します。

神楽からの手紙でした。

 

その内容は、

ずっと疑問だった。1つの人間の中に2つの人格、

2つの人格は違う生き方をするのか。

生き方は違うように見えて実は同じだった。

父親を亡くした現実から逃げてきた。
1人で生きてく辛さから。

人の運命や可能性は決して遺伝子や科学の領域ではない。

未来を切り開くのはその人間の自分自身の意志なんだ。

大切なことに気付けてよかった。

 

そうして神楽は警察へ連行されていきました。

 

ラストシーン。

リュウが早樹の肖像画を描いている。

リュウの汗を拭ってあげる早樹。

 

その手を掴み、顔を寄せ合い触れ合う2人。

そのままずっと触れ合う2人を描いて映画は幕を閉じます。

 

たぶんなのですが、早樹の爪にリュウのDNAがついたのは

この時なんでしょうね。

 

突然あのシーンで映画が終わった時はよくわかりませんでしたが、

後々考えるとそういうことなのかなと解釈しました。

 

というわけでプラチナデータのネタバレでした。

 

Google336

Google336

関連コンテンツ



-邦画

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.