ニュース

マーベル映画は時系列の順番で見よう!

投稿日:2017年4月11日 更新日:

Pocket

アメリカでは絶大な人気を誇り、
出る作品がすべてヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」

 

数々の魅力的なキャラクターが同じ世界観で登場する作品で
現在22作品が2019年までに公開される予定になっています。

 

それだけ多いと「どれから順番に見ていけばいいの?」と思う人も多いはず。
というわけで今回マーベル作品についてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)とは

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)とは
マーベルのキャラクターがいる架空の世界のことです。

 

すべての作品はアース199999という世界で起こっている出来事で同じ世界にいることによって、ヒーロー同士が共闘したりすることが可能になっています。

 

こういった手法はクロスオーバー作品と呼ばれアメコミの世界では数十年前から一般的で
バッドマンなどの「DCコミックス」や日本でいえば「仮面ライダー」などが有名です。

 

作品は「フェイズ」と呼ばれる作品群に分けられ、これがどの順番で見ていけばいいかの答えになります。

 

フェイズ1

  1. アイアンマン (2008)
  2. インクレディブル・ハルク (2008)
  3. アイアンマン2 (2010)
  4. マイティ・ソー (2011)
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー (2011)
  6. アベンジャーズ (2012)

 

フェイズ2

  1. アイアンマン3 (2013)
  2. マイティ・ソー/ダーク・ワールド (2013)
  3. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014)
  4. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014)
  5. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015)
  6. アントマン (2015)

 

フェイズ3

  1. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (2016)
  2. ドクター・ストレンジ (2016)
  3. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス (2017)
  4. スパイダーマン/ホームカミング (2017予定)
  5. マイティ・ソー/ラグナロク (2017予定)
  6. ブラックパンサー (2018予定)
  7. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー (2018予定)
  8. アントマン&ワスプ (2018予定)
  9. キャプテン・マーベル (2019予定)
  10. アベンジャーズ4(タイトル未定) (2019)

フェイズの締めくくりとして公開されるのが「アベンジャーズ」と呼ばれる作品です。
アベンジャーズとは今まで登場してきたヒーローたちが登場する作品です。

キャラクターに感情移入するためにも単体の作品が重要であり、
そこから見ていくのが映画を楽しむ上で正しい順番だと言えます。

 

2017年4月26日からHuluで一挙公開されていたマーベルシリーズですが、
2017年8月4日からマーベル映画10作品が期間限定で再配信されています。

対象作品は、
8月4日(金)から期間限定配信 (9月3日(日)まで)

  • アイアンマン2
  • マイティ・ソー
  • キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
  • アベンジャーズ
  • アイアンマン3
  • マイティ・ソー/ダーク・ワールド
  • キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • アントマン

期間は未定で配信中

  • アイアンマン
  • インクレディブル・ハルク

シビルウォーだけ視聴できませんが、それでもほぼ観れてしまいます。
この機会にマーベル見てみたい・スパイダーマンの前に復習したいという方は

Huluへの登録はこちら

 

マーベルの魅力

僕はこれまでマーベル作品を観ることはなかったのですが
「ドクターストレンジ」を見て圧倒的な映像にマーベルの世界に興味を覚えました。

 

そこで今回の記事のような「正しい順番」を調べてみたのですが
まだ全然作品を観れていません(笑)
※現在はガーディアンズ2以前の作品はすべて視聴しています。

 

アイアンマン・キャプテンアメリカ・ガーディアンズなど
順番もバラバラに鑑賞してしまいましたがそれでも面白い。

 

単一の作品としても十分に楽しめる作品です。
面白いと思える理由はヒーローらしからぬ「人間臭さ」です。

 

ヒーローといえば完全無欠のイメージがありますが、マーベルのヒーローはとにかく人間臭く、弱点がありまくりなんですね(笑)だからこそ共感もできるし、好きなキャラクターが集合するアベンジャーズにも大きな価値が出るのだと思っています。

日本ではアベンジャーズ公開の時に吹き替えの声優が芸能人だったことに不満が続出し、その後BD発売時にも声優の変更がなかったことから、一部のファンの間で不買活動まで起きています。

 

詳しくはこちら とてもじゃないが聞いてられない。吹き替え版がひどい映画8選

 

2017年以降も次々と公開が予定されている「マーベル映画」ですので、この機会に作品を総ざらいしてみてはいかかでしょうか?
Huluへの登録はこちら

 

ネタバレ

マーベルを見れないって方はネタバレを紹介しておきます。
とはいっても、僕自身がまだぜんぜん観れていない状態ですので順次公開という形になると思います。
※作品は観たのですがネタバレ記事がなかなか書けていません。確定ではありませんが、ネタバレとは違った形で記事を書こうかと考えています。

 

 

フェイズ1

アイアンマン

インクレディブル・ハルク

アイアンマン2

マイティ・ソー

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

アベンジャーズ

 

フェイズ2

アイアンマン3

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

アントマン

 

フェイズ3

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

ドクター・ストレンジ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス

スパイダーマン/ホームカミング

マイティ・ソー/ラグナロク

ブラックパンサー

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

アントマン&ワスプ

キャプテン・マーベル

アベンジャーズ4(タイトル未定)

 

Google336

Google336

関連コンテンツ



-ニュース
-

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.