洋画

ラスト・ウィッチ・ハンター ネタバレとあらすじ

投稿日:

Pocket

ヴィン・ディーゼル主演で魔女を題材にした映画

「ラスト・ウィッチ・ハンター」が2016年9月30日から公開。

 

今回はストーリーや内容のネタバレを紹介していきます。

 

 

e5ba101854acd1d6efec2080cbe99627_s

 

ストーリー

800年前に存在した魔女を倒す「ウィッチハンター」として活躍していたコールダー(ヴィン・ディーゼル)は

魔女の女王を倒す為に仲間とともに森の奥深くを探索していた。

 

魔女は疫病を撒き散らし、人間を滅ぼそうとする存在だった。

 

コールダーたちによって追い込まれ、彼の剣によって女王は倒されたのだが

女王は死ぬ間際にコールダーに呪いをかけた。

 

その呪いとは「不死」の呪い。

以後800年間コールダーはウイッチハンターとしてこの世を生きることになった。

 

 

舞台はニューヨーク。

コールダーは現在もウィッチハンターとして生きていた。

魔女は女王を失っても絶滅しておらず、人間と「共存」していた。

 

女王が死に魔女の力が弱まったとはいえ、その力は危険なものだった。

そこで魔女を監視する組織が作られ、危険な思想を持つ魔女はコールダーによって

捕まえられ、監獄へ投獄されていた。

 

組織にはドランと呼ばれるコールダーの片腕がいた。

36代目のドラン(マイケル・ケイン)が引退し、37代目ドラン(イライジャ・ウッド)に引き継がれようとしていた。

 

 

36代目ドランが引退した次の日。

37代目ドランから36代目ドランが死んだことを告げられる。

 

36代目ドランの部屋に行ったコールダーは魔女の存在を感じ、

術によって36代目ドランを殺したのが魔女の仕業であることを暴く。

 

彼の部屋には他にもヒントが残されており、そこには

「自分の死を思い出せ」というメッセージが残されていた。

 

コールダーは自分の死について記憶があいまいな部分があり、

彼のメッセージの意図に気づけなかった。

 

そこで記憶を辿れる魔女クロエ(ローズ・レスリー)のもとへ行き、

彼女のバーで記憶を思い出す薬を使う。

 

記憶を思い出そうとしていたコールダーのもとへ謎の男が襲撃し、

コールダーが記憶を詮索することを阻止する。

 

FBIのデータベースを検索し、男の名はケトンということがわかった。

また同時に36代目ドランは死んでおらず呪われている状態だということにも気づく。

その呪いをかけたのがケトンであり、ケトンを倒せば36代目ドランの呪いは解けることもわかった。

 

もう1度記憶を辿る必要のあったコールダーは

クロエに薬を作ってもらうよう頼むが、薬草が手元に無いので

薬を栽培しているミランダという少女がいる倉庫へ向かうことになった。

 

倉庫へ向かった2人だったがすでにケトンによってミランダは殺されていた。

 

ショックを受けるクロエにコールダーは自分のせいだと謝罪した。

 

次にコールダーが思いついた手は少々危険だった。

魔女であるダニークの元を訪れることだった。

 

ダニークはケトンと繋がっており、コールダーは偽の薬をかがされる。

意識が朦朧となったコールダーだったが、クロエの呼び掛けにより意識を取り戻した。

 

クロエがコールダーの記憶へ侵入してきたことから

コールダーはクロエがドリームウォーカーだと知る。

 

ドリームウォーカーは薬なしでも人の記憶を辿ることができる。

しかしクロエはその力を使う事を恐れていた。

 

昔、自分の力を弟に使ってしまい、ひどく傷つけてしまったからだ。

それでもコールダーはクロエに懇願する。

 

コールダーの過去に行くことに納得したクロエは

コールダーと共に800年前にさかのぼる。

 

そこではコールダーが女王に止めを刺し、呪いを受けた所だった。

コールダーの不死身の話には続きがあり、かけつけた初代ドランは

コールダーが朽ちているのを発見する。

 

そして女王も朽ちているのを見て、あとは女王の心臓を潰せばすべてが終わると告げる。

 

女王の心臓を取り出し、潰そうとした瞬間、

死んだと思われていたコールダーが急にうめき声をあげる。

 

女王の心臓を握りつぶそうとする度にコールダーが苦しむのを見たドランは

コールダーと女王の心臓が一体化したことに気づく。

 

そして、コールダーを生かす為、誰にも気づかれないように

女王の心臓を懐に隠したのだった。

 

真実を知ったコールダーは激怒し、37代目ドランの元へ向かう。

37代目ドランから36代目ドランが心臓を持っていたこと。

そして、自分が引退した日にコールダーを呪いから解放するために

女王の心臓を潰そうとしていたことを知ったのだった。

 

すでに女王の心臓はケトンの手に渡っており、

コールダーは女王復活を止める為、ケトンの元へ急ぐ。

 

ケトンの元へ辿り着いたコールダーだったが一足遅く女王は復活していた。

 

まずは36代目ドランの呪いを解く為、コールダーはケトンを倒す。

そして女王を倒そうとするが、逆に返り討ちにあってしまう。

 

 

女王はコールダーが過去に捕まえた魔女を使い、疫病を全世界に撒き散らそうとする。

 

 

女王を止める為、コールダー、クロエ、37代目ドランと共に魔女の監獄へ向かう。

女王の元へ辿り着いたコールダーはあと一歩のところまで女王を追い詰めるが、

37代目ドランがクロエを人質に女王に止めを刺すのをやめさせる。

 

実は37代目ドランは魔女だったのだ。しかし彼は魔力を持たない魔女だった。

そのため、女王の力で自分に魔力を与えてもらうことを狙っていたのだった。

 

しかし、女王の答えは「泥を金に変えることはできない」だった。

魔力を持たない37代目ドランは魔女になることができないと告げられ

そのまま女王に疫病を撒き散らされ、力尽きる。

 

天候を操る石を使い、その場に雷と竜巻を発生させたコールダー。

身動きの取れなくなった女王の心臓に再び剣を突き立てるコールダー。

 

そして、動かなくなった女王から心臓を取り出し、剣を突き立てようとするコールダー。

しかしクロエがやめてほしいと嘆願する。

 

「あなたはこの世界に必要な人。」

という言葉にコールダーは生きることを決め、女王の心臓を自分の部屋に隠しました。

 

そして、呪いの解けたドランを現役復帰させ、自分はクロエと共にデートに出かけるのでした。

 

 

予告編

 







Google336

Google336

関連コンテンツ



-洋画
-, , ,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.