小説

万能鑑定士Qの事件簿が映画化。(ネタバレ含む)

投稿日:2014年4月7日 更新日:

Pocket

万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-が2014年5月31日から公開されます。

どんな物語なのか一緒に見ていきましょう。

【ストーリー】

モナ・リザの展示会が40年ぶりに日本で行われることになった。

臨時学芸員として主人公である凜田 莉子と流泉寺美沙が採用テストに受かる。

モナリザについての知識をつけていく莉子だったが、勉強するにつれ謎の頭痛が起こり、

今まで持っていた天才的な鑑定能力を失っていく。

一体莉子に身に何が起こったのだろうか?

 

 【登場人物】

凜田 莉子(りんだ りこ)・・・綾瀬はるか

この物語の主人公。23歳。とにかく美人。

一度見たら忘れることのできない美貌の持ち主。

万能鑑定士Qというのは莉子のお店の名前。

ジャンルは問わず何でも鑑定してしまう、凄腕の鑑定士。

こんな絵に描いたような天才の彼女ですが、もともとは超がつく劣等生。

彼女の出身は沖縄の波照間島。高校時代は勉強はすべてオール1。

なぜこんな彼女が天才的な頭脳を手に入れたかといえば、

リサイクルショップの社長さんに勉強法を教えてもらったから。

 

小笠原 悠斗(おがさわら ゆうと)・・・松坂桃李

週刊角川の編集部の記者。26歳。

莉子とはある事件がきっかけで出会う。

イケメンだが、仕事はたいして出来ない。ただしスポーツは得意。

頼りない草食系男子として描かれているが、

巻を増すごとに男らしくなっていく。

莉子の事が好き。

 

20140112165926

 

【原作内容】

 今回の映画化のお話は、小説【万能鑑定士QⅨ】が原作。

この物語のキモは莉子が鑑定士としての能力を失う事にあります。

なんで失ったかといえば、モナリザの偽物を見分ける訓練。

これが原因だったわけです。

 

-そう事件は初めから静かに起こっていたのです。

時すでに遅し。気づいた時には簡単な鑑定もできなくなってた。

 

要は、

里桜とリシャール・・ブレ(ルーブルの学芸員)に嵌められた!

ってわけです。

 

完全に騙された莉子ちゃんでしたが、

草食系男子の小笠原くんが助けてくれて無事鑑定能力を取り戻す。

 

そして事件解決。

 

・・・なんですが、この物語ってシリーズの中でも人気が高いんです。

なんでかというと、これまでの巻では一切進展のなかった2人が、

この事件をきっかけにぐぐっと距離を近づける点にあります。

 

映画の中でどう表現されるかわかりませんけど、

どうなるかがちょっと楽しみですね。

 

・・・続きは映画で。

 

Google336

Google336

関連コンテンツ



-小説
-

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.