漫画

中年スーパーマン左江内氏がドラマ化。原作のあらすじ紹介。

投稿日:

Pocket

藤子・F・不二雄さんの漫画

「中年スーパーマン左江内氏(さえない)」が堤真一さん主演で

ドラマ化されることになりました。

 

放送は2017年1月14日の21:00~ 日本テレビです。

 

原作は1977年とかなり古いです。

今回はどのようなストーリーかを紹介していきます。

スポンサーリンク

Google336

あらすじ

普通のサラリーマンである左江内さんの元に

ある日、自分はスーパーマンだと名乗る男が現れます。

 

そしてスーパーマンを引退したいから跡継ぎになってくれと

左江内さんに頼みますが、与太話と思って断ります。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

家に帰ってきた左江内さんは娘のはね子が遅くになっても

帰ってきてないことに腹を立て、探しにいきます。

 

家を出るとスーパーマンのおじさんが立っていて

娘が男にからまれていることを告げます。

 

駆けつけて娘を助けようとする左江内さんでしたが、

逆にボロボロにされます。

 

2

 

「娘さんを助けるためにスーパーマンになりたくないですか?」

 

スーパーマンの言葉を聞き、左江内さんは「なりたい」と答えます。

その答えを聞いたスーパーマンは服を左江内さんに貸します。

スーパーマン左江内の誕生です。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

圧倒的なパワーに驚く左江内さん。

それだけではなく服からは特殊な光線が出ていて

スーパーマンの活躍は人々の記憶に残らないようにできていたのです。

 

娘を無事に助け出し、スーパーマンの男が去ろうとした時、

左江内さんは尋ねます。

 

「わたしをスーパーマンに選んだ理由は?」

 

すると、スーパーマンはこう答えます。

「最大公約数的常識家」

「力をもっても大それた悪事ができぬ小心さ。」

「ちょっと見、パッとしない目立たなさ。」

それが先代から指示されたスーパーマンの三条件だと。

 

こうしてスーパーマンとなった左江内さんの始まります。

 

漫画の方は全14話とそれほど長くは連載されてなかったようです。

ネタバレと最終話については、

 

PR動画

 

スポンサーリンク

Google336

Google336

Google336

関連コンテンツ



-漫画
-,

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.