VOD

動画を快適に見るために必要な環境って?

動画配信サービスなどの躍進によって、今はアニメ・映画・ドラマなどを

インターネットで見る機会が多くなってきています。

 

僕もそのうちの1人ですが、動画が快適に見れないと全く楽しめません。

そこで動画サービスを快適に見れる条件について調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

パソコンでの動作環境

まず、動画配信サービス大手3社のパソコンの視聴環境を調べてみました。

 

Hulu

 

OS Windows Mac
バージョン Microsoft Windows 7以上 Mac OS X 10.9以上
ブラウザ Internet Explorer 10.0以上 ・ Firefox 2.0以上 ・ Safari 3.0以上 ・ Edge ・ Chrome
ソフトウェア Adobe Flash Player 11.1以上
設定 JavaScript ・ Cookiesが有効

 

 

U-next

OS Windows Mac
バージョン Windows7 SP1以上/8 以降/10 Mac OS 10.5.7以上(インテルベース)
ブラウザ Google Chrome 12以降 視聴方法
Internet Explorer 10.0以上
Edge
Firefox 12以降
Safari 4以降
Firefox 12以降
プラグイン Adobe Reader Silverlight 5.0.61118.0以上
※再生が始まらない場合、ブラウザのプラグインを有効にしてください。
コンポーネント x86またはx64 1.6GHz以上の
プロセッサおよび
512MB以上のRAM
Intel Core Duo 1.83GHz以上の
プロセッサ及び
512MB以上のRAM
設定 JavaScript Cookieが有効

 

dTV

OS Windows Mac
バージョン Microsoft Windows 7以上 Mac OS X 10.8以上
ブラウザ Internet Explorer 11(Windows)

Firefox 47.0以上(Windows / Mac)

Edge 25.1以上(Windows)

Chrome 54.0以上(Windows / Mac)

Internet Explorerをご利用の場合は、Microsoft Silverlight 5 (32bit版) 以上をインストール

Firefox 47.0以上(Windows / Mac)

Chrome 54.0以上(Windows / Mac)

設定 Cookieが有効  Cookieが有効

 

ほとんどのPCに対応

基本的にはどのPCでも視聴は可能です。

Windows Vistaでも視聴は可能だったので、

よほど古いパソコン以外では視聴することは可能でしょう。

 

他の動画サービスもだいたい上記で挙げたような環境であれば視聴は可能です。

 

ただ視聴は可能でも「動画が固まる」などの問題が発生しては「快適に見れる環境」とは言えませんね。

では、快適に見れる環境にするにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

Wi-Fi環境を見てみよう

動画を見る際に最も重要な要素は「回線速度」です。

 

回線速度は端末によって違いますが

ストリーミング再生とは、データを受信してから再生するのではなく

受信しながら再生する方式のことです。つまり常に通信しながら再生しているので

安定した速度が求められるということです。

 

また、常に通信しているので"通信料"もかかってしまいます。

高画質であるほどデータ量も大きくなるので綺麗な画面で見続けるには

相応のデータ量が必要で7Gしか使えないのならすぐに容量オーバーになってしまいます。

 

ですから容量無制限のプランなどに入っていなければ

"Wi-Fi”を使わなければスマホで動画を見ることは実質不可能だということです。

 

ダウンロードするにしてもその際にパケット通信料は発生するので"Wi-Fi"は必須です。

 

回線速度はどのくらいなのか?

Wi-Fiだから快適というのは正しいとはいえません。

 

それは契約している回線速度に依存するのでまずはそれを知る必要があります。

こちらで回線のスピードを測ることができます。

BNRスピードテスト

 

各動画配信サービスが推奨する回線速度はこちらです。

  • Hulu

3~6Mbps

回線速度に関する公式の見解はこちら

 

  • U-Next

標準 1.5Mbps以上

高画質 3Mbps以上

 

回線速度に関する公式の見解はこちら

 

  • dTV

具体的な表記はなし。

高画質で30分760MBかかるということから3Mbps~4Mbpsくらいだと思います。

 

パソコン本体のスペックも大事

動作の環境とは別にPC本体のスペックについても記述しておきます。

僕のPCはCPU:Core i5 メモリ:4GBですが、CPUの性能が悪いと動画がカクつくことがあります。

古いCPUであるCore 2でHuluを視聴すると

CPUが100%になってしまい、たまにカクつきます。

回線速度は最大5MbpsくらいでHD動画は何も問題なく視聴できます。

 

Core 2 Duoの場合(Huluでテスト)

 

Core i5の場合(Huluでテスト)

 

フルHDの場合(youtubeでテスト)

 

 

フルHDを観る場合は画面の解像度にも注意しましょう。

解像度以上で画質で見ても、見た目は変わらず容量が大きくなるだけです。

 

パソコンでの解像度の調べ方ですが、

デスクトップ→右クリック→画面解像度から確認できます。

 

 

スマホでの視聴

最後にスマホでの視聴について書いていきます。

後で書いたのは基本的に僕が動画をスマホで見ることに否定的だからです。

 

だってHD画質だから(笑) 小さい画面で見るのはもったいない。

いくら画質が良くても小さい画面だと見づらいし、

小さいからそんな高画質で見る必要もないと思ってしまいます。

 

回線速度はソフトバンク4Gであれば下り最大187.5Mbpsありますが

実際どれくらいの回線速度が出ているかは調べてみることをオススメします。

 

BNRスピードテスト

 

下手をすればWi-Fiより速いスマホですが、一番のネックはパケット通信量です。

スマホで高画質の動画を見た場合(3~5Mbps)だと30分で700MB近く消費します。

 

これだけのデータ量がかかると通信制限まっしぐらとなりますので

スマホで見るなら容量無制限かWi-Fiの使用は必須になりますね。

 

ちなみにスマホ機種別の解像度はこちらになります。

 

まとめ

動画配信サービスで動画を見る為に一番大事なことは「回線速度」です。

 

回線速度は画質が良くなるのと比例してより多く必要になっていきます。

どの動画配信サービスも3~5Mbps程度のスピードがあれば視聴するのに問題なさそうです。

ただ4Kに関しては破格のスピード+データ量(※25Mbps Neflix参照)を求められますのでご注意を。

 

次にCPUですが、これはそれほど高性能でなくても(core i3でも十分のようです。)視聴は可能です。

 

あとは「解像度」です。

自分の視聴しているデバイスの解像度より大きな解像度の映像を見ても

見た目は変わらず、ただ送信されるデータ量だけが大きくなるので注意が必要です。

 

というわけで今回は動画を快適に見る環境について書きました。

 

僕が見ているHuluU-NEXTは今持っているパソコンで十分対応できています。

(今使っているパソコンも古くて2011年製です。)

 

あとは回線速度さえあれば、基本的に動画が止まることなく視聴可能だと思います。

では、ありがとうございました。

 

関連コンテンツ

よく読まれている記事



管理人の動画配信サービスおすすめランキング

music.jp

music.jpは動画配信だけじゃなく、音楽や漫画も提供しているサービスです。 現在キャンペーン中で「1780コース」に登録すると30日間の無料お試しコースを体験することができます。 30日間無料なのに「最新映画が5本鑑賞できる」のは動画配信サービスの中でもmusic.jpだけです。 いつ終わるかわからないキャンペーンですので無料体験をするなら今がベストなタイミングです。

Netflix

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、その数はなんと1億人以上。ケタ外れの会員数です。

Netflixが会員数を伸ばし続けている理由は「オリジナルコンテンツ」の多さにあります。

どこでも観ることのできないコンテンツを多数抱えているからこそ「それを観たい」と思う人たちが集まってくる。それがNetflixの強みです。

その勢いは日本まで届き、ぞくぞくと日本のオリジナル作品も増えていっています。今観るにしても、今後観るにしても目の離せないサービスの1つだと感じています。

Hulu

Huluはもともとアメリカのサービスなので強みは「海外ドラマ」です。一度は名前を聞いたことのある海外ドラマはだいたいHuluで鑑賞できます。有名海外ドラマが好きな方はHulu一択でいいと思います。

また日本の事業を日テレが買収したことによって日本向けの作品が充実しています。

日テレで放送されているドラマはもちろんバラエティ・アニメなどたくさんのジャンル・種類の番組を観ることが可能です。

月額933円(税抜)で見放題とは思えない内容になってきているので一度Huluのサイトで作品を確認してみてください。

おすすめの記事

1

music.jpはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。   動画だけではなく専門チャンネル・音楽・漫画・書籍を1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 &nbsp ...

2

NetflixはHuluと同じくアメリカに拠点を置く会社ですが、Huluと比べ規模がケタ違いです。会員数は全世界で1億人を突破し、190以上の国と地域で運営されています。 それだけの市場規模を支えてい ...

3

動画配信サービスの中でなぜか「悪評」の高いU-NEXT。「入る価値がない」と数多く言われているサービスですが「それは言い過ぎ」と継続していた僕は思うので、今回は「U-NEXT」のメリット・デメリットに ...

4

動画配信サービスを利用する上で最初に言っておきたいことは「すべての作品を観たいならレンタル屋さんが最強」だということです。 洋画・邦画・ドラマの新しい作品、古い作品をすべて網羅している動画配信サービス ...

5

動画配信サービスは映画やドラマ・アニメなど僕たちが普段観ているエンターテイメントをインターネットを通して観る新しい動画の鑑賞ツールです。 無料でいえば「youtube」「Ameba TV」「ニコニコ動 ...

6

アメリカでは絶大な人気を誇り作品のすべてがヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」 魅力的なヒーローたちが同じ世界観で登場する作品で、現在22作品が2019年までに公開される予定になっています。 それ ...

7

TYPE-MOONの人気作品「Fate」シリーズ。 人気があるだけに現在もシリーズ化され、どの順番で観ていけばいいのかわかりづらくなってきています。 ほとんどの作品を観ている僕が個人的ではありますが、 ...

8

邦画史上最高におもしろくない作品を集めてみました。 内容がおもしろくなさすぎて逆に笑えてくる感想もご覧下さい。   デビルマン(2004) 世間の感想 ビートたけしが自身の「みんな~やってる ...

9

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。 今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】と ...

10

「君の名は。」で宮崎駿監督だけが達成していたアニメで100億円以上の 興行収入を記録した新海誠監督。   今回は新海監督の作品を映画だけではなく、短編アニメーションなども加えて紹介し、 作品 ...

11

洋画といえば字幕で楽しむのが個人的には好きなので 吹き替えを見る事は普段ないのですが、最近読んだ記事で「吹き替えが酷過ぎる映画」 というものが存在するようなので自分なりに調べてみました。   ...

12

huluでは配信作品が随時更新されています。 作品が増えすぎてどれを見ていいかわからない! っていう人のためにおすすめ作品を紹介していきます。   ※現在2017年4月時点での情報であり、 ...

-VOD

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.