動画配信サービス(VOD)について

動画配信サービスに必要なネット環境って?快適に見るための3つのポイント

投稿日:2017年5月25日 更新日:

こんにちは、masです。

今回は動画配信サービスを見るときに必要な環境について紹介します。「動画なんて再生ボタンを押せば見れるだろ?」と思いますよね?

 

動画を見る環境が悪いと

画質が思っているより良くない

動画がひんぱんに止まってちゃんと再生できない

 

こうなる可能性があるので、動画を快適に見る方法について深堀していきます。「申し込んだ後にちゃんと作品が見れない」なんてことがないように動画に必要な環境を整えていきましょう。とはいっても何も難しいことはないのでリラックスして見てくださいね。

 

動画配信サービスに必要なのは

Wi-Fi

回線速度

機器のスペック

ですので、動画配信サービスを快適に見るために必要なことを書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

動画配信サービスで使う機器は主にパソコン・スマホ・テレビです。

まずはお手持ちの機器が動画配信サービスに対応しているのか見てみましょう。動画配信サービスを見るのに必要な機器はパソコン、スマホ、テレビがメインとなります。ほとんどの動画配信サービスでこの3つが視聴のための機器になります。

 

動画配信サービスをパソコンで見るときに必要なもの

パソコンで見るときは下の表の環境であれば見ることが可能です。(各動画配信サービスで若干環境は違いますが、気にしなくても見れるレベルなのでざっくりしています。)

 

パソコンWindowsMac
バージョンMicrosoft Windows 7以上Mac OS X 10以上
ブラウザInternet Explorer
Firefox
Safari
Edge
Chrome

 

問題なのはパソコンのスペックの方です。あまりにも古いパソコンだと高画質の動画が見れるかどうか微妙です。

僕のPCはCPU:Core i5 メモリ:4GBですが、CPUの性能が悪いと動画がカクつくことがあります。

古いCPUであるCore 2でHuluを視聴するとCPUが100%になってしまい、たまにカクつきます。

 

Core 2 Duoの場合(Huluでテスト)

 

Core i5の場合(Huluでテスト)

 

フルHDの場合(youtubeでテスト)

 

 

フルHDを観る場合は画面の解像度にも注意しましょう。

解像度以上で画質で見ても、見た目は変わらず容量が大きくなるだけです。

 

パソコンでの解像度の調べ方ですが、

デスクトップ→右クリック→画面解像度から確認できます。

 

1440×900の解像度になるので、youtubeの画質でいえば最高画質の1080pにしても900pまでしか画質は上がらないということです。

 

スマホ・タブレットでの動作環境

スマホはi phoneとAndroidの2種類がメインとなります。お使いの端末が利用可能かどうかはアプリが使えるかどうかで判断できます。とはいってもよほど機種が古くない限り対応しているのであまり気にしなくても問題ないです。

 

テレビでの動作環境

テレビで視聴する方法は2つあります。

テレビ自体が動画配信サービスに対応している。(アプリがテレビに内蔵されている)
「クロームキャスト」や「Amazon Fire Stick TV」などに代表される外付けの機器を利用する。

 

どちらかの方法とWi-Fiがあればテレビで動画配信サービスを楽しめます。

機器が問題なければ次は視聴について深堀していきます。

 

動画配信サービスの再生方式はストリーミングとダウンロードです。

動画配信サービスで動画を再生するときは「ストリーミング」か「ダウンロード」かのどちらかになります。2つの再生方法の違いは、インターネットでそのまま見るか、端末に保存してから見るかです。

 

「ストリーミング」とは?

ストリーミングはインターネットに繋いで動画を再生する方法です。Youubeをイメージしてもらうとわかりやすく、再生ボタンを押したら勝手に動画が始まります。

 

ストリーミングのメリット

ダウンロードしなくてもいいから端末の容量を使うことがない

すぐに再生することができる

などです。Wi-Fiや光回線などを契約している人は普通はストリーミングで見ます。わざわざダウンロードする理由がないからです。

 

ストリーミング再生のデメリットは

通信量が膨大にかかる

通信速度が遅いと画質が悪くなる

 

インターネットに常に接続していないと動画が再生されないので常に通信量がかかります。またyahooやGoogleなどで調べ物をするのとは違って、動画を再生するのにはとても大きな通信量が必要になります。

 

ストリーミング再生にかかる通信量とは?

ストリーミング再生にかかる通信量は動画配信サービスによって違いますが、だいたい同じです。また同じ動画でもより高画質な方が通信量もかかります。例を出すと

Huluでは1時間あたり最小250MB?最大1.8GBと書かれています。

Netflixでは、1時間あたりSD画質で約1GB、HD画質で最大3GBとされています。

 

つまりスマホで通信量無制限を契約していない限りは毎月使える通信量が10GBでも、HD画質なら2時間の映画2本で終了します。

 

ダウンロード再生とは?

ダウンロード再生はスマホかタブレットでしか利用できません。スマホにいったん動画を保存することによって、その後は通信量を使わずに動画を見ることができる機能です。

 

ダウンロード再生のメリットは

一度ダウンロードすればその後は通信量がかからない。

画質が悪くなることがない。

 

ダウンロードのメリットは通信量がかからないので、一度保存しておけばいつでもどこでも見れる点です。そしてストリーミングと決定的に違うのが画質が悪くならないことです。回線の影響を受けないことが一番のメリットです。

 

ダウンロード再生のデメリットは

端末の容量がなければ保存することができない。

ダウンロードするときにストリーミングと同じくらいの通信量が発生する。

 

ダウンロードのデメリットはスマホなどの端末の容量が少ないと保存できない点です。スマホにはストレージと呼ばれる写真やアプリなどを保存できる場所があるのですが、動画はその容量が大きくかかるので、スマホの容量がいっぱいだと保存できない可能性があります。

 

詳しくはこちらの記事で書いています。

スマホの容量と通信量についての違い。同じギガだからって一緒にしちゃダメ。

スマホの容量が16GBだからインターネットも16GB使えるんでしょ?   というあなたは非常に危険です。こんな勘違いしていると知らない間にインターネットの速度が遅くなっていた・・・なんてこと ...

続きを見る

 

あと、案外勘違いされがちなのはダウンロードするときに通信量が発生しないと思われていることです。ダウンロードした後は通信量はかかりませんが、動画を保存するときには通信量が発生します。

 

このときに発生する通信量はストリーミング再生したときと同じ程度発生するので、Huluの例でいえば1時間の番組をダウンロードするには250MB~1.8GBの通信量がかかります。

 

なので動画を見る場合はストリーミングでもダウンロードでもWi-Fi環境がないと厳しいです。テレビに映すこともできないですし。

 

なので次はWi-Fiについて紹介していきます。

 

Wi-Fiとは?

Wi-Fiは自宅のインターネット回線を無線で接続するための機器です。Wi-Fiを使えばスマホの通信量を使わずにインターネットを利用することができます。

 

最近だとSoftbank Airなど自宅に置くだけですぐに利用できるWi-Fiも増えてきてますね。Wi-Fiについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

 

動画配信サービスにWi-Fiが必要な理由

動画配信サービスをスマホで見るだけならWi-Fiでなくても通信量無制限のプランを契約すれば見ることは可能です。違う方法だと多少手間ではありますが、無料のWi-Fiスポットに行けばダウンロードできます。

 

ただ動画配信サービスをテレビで見る場合、Wi-Fiがなければできません。ほとんどの場合テレビで視聴するには「クロームキャスト」か「Amazon Fire Stick」が必要だからです。

 

テレビで見るときに大切なのが「回線速度」です。速度が遅いと止まったりしてストレスなく動画を見ることができません。

 

動画配信サービスにはどれくらいの回線速度が必要なのか?

HuluやU-NEXTといった有名な動画配信サービスが公式サイトで表記してるのは3~6Mbps程度の回線速度です。光回線のWi-Fiならこのくらいの数字は簡単に出ます。スマホにWi-Fiをつないだときの速度です。

速度を調べたい場合は、こちらで調べることができます。(Netflix運営のスピードテスト)

もし動画が止まったりするようならスピードテストを試してみるのもいいと思います。

 

まとめ

というわけで今回は動画配信サービスで動画を見るための環境についてお話しました。

 

動画を快適に見るには

機器のスペック

Wi-Fi

回線速度

が必要になります。機器のスペックはよほどのことがない限り視聴可能です。(Windows Vista、i phone5cでも再生可能だったので。)

 

問題は、Wi-Fiがあるか、回線速度が速いかです。Wi-Fiがないとスマホでダウンロードやストリーミング再生は厳しいですし、テレビにもつながりません。回線速度は動画の画質や途切れないようにするために必要なものです。

 

この3つがあれば問題なく動画配信サービスで動画を見ることができます。ではこの記事が何かの参考になれば幸いです。

 

 

関連コンテンツ

こちらの記事も読まれています。



-動画配信サービス(VOD)について

Copyright© BMI 迷わない動画配信サービスの選び方 , 2019 All Rights Reserved.