邦画

奴隷区 僕と23人の奴隷が映画化。どんなハナシ?

投稿日:2014年4月27日 更新日:

Pocket

かなり有名な漫画みたい。

まったく知らないのでちょっと調べてみた。

映画は、2014年6月28日から。

映画は、秋元才加と本郷奏多のダブル主演。

http://www.cinra.net/news/gallery/23232

キャッチコピーは、

「奴隷欲しいヤツいる?」

 

すごいキャッチコピー。

 

このキャッチコピーの通り、

この物語の内容は、

負けた相手に絶対服従しなければならない、、、

 

自分ではまったく勝負したくない内容の物語だ。

しかもそんな勝負をしたい奴らが24人。

 

なんで奴隷になるの?

勝負に負けたくらいで、なんで奴隷にならなきゃならん。

と思ったアナタ。

 

そこは小説などに出てくる便利アイテムのせいです。

 

amathu1011.blog119.fc2.com

この「SCM」

っていうアイテムを持って(歯の裏につけて)

負けると絶対服従しなきゃいかんらしい。

 

しかも、勝負の方法は、

「なんでもあり。」

ってことみたい。

 

ルールが自由すぎて、

ルールを知っている人が圧倒的に

有利なゲーム。

 

高度な心理戦と言うよりも、

初心者を騙してアッサリ勝ってしまう感じです。

 

とはいえ、奴隷になっても、

感情までコントロールできないみたいなので、

そこからの逆転が可能なのが面白そうかな。

 

でも他人を奴隷にしたいなんて本気で思う

人間なんで、登場人物はだいたい精神がおかしいです。

 

だから映画を観る際は、気をつけて下さいね。

 

個人的には、仮面ライダー鎧武の貴虎役の久保田 悠来が

出るのが楽しみかな。

 

Google336

Google336

関連コンテンツ



-邦画
-

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.