小説

少女(湊かなえ)のストーリーを紹介(小説)

湊かなえさん原作の小説「少女」は

2009年に発表された作品。

 

映画では、本田翼さん、山本美月さんらが主演します。

 

今回は少女のおおまかなストーリーを紹介していきます。

 

少女 イメージ

 

ストーリー

同じ高校に通う敦子と由紀は小学生の頃からの親友だった。

 

しかし、お互いの勘違いから2人の仲に溝ができてしまう。

そんな2人のひと夏の出来事を描いた作品が「少女」です。

 

由紀は冷たい性格でどこか掴み所のない女の子。

敦子は明るい子ですが、その明るさが嘘くさい女の子。

 

2人は一緒に剣道をしていたけど、由紀は手にケガをして辞めてしまい、

敦子は高校を推薦で行ける程の実力の持ち主だったけど、

中学最後の試合に負けた時に裏サイトに悪口を書かれたことがきっかけで辞めてしまう。

 

 

敦子が剣道を辞めることになった時に由紀との関係がぎくしゃくしてしまった。

そんな関係のまま、高校生活を送っていたけれど、ある人物によってその関係に変化が起きる。

 

それは黎明館(れいめいかん)高校から転向してきた紫織だった。

彼女が転校してきたのは、親友の死がきっかけだった。

 

彼女は由紀と敦子に親友の死について語り、

その話を聞いた由紀と敦子は紫織がなんだか人間として上にいるような

錯覚を覚え、自分も人の死を見たいと思うようになる。

 

そして、夏休みを迎え、2人は人の死を見る為に行動を開始する。

 

由紀と敦子の思考・行動

2人は紫織の話を聞き、人の死に触れたいと思うのだが、

それは由紀と敦子がそれぞれ感じたことであり、お互いにそう思っていたことを知らない。

 

もともと、人の死を見てみたいと思うのは、きっかけでしかない。

たぶん人の死じゃなくてもいいのだが、それを見ることによって

自分が何かしら成長し、また元の関係に戻れるんじゃないかと期待している。

 

そうお互いが思っている時点で2人は似た者同士の親友なのだが、

腫物にさわるような感じで、大事な所は話し合っていないので

お互いにわかりあえていない状態なのである。

 

人の死を見る為に2人が取った行動だが、

由紀は死が間近に迫っている子供の死を見る為に、

読み聞かせをしてあげるボランティア団体に参加する。

 

敦子は体育の補習の為に特別養護老人ホームの「シルバーシャトー」に

手伝いに行くことになるが、そこで老人の死を見ようと考える。

 

一見まったく違う行動を取っている2人なのだが、後々に2人の話は繋がってくる。

 

 

その前に、2人の関係についてもう少し書いていこう。

 

由紀には祖母がおり、彼女が小学生の時に認知症を患ってしまう。

その時から祖母にとって由紀は孫ではなく、教師時代の教え子であった

「フジオカ」という人物に変わってしまう。

 

祖母は教育に対して厳しかったのか、「フジオカ」と思っている由紀に対して

暴力をふるうようになる。

 

それを止めようとする由紀の父や母に対しても、同じように暴力をふるうようになっていた。

由紀の両親は祖母に対して諦めの態度をとっており、

「死ぬまで待とう」という姿勢だった。

 

それに対して由紀は祖母の横暴な態度に我慢ならず、

祖母が寝ている時に濡れたタオルを顔にかけ、殺そうとする。

 

異常に気づきタオルを払いのけた祖母は怒り狂い

「因果応報 地獄に落ちろ」と叫び、由紀の手を切りつける。

 

それが原因で由紀の握力は3にまで落ちてしまった。

6歳の女の子でも平均8.54あるのだからほとんど握力がないと言える。

 

そんな事件があった為、由紀は剣道をやめてしまった。

 

 

敦子は剣道の才能があり、黎明館高校へ推薦が決まっていたが、

中学最後の試合で負けたことで学校の裏サイトに悪口を書かれ

それが原因で過呼吸の癖がついてしまう。

 

そして、黎明館高校へ行くことを辞め、剣道も辞めてしまった。

 

この時に由紀は敦子に「なんで剣道やめるの?」と言うが

敦子は「由紀に私の気持ちなんてわからないよ」と突き放してしまう。

 

由紀は敦子に「ヨルの綱渡り」という小説を書いて渡そうとするが、

学校にカバンを置き忘れた時に盗られてしまい、結局敦子に渡すことができなかった。

 

そうして2人の関係は中途半端なものになってしまった。

完全に仲が壊れたわけでもなく、お互いの本音もわからない。

けどなんとか2人は仲を元に戻したいと思っている。

 

そうして2人は各々人の死に触れる為に行動する。

 

 

由紀は病院に入院している子供「昴とタッチー」に出会う。

まんまるで明るいキャラクターのタッチーに対して、美形ではかなげな印象のある昴。、

「この子の死が見たい」と思う由紀。

 

そして由紀はタッチーから昴が成功率7%の手術を受けることと

昴が父親に会いたがっていることを知る。

 

それを聞いた由紀は、父親を探し出すことで

昴の死がより高貴なものになると確信し、昴の父を探すことにする。

 

一方で敦子は老人ホームで働く高雄孝夫という人物と一緒に働くことになった。

無口で愛想のない高雄に対し、嫌悪感を抱きおっさん呼ばわりする敦子だったが、単位の為に我慢していた。

 

そんなとき、水森と呼ばれるおばあさんがモチをのどに詰まらせて死にかける。

人の死が見たかった敦子だったが、こんな死に方見たくないと必死で掃除機でモチを吸い出し、命を救った。

 

しかし敦子が救ったのは、由紀の祖母だったのだ。

それを知った敦子は焦り、祖母を助けたのが自分だと知られたら、、、

さらに仲が悪くなることを恐れた敦子だった。

 

一方で由紀は昴の父親を探すが手がかりがほとんどない。

そんな中で昴の働いていた会社の住宅展示場を訪ねてみると、

そこには昴の父を知る三条という人物がいた。

 

三条は昴の父のことを知りたければ、1人で家の展示場に来いと言われる。

それが意味することを察した由紀は、先に牧瀬に抱かれた方がいいと考え

恋人の牧瀬を花火大会に誘う。

 

そこで由紀が思っていた展開にはならず、

牧瀬が実は人の死に触れたことがあり、さらにはもっと人の死に触れたいことを知る。

 

そこで由紀は昴の事を話し、三条の元へ一緒に行くことになった。

三条から手荒い方法で昴の父親の場所を聞き出した由紀はそこへ向かう。

 

そこは、敦子がいる「シルバーシャトー」で昴の父親はおっさんこと高雄孝夫だった。

 

ついに2人の行動が繋がり、そこから思わぬ展開になる。

由紀と敦子は元の関係に戻れるのか?そして誰かの死を目の当たりにできるのか?

 

 

というわけで、湊かなえさんの「少女」のストーリーでした。

ネタバレが気になる方は、こちら

 







 

関連コンテンツ

よく読まれている記事



管理人の動画配信サービスおすすめランキング

music.jp

music.jpは動画配信だけじゃなく、音楽や漫画も提供しているサービスです。 現在キャンペーン中で「1780コース」に登録すると30日間の無料お試しコースを体験することができます。 30日間無料なのに「最新映画が5本鑑賞できる」のは動画配信サービスの中でもmusic.jpだけです。 いつ終わるかわからないキャンペーンですので無料体験をするなら今がベストなタイミングです。

Netflix

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、その数はなんと1億人以上。ケタ外れの会員数です。

Netflixが会員数を伸ばし続けている理由は「オリジナルコンテンツ」の多さにあります。

どこでも観ることのできないコンテンツを多数抱えているからこそ「それを観たい」と思う人たちが集まってくる。それがNetflixの強みです。

その勢いは日本まで届き、ぞくぞくと日本のオリジナル作品も増えていっています。今観るにしても、今後観るにしても目の離せないサービスの1つだと感じています。

Hulu

Huluはもともとアメリカのサービスなので強みは「海外ドラマ」です。一度は名前を聞いたことのある海外ドラマはだいたいHuluで鑑賞できます。有名海外ドラマが好きな方はHulu一択でいいと思います。

また日本の事業を日テレが買収したことによって日本向けの作品が充実しています。

日テレで放送されているドラマはもちろんバラエティ・アニメなどたくさんのジャンル・種類の番組を観ることが可能です。

月額933円(税抜)で見放題とは思えない内容になってきているので一度Huluのサイトで作品を確認してみてください。

おすすめの記事

1

music.jpはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。   動画だけではなく専門チャンネル・音楽・漫画・書籍を1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 &nbsp ...

2

NetflixはHuluと同じくアメリカに拠点を置く会社ですが、Huluと比べ規模がケタ違いです。会員数は全世界で1億人を突破し、190以上の国と地域で運営されています。 それだけの市場規模を支えてい ...

3

動画配信サービスの中でなぜか「悪評」の高いU-NEXT。「入る価値がない」と数多く言われているサービスですが「それは言い過ぎ」と継続していた僕は思うので、今回は「U-NEXT」のメリット・デメリットに ...

4

動画配信サービスを利用する上で最初に言っておきたいことは「すべての作品を観たいならレンタル屋さんが最強」だということです。 洋画・邦画・ドラマの新しい作品、古い作品をすべて網羅している動画配信サービス ...

5

動画配信サービスは映画やドラマ・アニメなど僕たちが普段観ているエンターテイメントをインターネットを通して観る新しい動画の鑑賞ツールです。 無料でいえば「youtube」「Ameba TV」「ニコニコ動 ...

6

アメリカでは絶大な人気を誇り作品のすべてがヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」 魅力的なヒーローたちが同じ世界観で登場する作品で、現在22作品が2019年までに公開される予定になっています。 それ ...

7

TYPE-MOONの人気作品「Fate」シリーズ。 人気があるだけに現在もシリーズ化され、どの順番で観ていけばいいのかわかりづらくなってきています。 ほとんどの作品を観ている僕が個人的ではありますが、 ...

8

邦画史上最高におもしろくない作品を集めてみました。 内容がおもしろくなさすぎて逆に笑えてくる感想もご覧下さい。   デビルマン(2004) 世間の感想 ビートたけしが自身の「みんな~やってる ...

9

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。 今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】と ...

10

「君の名は。」で宮崎駿監督だけが達成していたアニメで100億円以上の 興行収入を記録した新海誠監督。   今回は新海監督の作品を映画だけではなく、短編アニメーションなども加えて紹介し、 作品 ...

11

洋画といえば字幕で楽しむのが個人的には好きなので 吹き替えを見る事は普段ないのですが、最近読んだ記事で「吹き替えが酷過ぎる映画」 というものが存在するようなので自分なりに調べてみました。   ...

12

huluでは配信作品が随時更新されています。 作品が増えすぎてどれを見ていいかわからない! っていう人のためにおすすめ作品を紹介していきます。   ※現在2017年4月時点での情報であり、 ...

-小説
-, , ,

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.