邦画

映画「探偵はBARにいる」あらすじと感想 小雪さんがとにかく綺麗です

投稿日:

Pocket

映画「探偵はBARにいる」をHuluで鑑賞しました。

 

スポンサーリンク

あらすじ

探偵家業の<俺>はいつものバーでコンドウキョウコという女からの依頼を受ける。依頼内容は「弁護士から加藤という男を知っているか尋ねること」

時給10万円の仕事だったが、その仕事を終えた時から<俺>は何者かに命を狙われ雪山に埋められてしまう。

命からがら助かった<俺>は自分の命を狙った男たちに報復する為、命を狙われる理由を調べていく。調査が進むにつれ、繋がるはずのない事件が1本の線で繋がり<俺>の予測しない方向へ事態は向かっていくのだった。

 

登場人物・キャスト

大泉洋
・・・探偵<俺>

松田龍平
・・・高田

小雪
・・・沙織

西田敏行
・・・霧島敏夫

マギー
・・・源ちゃん

榊英雄
・・・スポーツバーのマスター

本宮泰風
・・・岩淵貢

安藤玉恵
・・・峰子

新谷真弓
・・・スナック元従業員

街田しおん
・・・近藤京子

桝田徳寿
・・・ケラーオオハタのマスター

野村周平
・・・則天道場塾生

カルメン・マキ
・・・マキ

中村育二
・・・南

阿知波悟美
・・・田口康子

田口トモロヲ
・・・松尾

波岡一喜
・・・佐山

有薗芳記
・・・田口幸平

竹下景子
・・・近藤百合子

石橋蓮司
・・・岩淵恭輔

松重豊
・・・相田

高嶋政伸
・・・<俺>を拉致した男

 

内容・感想

近々映画が公開されるということで「第1作目」と「第2作目」を観ました。

タイトルだけは知っていたのですが鑑賞しておらず、大泉洋さんなのでコメディ色が強いのかなと思っていましたがかなり骨太にストーリーが作られていて非常に面白かったです。

札幌のすすきので探偵稼業をやっている<俺>(劇中では気づかなかったのですが、そういえば名前は呼ばれてなかったな)は馴染みのバー「ケラーオオハタ」で助手の高田とオセロをしながら依頼を待っている探偵です。

酒を飲んで、おっパブで楽しんで、その日暮らしで過ごしている男ですが、依頼された仕事は最後までやり通す真っすぐな男でもあります。

助手の高田は普段大学の農学部にいますが、空手は師範代の腕前で<俺>の運転手&良き友人です。本人は一日中寝ていたい人なので劇中でもしょっちゅう寝ていますが、たびたび<俺>の呼び出し電話で起こされています。

 
<俺>は名探偵のように推理で犯人を当てるという方法ではなく徹底的に足を使って事件を調査していきます。

それが現実感があって個人的には好きです。男前でもなく、清潔さもない<俺>だからこそ現実的ですし、それでもヤクザと戦ったり追われたりすることによって現実的で地味な探偵ではなく物語として面白いものになっています。

探偵を取り巻く環境も非現実的で普段観ることのできない魅力的な世界です。歓楽街なんて普段行かないのでオカマバーであったり、クラブであったり、はたまたおっパブであったりと、なんだか毎日がパーティのような嫌なことをすべて忘れさせてくれる環境も観ていて引き込まれます。

今回一番の収穫(?)は小雪さんが非常に美人だと再確認できたことかな(笑)。探偵が小雪さん演じる沙織に見とれるシーンがあるんですが心境的には僕も同じでした。

顔も綺麗なんですが背中がすごくセクシーでふっくらしていて鍛えられていてなんともいえない絶妙な色気を醸し出していました。松ケンが羨ましい(笑)

 
先ほども言いましたが、この映画ストーリーが良く出来ていて非常に面白いです。一つ一つ謎を解いていき、そこに非現実的な要素は一つもないし、無駄なシーンも1つもない。

主人公の<俺>、高田はもちろんのこと、その周りにいるキャラクターも個性が強くて印象に残ります。つまりどこからどう見ても面白い作品なんです。

探偵ものが好きな方はぜひぜひ観て欲しいです。ただ暴力的な描写や遺体も出てくるので、刺激的なものが苦手な方は観ない方がいいかもしれません。

今回、映画はHuluで鑑賞しました。

Huluは月額933円(税抜)ですべての動画が見放題のサービスです。海外ドラマのコンテンツが多いのですが邦画なども徐々にラインナップが増えています。

2週間の無料お試し期間があるので、興味のある方はぜひ。

Google336

Google336

キレイモ

-邦画

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.