洋画

映画ヒックとドラゴン2のネタバレとあらすじ

投稿日:2014年7月29日 更新日:

現在(2014年7月28日)日本公開が見送られている

「ヒックとドラゴン2」

そのネタバレとあらすじです。

(日本公開の可能性もあるので、

楽しみにしている方は見ないで下さい。)

あくまでも劇場に足を運べない方向けです。


ストーリー

バイキングの村、バーグでは人とドラゴンが共存するようになっていた。

それもヒックとトゥースの友情のおかげ。

 

当の本人達は、ドラゴンライダー達が出場する試合には目もくれず

未開の大地を探索する事に夢中になっていた。

 

前作で足を失ったヒックも今では動き回れるようになり、

トゥースとともに大空を飛びまわっている。

 

ドラゴン狩りとの出会い。

大空を飛びまわっているヒックとトゥースのもとに、

アスティが現れる。

 

3人は空から遠方に見える煙を見つけ、近づいていく。

その時、アスティのドラゴンが何者かの罠によって捕まってしまった。

 

アスティのドラゴンを奪還しようとしたヒックとトゥースは集団に遭遇。

 

その集団はドラゴンの支配者「ドラゴ」にドラゴンを差し出す為、

ドラゴン狩りを行っていたのである。

 

魔の手はヒックとトゥースにも迫るが、2人は危機を回避。

危機を脱した一行は、一旦バーグへと帰還することになった。

 

ドラゴの恐怖

父親のストイックに、

事情を説明したヒックだったが、相手にされなかった、

 

しかし、ヒックが、

「ドラゴという男が

    バーグに襲ってくるかもしれない。」

と告げるとストイックの態度は豹変。

 

それもそのはずだった。

 

ストイックは過去にドラゴと出会い、死にかけた経験がある。

 

村を守るため、ストイックは戦いの準備を始めるが

ヒックは戦いを回避する方を選ぶ。

再びヒックとトゥースとアスティは飛び立って行った。

 

ドラゴの居場所をつきとめようとするが、、、

ヒックはドラゴの居場所を探るために、ドラゴの部下のもとへ向かう。

わざと降参し、ドラゴの場所を突き止めようとする作戦だ。

 

しかし、その作戦はあっさり失敗してしまう。

ヒックの後を追いかけてきたストイックがやめさせてしまったからだ。

 

諦めきれないヒックは再びトゥースと共に行こうとするが、

謎のドラゴンライダーが現れ、ヒックを連れ去っていったのである。

 

氷の洞窟で見たもの。

ヒックは氷の洞窟へと連れ去られてしまった。

 

そこには今までに見た事のない数のドラゴンが生息していた。

 

そのドラゴンを守り、一緒に暮らしていたのが、

ヒックを連れ去ったドラゴンライダーであった。

 

ヒックは平和に暮らす多数のドラゴンに驚きつつも

さらに驚くべき事実を知る。

 

ヒックを連れ去ったドラゴンライダー。

それは死んだと思っていた母親だった!

 

ヒックの母はドラゴによって傷つけられたドラゴンを守り、

一緒に暮らしていた。

 

 ドラゴンの王がそこに。

氷の洞窟で暮らしていたのはドラゴンだけではなかった。

ドラゴンの王ともいえる存在「アルファ」がいた。

 

この「アルファ」に守られ、

他のドラゴンたちは平和に暮らす事が可能だったのだ。

 

そこにヒックを追いかけてきたストイックも現れる。

 

死んでいたと思っていた妻が目の前に現れ、

家族は感動の再会を果たしたのであった。

 

幸せな時間は長く続かない。

家族の幸せな時間がすぐに消え去った。

 

洞窟はすでにドラゴの軍勢に囲まれており、

状況は危機的だった。

 

しかし、ヒックはそんな中でも勇敢に戦う。

 

とはいえ、さすがに多勢に無勢。

ヒックは厳しい状況に追い込まれた。

 

しかし、そこにドラゴンの王「アルファ」が登場。

一気にドラゴの軍勢を蹴散らす。

 

戦況は有利になったと思われたが、

ドラゴが従えていたドラゴンにも

「アルファ」と同様の力をもったドラゴンがいた。

 

巨大なドラゴン2頭の壮絶な争いの末、

勝ったのはなんとドラゴのドラゴンであった。

 

すべての支配権はドラゴに

ドラゴに敗れてしまったことによって、

ヒックの母親と暮らしていたドラゴンすべてが

ドラゴの支配下になってしまった。

 

その中にはトゥースも含まれており、

トゥースはヒックの存在を忘れてしまったかのようになってしまった。

 

ドラゴはトゥースにヒックを殺すように命じる。

操られたトゥースはヒックに向けて、炎を吐き出す。

 

絶体絶命のピンチ!

 

そんなヒックを救ったのは、父親のストイックだった。

自らの命と引き換えに、、、、

 

だがショックを受けている暇はヒックにはなかった。

ヒックはドラゴの支配下におかれていない子供のドラゴンに乗り、

氷の洞窟から脱出。そしてバーグに向かう。

 

思いだしてよ、、、トゥース

バーグへ戻ったヒックだったが、トゥースも追ってきていた。

 

村で再び対面した2人。

ドラゴは再びヒックを殺すようトゥースに命令する。

 

そんなトゥースに対し、ヒックは語りかける。

 

ドラゴの支配下におかれ、我を忘れていたトゥースだったが、

目の前にいる少年が自分にとって大事なものだと本能でわかっていた。

 

種族は違えども、2人は共に過ごし、共に傷ついてきた。

そんな深い深い絆がトゥースを正気に戻させる。

 

ドラゴの支配下から逃れた2人は村を守る為、

再びドラゴに立ち向かう!

 

・・・ラストは映画で!

 

関連コンテンツ

よく読まれている記事



管理人の動画配信サービスおすすめランキング

music.jp

music.jpは動画配信だけじゃなく、音楽や漫画も提供しているサービスです。 現在キャンペーン中で「1780コース」に登録すると30日間の無料お試しコースを体験することができます。 30日間無料なのに「最新映画が5本鑑賞できる」のは動画配信サービスの中でもmusic.jpだけです。 いつ終わるかわからないキャンペーンですので無料体験をするなら今がベストなタイミングです。

Netflix

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、その数はなんと1億人以上。ケタ外れの会員数です。

Netflixが会員数を伸ばし続けている理由は「オリジナルコンテンツ」の多さにあります。

どこでも観ることのできないコンテンツを多数抱えているからこそ「それを観たい」と思う人たちが集まってくる。それがNetflixの強みです。

その勢いは日本まで届き、ぞくぞくと日本のオリジナル作品も増えていっています。今観るにしても、今後観るにしても目の離せないサービスの1つだと感じています。

Hulu

Huluはもともとアメリカのサービスなので強みは「海外ドラマ」です。一度は名前を聞いたことのある海外ドラマはだいたいHuluで鑑賞できます。有名海外ドラマが好きな方はHulu一択でいいと思います。

また日本の事業を日テレが買収したことによって日本向けの作品が充実しています。

日テレで放送されているドラマはもちろんバラエティ・アニメなどたくさんのジャンル・種類の番組を観ることが可能です。

月額933円(税抜)で見放題とは思えない内容になってきているので一度Huluのサイトで作品を確認してみてください。

おすすめの記事

1

music.jpはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。   動画だけではなく専門チャンネル・音楽・漫画・書籍を1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 &nbsp ...

2

NetflixはHuluと同じくアメリカに拠点を置く会社ですが、Huluと比べ規模がケタ違いです。会員数は全世界で1億人を突破し、190以上の国と地域で運営されています。 それだけの市場規模を支えてい ...

3

動画配信サービスの中でなぜか「悪評」の高いU-NEXT。「入る価値がない」と数多く言われているサービスですが「それは言い過ぎ」と継続していた僕は思うので、今回は「U-NEXT」のメリット・デメリットに ...

4

動画配信サービスを利用する上で最初に言っておきたいことは「すべての作品を観たいならレンタル屋さんが最強」だということです。 洋画・邦画・ドラマの新しい作品、古い作品をすべて網羅している動画配信サービス ...

5

動画配信サービスは映画やドラマ・アニメなど僕たちが普段観ているエンターテイメントをインターネットを通して観る新しい動画の鑑賞ツールです。 無料でいえば「youtube」「Ameba TV」「ニコニコ動 ...

6

アメリカでは絶大な人気を誇り作品のすべてがヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」 魅力的なヒーローたちが同じ世界観で登場する作品で、現在22作品が2019年までに公開される予定になっています。 それ ...

7

TYPE-MOONの人気作品「Fate」シリーズ。 人気があるだけに現在もシリーズ化され、どの順番で観ていけばいいのかわかりづらくなってきています。 ほとんどの作品を観ている僕が個人的ではありますが、 ...

8

邦画史上最高におもしろくない作品を集めてみました。 内容がおもしろくなさすぎて逆に笑えてくる感想もご覧下さい。   デビルマン(2004) 世間の感想 ビートたけしが自身の「みんな~やってる ...

9

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。 今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】と ...

10

「君の名は。」で宮崎駿監督だけが達成していたアニメで100億円以上の 興行収入を記録した新海誠監督。   今回は新海監督の作品を映画だけではなく、短編アニメーションなども加えて紹介し、 作品 ...

11

洋画といえば字幕で楽しむのが個人的には好きなので 吹き替えを見る事は普段ないのですが、最近読んだ記事で「吹き替えが酷過ぎる映画」 というものが存在するようなので自分なりに調べてみました。   ...

12

huluでは配信作品が随時更新されています。 作品が増えすぎてどれを見ていいかわからない! っていう人のためにおすすめ作品を紹介していきます。   ※現在2017年4月時点での情報であり、 ...

-洋画

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.