邦画

映画 STAND BY ME ドラえもんのあらすじと感想(ネタバレは含んでない).

投稿日:2014年8月20日 更新日:

Pocket

ドラえもんがCGになって映画に登場。

「ドラ泣き」なんてキャッチフレーズをつけて

完全に"大人"を泣かしにきてるぜ!

公開は2014年8月8日から。

ドラえもんに説明は不要。

まぁ、特に映画のあらすじを説明するまでもないでしょう。

理由はドラえもんだから。

 

どんなストーリーがきても、

ドラえもんの世界観は誰でも知っている。

 

これはネタバレと一緒で、

最初にストーリーを知っていた方が

より物語を深いレベルで知ることができるのと同じ。

 

だからドラえもんという世界を知っていれば、

特に他に知っておくべきことはない。

 

と、いうわけで、

あらすじは必要ないですね。(笑)

 

あれっ?上のタイトルにはあらすじの文字が。

しょうがない。

万が一にもドラえもんを知らない人の為に

あらすじも載せておきます。(笑)

 

あらすじ

東京の郊外に暮らす運動オンチで勉強もできない少年、のび太。

ある日、22世紀から子孫であるセワシがドラえもんと一緒にタイムマシンでのび太を訪れる。

のび太が作った借金が原因で、セワシのいる代まで迷惑をこうむっていた。

そのためセワシは、のび太のために世話係のネコ型ロボット・ドラえもんを連れてき たのだ。

こうして、のび太はドラえもんと暮らすことになり……。

シネマトゥディより引用。

 

感想(ネタバレ?含む)

最初に言っておきべき事は、この映画に

ネタバレはないっていうことですね。

 

ないっていうか、

原作の7エピソードをうまい具合に貼り付けているから

話の内容っていうのはほぼわかってしまうわけです。

観る前から。

※僕が好きなのは、やっぱり結婚前夜。

それでも観たいと思うのは、

全編が3Dって事もあるだろうし、

ストーリーが良いのが最初っからわかってるからです。

 

今回の映画はいい大人の方が"ドラ泣き"できるんですよ。

予告を見ただけで泣いてる自分が想像できますから。

 

今の子供たちはほとんど知らないでしょうけど、

今の子供たちの親はだいたい知ってるんじゃないですかね?

7つのエピソードを。

 

これは知ってるか知らないかで全然映画を見た印象が違うと思います。

言ってみたら子供たちとはドラえもん歴が違うと!(笑)

 

だからどう考えてもこの映画。

僕ら大人向けの映画なんですよ。

 

絶対に大人は見るべき!

そりゃあね、設定自体はいくらか変わってますよ。

(成し遂げプログラムとか、

成し遂げプログラムとか、

成し遂げプログラムとか、)(笑)

 

でもまぁ設定が変わっても、

そこはドラえもん。

 

多少の無茶はまかり通ります。(笑)

 

今までのドラえもんとは違うドラえもんだと

思えば、そんなに気にならないかなと感じました。

 

僕らが子供の頃から見てきたドラえもんが

今も変わらず続いている。

 

要はそーゆーことなんですよね。

自分の子供とあの頃の気持ちで一緒に見れる。

 

そんな映画じゃないかなと思います。

 

・・・続きは映画で。

 

Google336

Google336

関連コンテンツ



-邦画

Copyright© BMI , 2017 AllRights Reserved.