ニュース・トリビア・まとめ

青山剛昌 病名は?「ちょっと待ってて」と不定期掲載へ。こうなると気になる最終回は?

投稿日:2015年3月16日 更新日:

名探偵コナンの作者として知られる青山剛昌が

現在連載中のコナンを週刊掲載から不定期掲載に

変更になることが発表されました。

 

不定期掲載になる理由を、

「術後入院の為。」としていますが、病名などは明らかにしていません。

 

こうなると気になるのはその病名ですね。

もし重大な病気だったら最終回も見られなくなるかも

っていう不安が出てきましたので、現状を知るっていう意味で

現在出回っている情報を集めてみました。

 

コナン不定期掲載

 青山剛昌の病名は?

これは現段階では明らかになっていませんね。

 

2chなどの情報などでは、

「ヘルニア」という事なので、もしそうだとすれば、

HUNTER×HUNTERの冨樫さんと同じ病気ですね。

 

冨樫さんの場合は長期休載してしまっているので、

もしかしたら青山剛昌さんも長期休載なんてことに、、、

 

コナンも連載が1994年からですから、もう21年も連載しているんですね。

 

デビューが1986年ですから、

漫画家としては29年も活動している計算になります。

 

そんな年月座りっぱなしの仕事をしていれば、

そりゃ体も悪くなりますよ。

無理せず療養して復帰していただきたいですね、、、

 

気になるコナンの最終回予想

青山先生の病気がヘルニアなら、

突然お亡くなりになることはないでしょうが、

夏頃に帰ってこれるかはあくまでも予定です。

 

このままコナンが描けなくなったら気になるのは最終回。

というか、「あの方」の正体でしょう。

 

「あの方」の正体も現段階では不明ですが(当然だけど)

ネット上ではさまざまな最終回予想がなされてますね。

 

そういった予想に対して、青山先生は、1つの答えを出しています。

 

それは、

「阿笠博士じゃないよ」ということ。

 

これはけっこう有名な話で、黒の組織のボスの正体が

実は阿笠博士じゃないんじゃないかと囁かれていたのですが、

青山先生は公式でこれを否定しています。

 

作者本人が言っているのですからこれはもう100%間違いないでしょう。

 

さらに、「あの方」が誰かを見破るヒントとして有力なのが

コナンの最終回がハッピーエンドである。ということも挙げられます。

 

最終回はハッピーエンドなのですから、すくなくとも

コナンの仲間が犯人ではないことは明確でしょう。

 

さらに、有力なヒントが、

「ボスの名前は原作のどこかに出ている」

と発言していること。

 

これは2006年1月13日の朝日新聞でのことなので、

単行本でいうと53巻のFILE8「釘とへび」までには出ていることになる。

 

「どこかに出ている」「探してみてください」

という内容なので、目立つようなキャラではない事は確か。

 

 

皆さんも、単行本を読み返して

気になる「あの方」予想をしてみてはいかかでしょうか?

 

関連コンテンツ

よく読まれている記事



管理人の動画配信サービスおすすめランキング

music.jp

music.jpは動画配信だけじゃなく、音楽や漫画も提供しているサービスです。 現在キャンペーン中で「1780コース」に登録すると30日間の無料お試しコースを体験することができます。 30日間無料なのに「最新映画が5本鑑賞できる」のは動画配信サービスの中でもmusic.jpだけです。 いつ終わるかわからないキャンペーンですので無料体験をするなら今がベストなタイミングです。

Netflix

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、その数はなんと1億人以上。ケタ外れの会員数です。

Netflixが会員数を伸ばし続けている理由は「オリジナルコンテンツ」の多さにあります。

どこでも観ることのできないコンテンツを多数抱えているからこそ「それを観たい」と思う人たちが集まってくる。それがNetflixの強みです。

その勢いは日本まで届き、ぞくぞくと日本のオリジナル作品も増えていっています。今観るにしても、今後観るにしても目の離せないサービスの1つだと感じています。

Hulu

Huluはもともとアメリカのサービスなので強みは「海外ドラマ」です。一度は名前を聞いたことのある海外ドラマはだいたいHuluで鑑賞できます。有名海外ドラマが好きな方はHulu一択でいいと思います。

また日本の事業を日テレが買収したことによって日本向けの作品が充実しています。

日テレで放送されているドラマはもちろんバラエティ・アニメなどたくさんのジャンル・種類の番組を観ることが可能です。

月額933円(税抜)で見放題とは思えない内容になってきているので一度Huluのサイトで作品を確認してみてください。

おすすめの記事

1

music.jpはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。   動画だけではなく専門チャンネル・音楽・漫画・書籍を1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 &nbsp ...

2

NetflixはHuluと同じくアメリカに拠点を置く会社ですが、Huluと比べ規模がケタ違いです。会員数は全世界で1億人を突破し、190以上の国と地域で運営されています。 それだけの市場規模を支えてい ...

3

動画配信サービスの中でなぜか「悪評」の高いU-NEXT。「入る価値がない」と数多く言われているサービスですが「それは言い過ぎ」と継続していた僕は思うので、今回は「U-NEXT」のメリット・デメリットに ...

4

動画配信サービスを利用する上で最初に言っておきたいことは「すべての作品を観たいならレンタル屋さんが最強」だということです。 洋画・邦画・ドラマの新しい作品、古い作品をすべて網羅している動画配信サービス ...

5

動画配信サービスは映画やドラマ・アニメなど僕たちが普段観ているエンターテイメントをインターネットを通して観る新しい動画の鑑賞ツールです。 無料でいえば「youtube」「Ameba TV」「ニコニコ動 ...

6

アメリカでは絶大な人気を誇り作品のすべてがヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」 魅力的なヒーローたちが同じ世界観で登場する作品で、現在22作品が2019年までに公開される予定になっています。 それ ...

7

TYPE-MOONの人気作品「Fate」シリーズ。 人気があるだけに現在もシリーズ化され、どの順番で観ていけばいいのかわかりづらくなってきています。 ほとんどの作品を観ている僕が個人的ではありますが、 ...

8

邦画史上最高におもしろくない作品を集めてみました。 内容がおもしろくなさすぎて逆に笑えてくる感想もご覧下さい。   デビルマン(2004) 世間の感想 ビートたけしが自身の「みんな~やってる ...

9

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。 今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】と ...

10

「君の名は。」で宮崎駿監督だけが達成していたアニメで100億円以上の 興行収入を記録した新海誠監督。   今回は新海監督の作品を映画だけではなく、短編アニメーションなども加えて紹介し、 作品 ...

11

洋画といえば字幕で楽しむのが個人的には好きなので 吹き替えを見る事は普段ないのですが、最近読んだ記事で「吹き替えが酷過ぎる映画」 というものが存在するようなので自分なりに調べてみました。   ...

12

huluでは配信作品が随時更新されています。 作品が増えすぎてどれを見ていいかわからない! っていう人のためにおすすめ作品を紹介していきます。   ※現在2017年4月時点での情報であり、 ...

-ニュース・トリビア・まとめ

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.