あらすじ・感想・ネタバレ アニメ

A.I.C.O. Incarnation(ネタバレ) あらすじと感想。少女の真っすぐな想いが世界を救う。

投稿日:

※この記事には結末などのネタバレが含まれています。知るのが嫌な方はここでページを閉じてください。

 

あらすじ

2035年、近未来の日本。

「人工生体」の研究中に起きた大事故“バースト”により、 暴走した人工生命体“マター”が黒部峡谷一帯を侵蝕。

人類にとって希望の地と謳われた研究都市は、政府により立ち入りが禁じられた。

それから、2年後――。

バーストで家族を失った15歳の橘アイコは、 転校生の神崎雄哉から信じがたい事実を告げられる。

それはアイコも知らなかった、自身の身体に隠された“秘密”だった。

それを解く鍵は、バーストの中心地“プライマリーポイント”にあるという。

アイコは、案内人の神崎雄哉と護衛部隊のダイバーたちと共に、 封鎖されたエリアへの侵入を決意するが。

人類の未来を背負う少年、少女が出会った時、明らかになる真実とは?

公式サイトより引用

スポンサーリンク

 

A.I.C.O. Incarnationの簡単にわかる結末

プライマリーポイントに到達し、神崎雄哉の手によって2人のアイコはお互いに自分自身の身体を取り戻すが、2人のアイコはそれぞれの別の道を進んでいくことになった。

 

A.I.C.O. Incarnationの世界観と内容

日本を舞台にした作品。富山県黒部峡谷で発生した「マター」という人工生命体の暴走によって一帯がマターに占拠され、その範囲が徐々に広がっていくことに脅威を感じて一帯を破壊することを提示するものと人工生体という革新的な技術を国益として守ることを主張する政治的動きがにらみ合っている緊迫した状態。

物語の主人公である橘 アイコが自身の身体を取り戻すべく「プライマリーポイント」へと向かう道で自身の秘密と葛藤していくことがテーマ。

謎の転校生神崎雄哉(かんざきゆうや)の出現で自身の存在理由を知ることになる橘(たちばな)アイコ。

彼女の秘密とは「人工生体という技術によって生み出された人間」だということ。

本体である橘アイコは事故によって重傷を負い、そのケガを治すために最新技術である「セル・アセンブラ2」によって一命を取り留めるが、その際に彼女の身体が暴走し「マター」と呼ばれる物体に変化してしまった。

橘アイコの案内人である神崎雄哉(かんざきゆうや)が彼女をプライマリーポイントへと連れていく。

その道中をマターが巣くう一帯から研究資産を回収することによって生計を立てている「ダイバー」と共に行くのだが、アイコや神崎の決意・想いを知ることによって「命とはなんなのか」ということを深く考えさせられる内容になっています。

 

A.I.C.O. Incarnationの感想

Netflixにbones(ボンズ)とプロダクションI.Gが参加するというのを知って観た作品です。
だからどんな話かは一切知らず鑑賞したわけですが面白かったです。

テーマは「命とは何か?」ということだと思いますが、1人の人間を救うためだけに生み出されたもう1人の橘アイコを「モノ」として扱うのか「人」として扱うのかということをずっと表現していたと思います。

“プライマリーポイント”と呼ばれる場所へ行くために様々な困難が待ち受けているわけですが、その道中で神崎はアイコを「モノ」として扱っていましたが、彼女に触れることによってその考えが間違っていることに気づかされます。

それとは対照的に描かれているのが伊佐津(いさず)というキャラクターで、自分の娘である柚葉(ゆずは)の意識を取り戻すためにアイコを「モノ」として扱おうとします。

自分の娘が大切なのはわかりますが、やっぱりそんな自分勝手な考えは通らないよねっていうわけで伊佐津自身はそれなりの結果になるのですが。

この作品で良かったと思うのが「きちんと犠牲が払われていること」でした。

誰もが到達したことのない”プライマリーポイント”へ到達するために誰の犠牲もないことはおかしいですから、(そんな仲良しこよしで到達してもイマイチ達成感がないと感じるから)そういった理不尽な場面も描かれていることは作品の良さを引き出していたと思います。

スポンサーリンク

あとは「真っすぐな想いは人を変えることができる」ということですね。

作り物のアイコ自身は自分の正体がわかったあと、本物のアイコに身体を返すことをためらっていましたし、自分自身こそがアイコだと強く想っている部分もあったのですが、結局母と弟を救うために自らを犠牲にする道を選びます。

その姿は観ていて非常に感動しましたし、応援したくなりましたね。こんだけ真っすぐさを出してきたらあれだけ自分の信念を貫いてきた神崎も心変わりしますよ。

まぁそういう作品に仕上がっているのでぜひご鑑賞ください。

まだNetflixに登録していない方はこちらの記事を参考にしてください。

Netflixでしか観れないオリジナル作品がぞくぞく登場してきているのでこれからもっと面白い作品が出てくると思います。

 

 

作品情報

 

関連コンテンツ

こちらの記事も読まれています。



-あらすじ・感想・ネタバレ, アニメ

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.