あらすじ・感想・ネタバレ 洋画

イコライザー2 あらすじと感想 ストーリーは前作よりさらに面白い

投稿日:

デンゼル・ワシントンさんが演じる元CIAの凄腕エージェントのマッコールの生き様を描く「イコライザー2」

前作「イコライザー」は2014年の公開で今作は2018年と4年経っていますが、マッコールの魅力は色あせることなく前作よりも非常に面白くなっていました。

「1」よりも「2」が面白い作品って珍しいので、まだ鑑賞していない方はぜひ「1」から見てください。

 

スポンサーリンク

 

映画予告

 

キャスト

  • ロバート・マッコール - デンゼル・ワシントン(大塚明夫)
  • デイブ・ヨーク - ペドロ・パスカル(西健亮)
  • マイルズ・ウィテカー - アシュトン・サンダーズ(英語版)(福西勝也)
  • サム・ルビンスタイン - オーソン・ビーン(板取政明)
  • ブライアン・プラマー - ビル・プルマン(安原義人)
  • スーザン・プラマー - メリッサ・レオ(高島雅羅)
  • レズニック - ジョナサン・スカーフ(英語版)(東條達也)
  • ファーティマ - サキナ・ジャフリー(ニケライ・ファラナーゼ)
  • アリ - カジー・タウギナス(堀総士郎)
  • コバック - ギャレット・A・ゴールデン(藤井隼)
  • トルコ人の父親 - アダム・カースト
  • グレースの娘 - リース・コート(花園愛美)
  • グレース - タマラ・ヒッキー(木村香央里)

※括弧()は日本語吹替え

Wikipediaより引用-イコライザー2

 

イコライザー2がすぐにわかる 簡単なあらすじ

タクシードライバーとして生計を立てているマッコールは実は元CIAの凄腕エージェントだった。彼は現役を退いたあともその特殊な技能を、自分の身近にいる力のない弱き人々を助けるために使っていた。

 

今は亡き最愛の妻がマッコールに与えた課題は「本を100冊読むこと」だった。順調に本を読み静かな日々を送っているマッコールだったが、ある日、彼自身にかかわる大きな事件が起き、例えようのない失望の中でマッコールは持てる力を総動員して犯人を捜しだした。

 

そして犯人を割り出したマッコールはイコライザーとして犯人の抹殺を決行する。

 

マッコールがタクシードライバーやっているのにはちゃんと理由がある

最初に疑問に思ったのは「前はたしかホームセンターで働いてたのに」と感じたことです。まぁあれだけ派手にドンパチをしたら出ていくしかないかと思っていたのですが、監督のアントワーン・フークアさんにはちゃんとした意図があったようです。

 

マッコールをタクシー運転手としたのは「他人を理解するため」だと語っていて、人々はタクシーに乗ると運転手のことを気にせず電話したり、独り言をいったりと相手の一端を知ることができ、また困っている人々がいれば助けることもできる仕事だからと言っています。

 

監督が語るデンゼル・ワシントンの強みと作品の魅力

イコライザー2の主演を務めたデンゼル・ワシントンを大絶賛しています。

彼ほど信念のある役者はいない

彼は常に上を目指していてより良い作品にしようと努力している

 

その言葉の通り、個人的には本作の方が面白かったです。Rotten Tomatoesではあまり評価は良くなかったようですが。

 

また監督はこの作品の魅力として、「アクション映画にはない感動もある」と語っています。まさにその通りで今回のマッコールは「人を殺す」よりも「人を助ける」ってことにフォーカスしていると思いました。

 

監督のインタビューはこちら

 

イコライザー2を見た感想

おおまかな話の流れとしては前作と同じで巨大な力にマッコールがその圧倒的な戦闘力をもって単身挑んでいくのですが、前作と違って今回は明確に「人を助ける」ことを信条に動いています。

 

前作ではアリーナという女の子を助けるのですが、彼自身がその行動に違和感を感じていました。しかし自分には力があり、その力を使うことで助かる人々がいるなら助けようと決意し、「2」へと繋がっていきます。

 

前作での流れを引き継いで、マッコールは自分の目に映る人々を助けています。(るろ剣のように言っていますが、やり方は剣心とは真逆です笑) 今回はただ助けるというわけではなく、道を踏み外しそうな若者を「導く」ことによって、自分のようになってほしくないという想いが見て取れました。

 

映画ではマッコールの人間的な部分も多く描かれていますが、本作のもっとも魅力的なアクションもかなり力が入っています。前作もそうでしたが、「とにかく強い。どんな不利な状況であっても彼に勝てる人間はいない。」ことは変わっていません。

 

僕が一番好きだったのは、車を走らせながら殺し屋を始末するシーンです。街中で車を走らせながら後部座席にいる殺し屋相手に余裕で勝利するマッコールはただ素敵でした(笑) ドライビングテクニックも半端ないです。

 

華麗なる殺しが見たい方はぜひ鑑賞することをおすすめします。

 

イコライザー2をレンタルするなら動画配信サービスで

イコライザー2は動画配信サービスのmusic.jpでレンタルしました。music.jpは最新映画をレンタルするには非常に便利なサービスなので「DVDを借りに行くのが面倒だ。」という人におすすめしたいサービスです。

 

詳しくはこちらで紹介しています。

レビュー
music.jpは最新映画を見るのに最強の動画配信サービスです。

  music.jpってどんなサービスなの?っていう疑問のある方向けです。music.jpを気に入ってずっと使っている僕がどんなサービスかを紹介します。   music.jpはエム ...

続きを見る

 

 

 

 

 

関連コンテンツ

こちらの記事も読まれています。



-あらすじ・感想・ネタバレ, 洋画

Copyright© BMI 迷わない動画配信サービスの選び方 , 2019 All Rights Reserved.