テレビで動画配信サービスを見るのに必要なネット環境と機器とは?

会員になればテレビで動画配信サービスを見れると思ってたのに・・・

 

今回は動画配信サービスをテレビで見るときに必要な環境について紹介します。

テレビで動画配信サービスを見るのに必要なものは「Wi-Fi」、「スマートテレビ」もしくは「ストリーミングメディアプレーヤー」になります。

対応している動画配信サービスも紹介しながら必要な環境について説明していきます。

 

動画配信サービスをテレビで見るのに必要なもの

動画配信サービスをテレビで見るのに必要なのは「テレビ+ネット環境」になります。

重要なのはテレビに「HDMI端子」がついているか、テレビが「スマートテレビ」かということです。

HDMI端子

HDMI端子

HDMI端子が必要なのはそこに機器を取り付けるからです。HDMI端子がなければテレビで視聴することができません。

 

スマートテレビとは

スマートテレビとは、地上波やBS、CS放送などを見られるだけでなく、インターネット接続機能を持つテレビの総称

スマートテレビと普通のテレビの違いは「動画を見るためのアプリがダウンロードできるかどうか」です。

なのでテレビにアプリをダウンロードできる機能がなければ「外付け」の機器を用意してあげればテレビで視聴ができるようになります。

スマートテレビを販売している主なメーカー

Sony(BRAVIA)
Panasonic(VIERA Connect)
TOSHIBA(Toshiba Places)
SHARP(SHARP AQUOS Net+)
LG(LG NetCast)

 

動画配信サービスをテレビで見る方法を比較

スマートテレビ以外で動画配信サービスでテレビを見る主なストリーミングメディアプレーヤーは3つあります。

Fire TV Stick

Google Chromecast

ゲーム機

 

おすすめFire TV Stick / Fire TV Stick 4K

Fire TV Stick / Fire TV Stick 4KはAmazon製のストリーミングメディアプレーヤーです。価格は(通常)4980円/(4K)6980円

Fire TV StickはフルHDまで、Fire TV Stick 4Kは4Kまで対応しています。また専用のリモコンが付属していて操作はかなり簡単にできるようになっています。

接続もHDMIに挿して、Wi-Fiに繋ぐだけなので難しい手順はありません。

対応している動画配信サービス

Prime Video
YouTube
dTV
Paravi
Netflix
TVer
GYAO!
U-NEXT
DAZN
Disney+
FOD
Hulu
dアニメストア
music.jp
ABEMA

 

Google Chromecast(グーグル クロームキャスト)

 

Google ChromecastはGoogleの製品になります。価格はChromecast/4,978円・Chromecast Ultra/9,720円

Ultraは4K対応となっています。Fire TVと違う点はリモコンはなく、スマホをリモコンがわりに使用する点です。

対応している動画配信サービス

Prime Video
YouTube
dTV
Paravi
Netflix
TVer
GYAO!
U-NEXT
DAZN
Disney+
FOD
Hulu
dアニメストア
music.jp
ABEMA

さらに対応アプリを知りたい方はこちら

 

ゲーム機

ゲーム機はゲーム内でアプリをダウンロードして利用します。

操作はコントローラーで行うので慣れた人にはやりやすいと思います。

ただわざわざ動画配信サービスのために購入するには高価なモノなので持っていなければFire TV Stickをおすすめします。

PS4

Hulu
NETFLIX
U-NEXT
DMM.com
DAZN
prime video
youtube

PS3

Amazonプライムビデオ
NETFLIX

Wii U

NETFLIX

XBOX ONE

Amazonプライムビデオ
NETFLIX

 

テレビが準備できたら次はネット環境

動画配信サービスを快適に見るには「ネット回線」と「回線速度」が必要になります。

これはスマートテレビ単体でも外付けの機器を使っても同じです。

 

ネット回線の種類

ネット回線には「モバイル回線」「固定回線」があります。

モバイル回線は基地局から電波を飛ばしていて、スマホで使われているネットのことです。

固定回線は電話回線を引き込んで自宅で利用する方法です。

 

スマホしかネット環境がない場合はモバイル回線でもテレビに繋ぐことはできます。

その場合は「ギガ放題」など大容量のプランと「テレビに繋ぐ機器」が必要です

参考スマホをテレビに接続して画面を映す(出力する)3つの方法【ケーブル/ミラーリング/ミラキャスト】

 

スマホの大容量プランが必要なのは、動画は通信容量が大きく映画を1作品見るだけで「6G」とか必要な場合があるからです。

映像が綺麗であればあるほど使用する容量も大きくなります。またダウンロードする際にも同じ容量がかかってきます。

参考 スマホの容量と通信量についての違い。同じギガだからって一緒にしちゃダメ。

 

自宅に固定回線がある場合は、「Wi-Fiルータ」があれば容量を気にせずにスマホ・テレビにインターネットを繋ぐことができます。

もしくは工事不要のWi-Fiルータでもいけます。「SoftBank Air」などが有名です。

 

ネット回線の速度

動画配信サービスには「ストリーミング再生」と「ダウンロード再生」があります。

ストリーミング再生の場合はインターネットに常に接続した状態でないと動画を見ることができません。

 

ダウンロード再生はテレビでは必要ありませんが、スマホとテレビを繋ぐ場合にあらかじめ作品をスマホにダウンロードしておけば動画が止まることなく再生できます。

 

テレビで見る場合はストリーミング再生がメインになるので動画のデータを送るために通信速度が必要になってきます。

動画配信サービスで必要な通信速度は「5~25Mbps」です。

「Mbps」(メガビーピーエス)は1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位です。
数値が大きいほど 、通信速度が速くなります。

SoftBankサポートより

 

現在動画配信サービスの画質で一番きれいなのは「UHD(ウルトラエイチディー)」ですが、NetflixではUHDで25Mbps必要となっています。

それ以下の画質なら5~15Mbps程度あれば十分なようです。

 

参考有名な動画配信サービスの回線速度

Netflix 0.5~毎秒25メガビット
U-NEXT 1.5~15Mbps
youtube 0.7~20Mbps
Paravi 3.0Mbps
TSUTAYA TV 1.5~8Mbps
DAZN 5~9Mbps
TVer 3Mbps以上
Dアニメストア 2.7Mbps

自分のインターネット速度はこちらのサイトで知ることができます。

 

パソコンで動画配信サービスを見たい場合の環境

パソコンで見るときは下の表の環境であれば見ることが可能です。

(各動画配信サービスで若干環境は違いますが、気にしなくても見れるレベルなのでざっくりしています。)

 

パソコン バージョン ブラウザ
Windows Microsoft Windows 7以上 Firefox Safari Edge Chrome Internet Explorer
Mac Mac OS X 10以上

 

ブラウザは有名なところを選んでおけば問題ないです。(僕はChromeを使っています。)

問題になるのはパソコンのスペックの方です。あまりにも古いパソコンだと高画質の動画が見れるかどうか微妙です。

また逆にパソコンの「解像度以上の画質」で視聴することもできません。

 

パソコンでの解像度の調べ方ですが、

デスクトップ→右クリック→画面解像度から確認できます。

 

1440×900の解像度になるので、youtubeの画質でいえば最高画質が1080pだとしても実際は900pまでしか画質は上がらないということです。

 

まとめ

というわけで今回は動画配信サービスをテレビで快適に見るための環境についてお話しました。

 

テレビにインターネットを繋ぐには「スマートテレビ」か「外付けの機器」が必要です。

ネット回線は「光回線でWi-Fi」があればベストですが、「モバイル回線」でも容量の大きいプランなら視聴可能です。

 

動画配信サービスについて詳しくはこちらの記事で紹介しています。

自宅で映画をレンタルできる便利なサービス20選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA