【邦画】山本五十六を見るならこの動画配信サービスを選ぼう

山本五十六が視聴できる動画配信サービスはどこだろう?

 

【どの配信サービスを選べばいいの?】

レンタルでAmazonプライムビデオだけが配信しています。

Amazonプライムビデオ

月額(税込) 500円・4900円(年会費)
お試し期間 30日間無料
無料期間ポイント付与 なし
配信形式 見放題+レンタル

 

 もっと詳しく↓ AmazonプライムはAmazonで買い物するなら絶対に入るべきサービスです。

お申し込みはこちら Amazonプライムビデオ

 

比較した動画配信サービス

U-NEXT U-NEXT Hulu Hulu
Amazonプライムビデオ Amazonプライムビデオ Paravi,パラビ Paravi(パラビ)
FOD,えふおーでぃー FOD(フジテレビオンデマンド) テラサ,telasa TELASA(テラサ)
music.jp music.jp dTV dTV
tsutaya,ツタヤ TSUTAYA TV/DISCAS Netflix Netflix

動画配信サービスにはお試し期間があり、その間は有料会員とまったく同じ機能を使うことができます。
まだ使ったことのないサービスがあればお試しください。

 

※記事は2020年1月28日時点のものです。
現在も配信されているかは各サービスでご確認ください。

 

作品紹介

<ストーリー>

1939年夏。 「日独伊三国同盟」締結の声に日本は大きく揺れていた。
それを強硬に主張する陸軍、マスコミ、そして国民。しかし海軍大臣米内光政、次官山本五十六、軍務局長井上成美は、その「世論」に敢然と異を唱えた。

日本がドイツと手を組めばアメリカとの戦争は避けられず、十倍の国力を持つ国と戦えば、この国は滅びる……。
彼らの命を賭した反対で、三国同盟問題は立ち消えとなり、山本五十六は聯合艦隊司令長官として旗艦「長門」に着任するが、同時に欧州でドイツの快進撃が始まり、同盟締結の声は再び沸騰する。

1940年9月、ついに三国同盟は締結された。そして一年後―。
太平洋上の空母から飛び立った、日本海軍350機の大攻撃隊がアメリカ太平洋艦隊に襲いかかった。
それは戦争に勝つためではなく、一刻も早く終わらせるために、山本五十六が生み出した、苦渋に満ちた作戦だった……。

 

では、作品をお楽しみください。

Amazonプライムビデオ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA