【格安スマホ】個人的にmineoは一番いいサービスだと思う話。

僕はもともとソフトバンクユーザーでしたが、毎月の携帯代が高いので格安スマホに変える事にしました。
変えたのはもう1年以上前で正直いつだったか覚えていませんが、キャンペーン中はもちろんの事、キャンペーンが終わってからも非常に安い価格でスマホを使えています。

 

僕がいままでmineoを使ってきた中で便利だったこと、不便だったことなど、経験談を今回は語りたいと思います。
もし携帯代を安くしたい人は、格安スマホに乗り換えることをおすすめします。

 

格安スマホは薬のジェネリックのようなもので、性能は一緒だけど価格が安いようなものです。ただ名前が知られていないので「本当に大丈夫かな?」と警戒してしまいますが、慣れれば安心して使えます。

 

では、mineoについて紹介していきます。

 

なんでmineoを利用しようと思ったのか

僕がmineoに決めようと思ったのは、キャンペーンが終わっても月々の支払いが安いことです。

格安スマホにするときに他のサービスについても調べたのですが、ほとんどが1年目は安いけど2年目からは料金が高くなることでした。

 

僕の毎月の利用額はこんな感じです。

 

当時他のサービスはキャンペーンが終了すると、基本料金がグンッと上がる印象でした。
※当時はもっと差があったような気がしましたが、今調べてみると他社も安いですね。

僕が契約している1GBは今は廃止されているみたいなので3GBで比較してみます。

サービス名 月額基本料金(電話+データ)
mineo 1510円(au)・1600円(docomo)・1950円(softbank)
Y!mobile 2680円
UQ-mobile 1980円
BIGLOBEモバイル 1600円

 

「それだとキャリアと比べて料金的にあんまりお得感がないな」と欲張った僕が見つけてきたのがmineoです。
ただし条件があって「スマホ自体をほとんど利用しない人」じゃないとそこまで安くならないです。(とはいってもキャリアよりは安いですが。)

 

僕は電話もほとんどしませんし、家にはインターネット回線があるので、スマホはWi-Fiでつないでいます。
外でも特にスマホをいじるタイプではないので、月で1GB以内に収まります。

 

月1GBとかについてよくわからない人はこちらを参考に。

スマホの容量と通信量についての違い。同じギガだからって一緒にしちゃダメ。

 

あと、外でインターネットを使うとき、速度が速いか遅いか気になる人が多いと思いますが、僕の場合は遅さを感じることはありません。

ただ、インターネットの速度は地域による差が大きいので、客観的なデータが気になる人は
格安SIM23社の通信速度を比較! ランキング形式でMVNOの速い/遅いを一斉調査【2020年1月更新】でランキングが発表されているのでどうぞ。mineoは他の格安SIMと比べてもそこそこ速いようです。

 

※動画配信を利用している人ならさらにお得なサービスがあります。

これはmineoユーザー限定の特典ですが、mineoならU-NEXTを月額990円(税抜)、本来なら1990円(税抜)なので半額です。

半額には理由があって、U-NEXTの特典のうち、

●毎月もらえる1200ポイント

●雑誌見放題

がありません。

 

動画見放題サービスだけが使えるので価格が安いです。個人的にかゆい所に手が届くサービスだと思っています。

 

ここまではmineoを使ってみてよかったと思ったことを書いてきましたが、次は自分が使ってみてこういう人は向かないだろうな~ということも書いていきます。

 

mineoに向かない人はこんな人

インターネットの容量をたくさん使う人

Wi-Fi環境にない人はどうしてもパケットがかさんでしまうと思います。
mineoはパケット無制限がないのでそういった人はmineo向きじゃないと思います。

 

電話をいっぱいする人

格安SIMは1分あたりの電話代が高いです。
mineoでんわというアプリからかければ安くなったり、プランの中に10分かけ放題などがありますが、そこらへんは個人によるのでなんともいえません。

 

店舗がほとんどない

「安いには理由がある」というわけではありませんが、店舗がほとんどないことも安さの要因だと思います。
ただ、故障などのトラブルの対応が苦手な人でも周りに得意な人がいればたいして問題ではありません。

 

キャリアメールが使えない

今の時代LINEなどのSNSが主流の時代なのでほとんどメールを使うことはないと思います。
なので僕は不便さを感じたことはありませんが、今使っているキャリアメールは使えなくなります。

代わりにmineo用のアドレスが使えるようになるのですが、これはPCメールの扱いになるようです。
そこらへんの違いが気にならない僕のような人は大丈夫です。

 

キャリア決済ができなくなる

これは今まで利用していた人には不便かもしれません。
キャリア決済ができなくなることで、継続しているサービスの支払方法をクレジットカードなどに変更しないといけなくなるので。

 

次に格安SIMに乗り換えるのに一番手間のかかるキャリアの解約からmineoの開通までを紹介します。

 

格安SIMに乗り換える方法

キャリアから格安SIMに乗り換えるときに電話番号をそのまま使いたい場合は番号ポータビリティ(MNP)というのが必要になります。簡単にいえば電話番号の引っ越しです。

 

番号の引っ越しをするには、加入しているサービスに電話する必要があります。

 

電話をして「携帯の乗り換えをしたい」といえば必要な番号を出してくれます。
そのときに乗り換えを引き留められますが、気にせずに「乗り換えします」といえば番号を発券してくれます。

 

番号を出してもらったらすぐにmineoに申し込む必要があります。
MNPは15日の有効期限を過ぎるともう1度電話しないといけなくなるのでご注意を。

 

あとはSIMが届くのを待つだけです。
1週間もかからず郵送されてくるので、同封されている説明書の通りに進めるとmineoの開通が終わり、自動的に今使っているキャリアも使えなくなります。

 

月額に関してはソフトバンクのときは日割りはないので僕は月末に契約しました。
キャリア別に最初から調べておくと損をせずに契約できると思います。

 

まとめ

mineo(マイネオ)

というわけで今回はmineoについて紹介しました。
個人的な感想になりますが、控えめにいっても「格安だけある」とおすすめできる安さです。

 

本当は「すぐにでも格安SIMにしてほしい!」といいたい所ですが、まぁそれは人それぞれ事情があるのでお任せします。

 

mineoじゃなくてもどの格安SIMでもキャリアよりは安いので自分に合ったプランを選ぶのがベストだと思います。

 

mineoのページはこちら

mineoのサイトへ

 

mineo iphoneでメール設定できないときの解決方法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA