見たことのある作品について面白い・泣けた・笑えたなど感想があればコメント欄に書いていただけると嬉しいです。

あらすじ・感想・ネタバレ 洋画

リメンバーミーのあらすじと感想 あらゆる世代が感動できる名作です。

2018年8月3日


最近は洋画を観ることが少なくなっているのですが、この作品は予告編を観てなんとなく面白そうだなぁ~と思っていたのでレンタルされるのを楽しみにしていました。

 

鑑賞してみるとあまりの出来の良さに感激したのでぜひ観てもらいたいと思い感想を書きました。

 

リメンバーミーの良かったところは

テーマが明確でわかりやすいし王道のストーリーがよかった。

それを演じる主人公のミゲルがかなり魅力的なキャラに仕上がっていた。

 

僕としてはストーリーが面白いというのが評価のポイントなので軸がブレずに最後まで描かれていたリメンバーミーは非常に楽しい作品でした。

 

※作品はmusic.jpで鑑賞しました。最近はほぼすべての映画をmusic.jpで観ています。便利ですよ。

 

スポンサーリンク

 

リメンバーミーの簡単なあらすじ

音楽をこよなく愛するミゲルは堂々と歌を歌ってギターを弾くのが夢。

そんな簡単な夢に立ちはだかるのは音楽を毛嫌いする家族でした。

 

ミゲルのひいおじいちゃんは音楽のために家族を捨てて旅に出ました。

それから残されたひいおばあちゃんは残された娘と共に家族を作ります、音楽を捨てて。

 

ある日ミゲルは死者たちが暮らす国に迷い込みます。

死者の国で出会ったヘクターと協力して自分の世界に戻ろうとするミゲルでしたが彼は家族に関する隠された真実に遭遇するのでした。

 

リメンバーミーが面白いのは物語が王道だからです。

王道とは主人公が試練にあってそれを乗り越えて成長するという展開のことです。

 

それを演じているミゲルはとても真っすぐな性格で自分の道を歩むことになんの迷いもありません。

 

夢を堂々と語り、その道をまい進しようとする姿はとても好感がもてます。

 

さらに魅力的なのが素直に自分の間違いを認めて反省することです。

 

大人になればなるほど自分の過ちを素直には認めたがらないですよね。

 

最近のニュースでは臭い物に蓋をして言い訳ばかりしていますよね。

 

そういった方々とは対照的にミゲルはすぐに自分の過ちを認めて、本当に大切なものはなにかに気づきます。

 

それが家族だよっていうシンプルな展開ですが、ミゲルという主人公を通してみると素直に受け止めれます。

 

そして当然ですが家族に対する思いやりの気持ちも芽生えてきます。

 

日本ではあまり馴染みのない習慣ですが、ご先祖さまのことを代々語り継いでいることもメキシコという文化も家族の大切さを引き立ててくれていました。

 

やっぱりね、自分のことを想ってくれているのは自分以外では家族ですから。大切にしないと。

 

リメンバーミーは絵がとんでもなく綺麗だから余計に物語に引き込まれます。

リメンバーミーはストーリーだけではなくそれを支えるアニメーションが素晴らしかったです。

 

今までのディズニー映画も当然綺麗なのですがそれとは別格に綺麗。死者の国なのにここに住んでみたいなぁと思えましたよ。

 

素晴らしいの世界観だけではなくキャラクターにも反映されていました。特にココの肌(しわなんかは)アニメとは思えないほどリアルでCGを超えた出来栄えです。

 

 

リメンバーミーは歌も重要な意味を持っています。

ディズニーのお家芸ともいえる歌で世界観を表現する手法はリメンバーミーでも使われています。

 

物語の内容が音楽と切っても切れない関係にあるので当然ですが、今回は歌そのものに重要な意味を持たせています

 

そのシーンをみたとき思わず泣いてしまいました。こんな使い方されたら誰でも泣きます。

 

泣いた曲以外はメキシコっぽい陽気な(勝手なイメージ)明るく聞いていて気持ちのいい曲ばかり。

 

ヘクターと思いっきり声を出すウンポコロコ、最初は日本版を聞いたのですが英語版の方がよりメキシコっぽくて好きです。

 

まとめ

今回の記事は映画リメンバーミーのあらすじと感想でした。

 

家族をテーマにしたわかりやすい物語に歌・アニメーションが見事にマッチして最高の作品に仕上がっています。

 

ミゲルが応援してあげたくなる素直な子だったのもプラスになっています。

 

僕がミゲルに強く共感したのがママ・イメルダの家族を取るか、夢を取るかの問いに言い放った彼のセリフ。

 

「なんでそんなこというの。夢を一緒に支えるのが家族でしょ」

 

大人に説得されて夢を諦めせられるという現実をあっさりぶち壊して、自らの意思を貫く強さを持ったミゲル。

 

逆に大人がハッとさせられるようなセリフをいえるミゲルの夢への情熱は子供だけじゃなくて大人も持つべき感情だと思いました。

 

 

関連コンテンツ

こちらの記事も読まれています。



-あらすじ・感想・ネタバレ, 洋画

Copyright© BMI 迷わない動画配信サービスの選び方 , 2019 All Rights Reserved.