VOD U-NEXT

U-NEXTは漫画や書籍なんかも無料で読めるので便利!読み方や機能を紹介します。

U-NEXTは漫画や書籍も読むことが可能です

「動画専門」の配信サービスと違った方向性を打ち出しているU-NEXT。

U-NEXTは動画だけではなく雑誌も取り扱っていますが、その他にも電子書籍も取り扱っていてその数は意外なほど多いです。漫画と書籍(小説やエッセイなど)があり、無料で読める作品も多くあります。

そこで今回はU-NEXTの漫画や書籍を読むための方法を紹介していきたいと思います。
※僕はAndroid端末を持っていないのでPCとiOSでの説明となります。

 

PCの場合

まずはトップページから赤い矢印の場所をクリックします。

 

U-NEXTとは違うサイト「BooK Place」というページヘ飛ぶのでログインします。
※ログインはU-NEXTで使用しているログインIDとパスワードになります。

無料で読める漫画を調べる方法は、

ジャンルから好きなカテゴリーを選んでクリックします。ここでは少年・青年コミックをクリックします。

左の赤で囲んである「無料」を押すと無料で読める漫画の一覧が出てきます。

現在(2017年9月)の段階で無料作品が334件ありますね。無料といっても1冊まるまる読めてしまうので暇つぶしにもいいですし気になった漫画の続きはU-NEXTのポイントで購入することもできます。

 

スマフォの場合

safariからhttp://unext.bookplace.jp/のページヘ移動します。

右上のログインボタンからU-NEXTのログインIDとパスワードを入力します。

PCと同じようにカテゴリを選びます。

矢印を押すと無料の項目が出てくるのでそちらを押しましょう。

ここでは試しに「僕たちがやりました」を無料でダウンロードしてみます。

これで無事に漫画が読めるようになりました。

Book Placeのダウンロードは「BookPlace Reader起動」の時にダウンロードも可能ですし、あらかじめアプリをダウンロードしておきたい場合は、こちらからダウンロードできます。

 

もしもログインができない時は・・・

BooK Placeで検索するとページが2つ出てくると思うのですが、
http://bookplace.jp/pc/storetop/storetop
こちらからだとログインすることができません。

U-NEXT経由でログインする必要があるため、
http://unext.bookplace.jp/
こちらのページからログインするとU-NEXTのログインIDとパスワードでBook Placeにログインできます。

もともとBooK Placeは東芝が運営していたのをU-NEXTが受け継いだのでページが2つあるのかもしれませんね。(ややこしい・・・)

 

BooK Placeの読み方と機能

ダウンロードされた作品は「本棚」に追加されます。

本の読み方は一般的な電子書籍と同じで画面の左を押せば次のページヘ。右を押せば前のページへと移動します。真ん中を押せば今何ページを読んでいるかがわかりますし、好きなページヘ移動することも可能です。

その他の機能として、目次検索しおりがあります。

目次はすべての作品であるわけではないです。あれば使えるという機能ですね。

目次がない場合、便利なのが「しおり」機能です。好きなページがあった場合「しおり」を使えばそのページから読み始めることが可能です。「しおり」はいくつも追加できるので見たいページが複数ある場合に重宝します。漫画ではあまり使わない機能かもしれませんね。

 

まとめ

今回はU-NEXTで無料の漫画を読む方法を紹介しました。スマフォの場合、漫画はダウンロードして読むのでどこでも読むことが可能です。あらかじめダウンロードしていけば待ち時間などで時間が潰せるので便利だと思います。

無料だけではなくポイントを使って買う場合も、キャンペーンが行われていれば半額での購入も可能となっているのでたまにチェックして気に入った作品があれば余ったポイントで購入するというのもありだと思います。

U-NEXTについて気になった方はこちらの記事で紹介しているので一度見てください。

U-NEXTのメリット・デメリット

 

関連コンテンツ

よく読まれている記事



管理人の動画配信サービスおすすめランキング

music.jp

music.jpは動画配信だけじゃなく、音楽や漫画も提供しているサービスです。 現在キャンペーン中で「1780コース」に登録すると30日間の無料お試しコースを体験することができます。 30日間無料なのに「最新映画が5本鑑賞できる」のは動画配信サービスの中でもmusic.jpだけです。 いつ終わるかわからないキャンペーンですので無料体験をするなら今がベストなタイミングです。

Netflix

Netflixは世界で一番会員数が多い動画配信サービスで、その数はなんと1億人以上。ケタ外れの会員数です。

Netflixが会員数を伸ばし続けている理由は「オリジナルコンテンツ」の多さにあります。

どこでも観ることのできないコンテンツを多数抱えているからこそ「それを観たい」と思う人たちが集まってくる。それがNetflixの強みです。

その勢いは日本まで届き、ぞくぞくと日本のオリジナル作品も増えていっています。今観るにしても、今後観るにしても目の離せないサービスの1つだと感じています。

Hulu

Huluはもともとアメリカのサービスなので強みは「海外ドラマ」です。一度は名前を聞いたことのある海外ドラマはだいたいHuluで鑑賞できます。有名海外ドラマが好きな方はHulu一択でいいと思います。

また日本の事業を日テレが買収したことによって日本向けの作品が充実しています。

日テレで放送されているドラマはもちろんバラエティ・アニメなどたくさんのジャンル・種類の番組を観ることが可能です。

月額933円(税抜)で見放題とは思えない内容になってきているので一度Huluのサイトで作品を確認してみてください。

おすすめの記事

1

music.jpはエム・ティー・アイという会社が運営しているサービスです。   動画だけではなく専門チャンネル・音楽・漫画・書籍を1つのサービスで利用できる複合型のサービスです。 &nbsp ...

2

NetflixはHuluと同じくアメリカに拠点を置く会社ですが、Huluと比べ規模がケタ違いです。会員数は全世界で1億人を突破し、190以上の国と地域で運営されています。 それだけの市場規模を支えてい ...

3

動画配信サービスの中でなぜか「悪評」の高いU-NEXT。「入る価値がない」と数多く言われているサービスですが「それは言い過ぎ」と継続していた僕は思うので、今回は「U-NEXT」のメリット・デメリットに ...

4

動画配信サービスを利用する上で最初に言っておきたいことは「すべての作品を観たいならレンタル屋さんが最強」だということです。 洋画・邦画・ドラマの新しい作品、古い作品をすべて網羅している動画配信サービス ...

5

動画配信サービスは映画やドラマ・アニメなど僕たちが普段観ているエンターテイメントをインターネットを通して観る新しい動画の鑑賞ツールです。 無料でいえば「youtube」「Ameba TV」「ニコニコ動 ...

6

アメリカでは絶大な人気を誇り作品のすべてがヒットを飛ばしている「マーベルシリーズ」 魅力的なヒーローたちが同じ世界観で登場する作品で、現在22作品が2019年までに公開される予定になっています。 それ ...

7

TYPE-MOONの人気作品「Fate」シリーズ。 人気があるだけに現在もシリーズ化され、どの順番で観ていけばいいのかわかりづらくなってきています。 ほとんどの作品を観ている僕が個人的ではありますが、 ...

8

邦画史上最高におもしろくない作品を集めてみました。 内容がおもしろくなさすぎて逆に笑えてくる感想もご覧下さい。   デビルマン(2004) 世間の感想 ビートたけしが自身の「みんな~やってる ...

9

現在26作品が公開されている「クレヨンしんちゃん」の映画ですが数が多いだけにどれを見ていいか迷う方もいらっしゃると思います。 今回は【おすすめ別】に分けて作品を紹介することにしました。【おすすめ別】と ...

10

「君の名は。」で宮崎駿監督だけが達成していたアニメで100億円以上の 興行収入を記録した新海誠監督。   今回は新海監督の作品を映画だけではなく、短編アニメーションなども加えて紹介し、 作品 ...

11

洋画といえば字幕で楽しむのが個人的には好きなので 吹き替えを見る事は普段ないのですが、最近読んだ記事で「吹き替えが酷過ぎる映画」 というものが存在するようなので自分なりに調べてみました。   ...

12

huluでは配信作品が随時更新されています。 作品が増えすぎてどれを見ていいかわからない! っていう人のためにおすすめ作品を紹介していきます。   ※現在2017年4月時点での情報であり、 ...

-VOD, U-NEXT

Copyright© 動画配信サービスで映画を観よう , 2018 All Rights Reserved.